東京交響楽団 第652回定期演奏会

7/15 ミューザ川崎シンフォニーホール


 細川俊夫 : 「嘆き」     メゾ・ソプラノとオーケストラのための

 マーラー : 交響曲 第2番 ハ短調 「復活」

        指揮 ジョナサン・ノット


「嘆き」は東日本大震災の津波での犠牲者、特に子供を失った母親たちに捧げられる哀悼歌。
(ゲオルク・トラークルの詩による)
2013年に作曲された曲で独唱はソプラノでしたが今回はメゾ・ソプラノの藤村実穂子さんのために
新たに書き下ろされたものだということです。
藤村さんの歌唱が素晴らしくてホール全体が彼女の存在であふれていたような感じでした。
客席に作曲者がいらしていて、藤村さんが何度もアイコンタクトをとってお辞儀をされていました。
歌っていない時でも佇まいが美しくて魅了されてしまいました。


マーラーの2番、 ソプラノ 天羽明恵、メゾソプラノ 藤村実穂子、東響コーラス。
85分という長い曲でありながら長く感じない素晴らしい演奏でした。
フォルテもピアノも 美しくてオケを満喫。
オケがガンガン鳴っているのにソプラノ、メゾソプラノのソロが抜けるように聞こえてきて
人間の声ってすごいな~と思いました。
バンダ(舞台裏での演奏)のホルン、トランペット、打楽器もよかったです。
表の演奏と合わせるのは大変だと思います。
そしてオーボエのソロが心に沁みました。
スポンサーサイト

5月、6月に読んだ本

暑いですね~。
今年もあれよという間に半年が過ぎて、折り返しました。
5月は旅行気分で浮かれ、6月はその余韻でふわふわ気分を引きずっていましたが
7月になって普通に戻りました(笑)
そんな浮かれ気分で読んだ本です。ヽ(´∀`)ノ


「芸術とは何か」   千住 博

芸術と絵画、日本画と西洋画、古典と現代芸術、創作と作品、芸術と画家、
芸術と教育、価値と価格、美術館と展覧会、東京とニューヨーク、日本と日本人、
芸術の力、 以上11章で147の質問に明確に答えられています。
曖昧な答えでないところが気持ちいいです。

「なぜ日本人は印象派が好きなのですか?」という問いのところでは
浮世絵に触れています。
パリ万博などの機会を通して日本からの浮世絵がパリの人々の目に入ったこと。
それも磁気の包み紙として利用されていたところからだというのには驚きました。
当時浮世絵は安価で大量に印刷されたチラシやパンフレットのような存在だったとか。
こんな一般庶民の生活などを描いていいんだ!と驚いた画家たちが影響をうけて
描いたものが印象派の作品。
印象派が逆輸入され、改めて洋の東西を結び、完結したと言っていいと答えられています。





「美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯」   中野京子

38歳の生涯、自分が歳を重ねて既に20年近くも年長になっていると
その短い年月に様々なことがあったことに感嘆します。
本来なら違った人生を歩むはずだったのが王妃になって激流の中へ。
民衆の不満がアントワネットに向けられて、そういった力の恐ろしさ、
残虐さを思いました。





「100均フリーダム」     内海慶一

100均の置物、飾り物系が主で、変なものに焦点を当てて写真入りでコメントがついています。
100均パートの私なので見たことがあるものもあって、「これ、誰が買うんだろう?」と思っていたものが
載っていて可笑しかったです。
変なものコレクターって、いらっしゃるんですね。
著者が言っていますが、ほんとにどうしてこれが商品化されてしまったのか謎、そんなものが多々。
でもそれも古き時代の100均で、今はもうこの本にあるものは姿を消しています。
本当に質がよくなった100均 (さりげなくアピール・(笑))




「タマネギのひみつ」    黒柳徹子・糸井重里

黒柳さんと糸井さんの対談です。
私はお二人とも好きなので、楽しく読みました。

あらいぐまラスカルはあらいぐまではなくてレッサーパンダです、と黒柳さんが断言されていました。
たしかに、言われてみればあの色はあらいぐまじゃない、レッサーパンダだ。
ということで、あらいぐまラスカルの原作を読んでみようと思います。



「わたしをみつけて」     中脇初枝

主人公の弥生は生まれてすぐに捨てられた子だったので両親はもちろん、誕生日も名前もわからない。
施設でそだって 医療の現場で働くようになる。
明るく楽しいお話ではないですが、読後感はよかったです。

今月観た映画2本

観たい! と強く思って観た映画ではなかった2本の邦画。
両方とも、とてもよかった。
期待外れ、って割とあるものですけど その逆って。 二回続いて不思議。

一つ目は、「ちょっと今から仕事やめてくる」
(福士蒼汰、工藤阿須加 )
原作も読んでいないし、内容を一切知らずで鑑賞。
若者がすぐに仕事辞めちゃうのかな、 なんて思っていたら違った。
めちゃくちゃブラック企業で、今すぐ辞めなさい!!って開始早々叫びたくなるほど。
なのに、真面目に頑張っちゃう。
で、どこまでも辛い話なのかといえば違う。
福士くん演じるヤマモトが明るくて、人懐っこくて、素敵。
後半、ファンタジーでした、で終わらせるのか? と思わせ、ちゃんと完結させていて
見終えて清々しく、気持ちのいい作品でした。


次に 「花戦さ」 (はないくさ)
こちらは魅力的なベテラン俳優陣。
野村萬斎 (池坊専好)、 佐藤浩市(千利休)、市川猿之助(豊臣秀吉)
中井貴一(織田信長)、 佐々木蔵之介(前田利家)
狂言と歌舞伎役者の共演、渋い佐藤浩市、貫禄ついたなぁの中井貴一。
ここに高橋克実が加わって賑やかな感じに。
楽しいストーリーではないけれど、こういう映画もいいなと思いました。

東京交響楽団 第651回定期演奏会

6/24 ミューザ川崎シンフォニーホール

  ウェーバー : 歌劇「オベロン」序曲

  ハイドン(偽作) : ホルン協奏曲 第2番

  モーツァルト : ホルン協奏曲 第2番       Horn フェリックス・クリーザー

     アンコール
        ロッシーニ : 狩のランデヴー


 ブラームス : 交響曲 第1番

                        指揮 秋山 和慶


昨日の演奏会はホルンの音に包み込まれました。
オベロン序曲の始まりがホルンソロ、そして協奏曲。
ソリストのフェリックス・クリーザーさんは両腕のないホルン奏者です。
生まれた時からのハンディですが、椅子に座って固定されたホルンを吹きます。
バルブはなんと左足の指で、手の指と同じ動きができるのです。
トリルも出来るその技にびっくりしました。
本当に精神力が強い人なのだと思いました。
ハイドンは偽作ということらしく、やはりあまりいい曲とは思いませんでした。
モーツァルトはよかったです。
そしてアンコールもホルンの魅力が感じられて素敵でした。

本が発売されたばかりでサイン会があるというので、サインをお願いしました。


サインももちろん足で。


ブラームスはヴァイオリンソロが美しかった。
コンマス、ニキティンさんでした。

ハワイ島5泊の旅

毎年恒例の女子旅。
5/28~6/3 で、昨年と同じハワイ島へ行きました。
高齢のワンコちゃんのお世話で1名が行けなかったのですが、6人参加の賑やかな旅になりました。
7人揃うことはなかなか難しいです。
この年になると親のこと、そして自分自身もいろいろあるお年頃です。
でも、だからこそ少々心配があっても、行けるのであれば行っちゃえ です。

昨年は溶岩ウォークをするつもりが、バスで回って上から見る(昼間でほとんど見えず)ツアーだったので
今年はなんとしてもオーシャンエントリーを見たくて、現地オプショナルツアー会社と直接打ち合わせをして
昨年のリベンジを果たしました。
車を降りてからマウンテンバイクで1時間、砂利道を走って現地へ着きます。
私はもう20年くらい自転車に乗っていなくて、乗れるのだろうか?しかもママチャリじゃなくて
マウンテンバイク、さらに延々の砂利道。
不安がいっぱいでしたがレンタル自転車屋さんから説明を受け、フラフラしながら5分ほど練習。
ギアチェンジもなんとか出来るようになってスタート。(アップダウンもかなり有り)
最初は怖くてコケないように下ばかり見ていたのですが、顔を上げてみたら素晴らしい景色。
大自然を体で感じて、その瞬間から怖さが無くなって楽しくなりました。
自転車の勘もすっかり戻って、もうフラフラなんてしません。
自転車は、一度覚えたら生涯オッケーなんだなぁと思いました。
(なんでもそうだと良いのに、大概のものは忘れます)
日が暮れて真っ赤な溶岩が流れ落ちるのを見て、来てよかったとしみじみ。
帰りは真っ暗で、頭に付けたライトの明かりで戻りました。
帰路は星空も観て、南十字星や大きなさそり座に感動しました。
本当に心に残る一日でした。

また、ガイド付きの貸し切りチャーターでハワイ島をぐるっと一周もしました。
オーラの洞窟、パーカー牧場、ワイピオ渓谷、アカカの滝、トロピカル植物園、
レインボー滝、ヒロの街。
12時間半で600km走行。
女性ドライバーさん、タフでかっこよかったです。
彼女が飲んでいるというサプリ、バイオアスティンとスピルリナをドラッグストアで購入。
サプリには無知でしたが、後で調べたらハワイではとても安かったです。

ライチが旬を迎えていてとても美味しかったです。

シュノーケリングをしたり、散歩したり、美味しいものを食べたり、あまり美味しくないものも食べたり(笑)
何をするでなくても箸が転んでも笑っちゃう6人。
来年は古希1名、還暦2名という節目の旅になるので、みんな元気でいようね、
そして 来年こそは7人揃って出かけられたらな、と思います。

マハロ(^-^)/
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク