東京交響楽団 第635回定期演奏会

   リゲティ : ポエム・サンフォニック
              ~100台のメトロノームのための

   バッハ / ストコフスキー編 : 甘き死よ来たれ BWV478 
 
    R.シュトラウス : ブルレスケ
                 ~ピアノと管弦楽のための
        
             アンコール    ショパン : ワルツ第3番 op.34-2


   ショスタコーヴィッチ : 交響曲 第15番


            ジョナサン・ノット  指揮
            エマニュエル・アックス  ピアノ


昨日サントリーホールで聴いてきました。

ホール前の広場では骨董品や手作りのものを売るバザールが開かれていました。
骨董品といっても薄汚れた食器多数、古い小さなぬいぐるみに9800円の値札がついていたり、
どれもびっくりしちゃう品々。
ひとつひとつにそれぞれ思い入れがありそうで、それは却って怖いです。
売る側にも売る気なんて皆無で、なんとも不思議な場となっていました。

そしてその不思議感は演奏会にも続いたのです。

最初のリゲティ:ポエム・サンフォニック 
これは開演前から始まっていて、舞台前方に100台のメトロノームが並んでいて、
それぞれ異なるテンポでカチカチ鳴っていました。
すべてが鳴り止めばお終い。
っていうことですが、これを音楽というのでしょうか?
カチカチしてる後半にオケの方たち、指揮者が席についてスタンバイ、
最後の1台が鳴り止んだら厳かにバッハが奏でられました。

バッハが本当に美しく、救済された気持ちになりましたよー。
最後の1台が意外と頑張ってしまってつらい時間でしたから(笑)
メトロノームの音、ホールではカチカチとは聞こえなかった。
大きな雨粒が落ちるような感じ。

ショスタコ15番は1楽章がウィリアム・テルの引用があったりでコミカルで楽しかった。
2楽章のチェロのソロが素晴らしく、その他の楽器もソロが多くて聴きごたえがありました。



100台のメトロノームはヤマハの協力によって集められたもので、川崎市内の中学校に寄贈される予定だそうです。
なんか リゲティさんに振り回されてる感じですネ。
スポンサーサイト

安野光雅さん

12日の読売新聞夕刊コラムで安野光雅(あんの・みつまさ)さんを知りました。

1926年生まれの85歳、画家、絵本作家でいらっしゃいます。


コラム要約
 
 6年前、肺がんを告げられたが「来るべきものが来たな」と、それほど悲しくもないし、
 驚きもしなかった。
 だって、年をとったら、あちこちが悪くなるのは当たり前のことですから。
 太陽は昇ったら、沈む。  花は咲いたら、枯れる。
 人も同じ。 それが自然。
  ・・・・・・・
 がんよりもずっと慌てたのは30歳代前半のこと、歯を磨いていたら口の中から血が出たこと。
 結核かもと思ったが、歯茎から血が出ただけだった。
 どうしてビックリしたか、長男がまだ幼かったからでしょうね。
 守らなければならない子供がある時、人間はただ歯茎の血にも敏感になる。
    ・・・・・
 私は死を怖いとは思わない。
 必ずその時が来ることはわかっています。
 だから生きている時間を大切にしたい。
 これからも自分の好きな、絵を描くことで一生を送るでしょう
    ・・・・・
 常に全力投球の日々を心がけます。
 まだ、がんに負けていられません。



素敵な人だと思った。

たくさんの本を書かれているので これから少しずつ読んで(見て)いきたいと思います。

私も好きなこと(細々と仕事をして、好きなヴァイオリンを弾いて合奏の輪に入れてもらったり、本を読んだり、こうして好きなことを書いたり・・・・・etc・・・)が出来る今を有り難く思って、楽しく過ごしていきたいと50歳を越えて心から思います。
若いときにはわからない心境。私も自分がこの歳になって分かる今日この頃です。

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

スギ花粉から始まったアレルギー、いつのまにか1年中何かに反応してしまって
薬も1年中飲むようになって数年経った。
薬なしでは生活できないようになってしまいました (悲)


ついに思いきって、レーザー治療を受けたのが先月、11月2日。

治療後は7時間くらい鼻血が出続けて、その後も数日は花粉症のひどい時のような症状でとっても苦しかった。
これは失敗だったのでは・・・ と思いながら時は経ち、
二週間が経ったら、よくなりました。
その時はまだ薬は飲んでいたので、やめたら症状が出るかも・・・と恐る恐る薬を止める。
と、  症状は出ません。

個人差があり8割の人には有効ということですが、私は8割の人間でした。 よかった。
薬のいらない生活、そんな普通なことがとても嬉しく感じられます。


初回はひと月ほど空けてもう一度行い(1月に二度めをします)、2年目からは1回でいいそうです。
毎月耳鼻科にかかっていたのが行かなくてもよくなり、時間もお金も、そして体も楽になりそうです。


6年前に視力をレーザーで直したので(今、1.2です)私はレーザー人間。(笑)

旧古河庭園 秋のバラ・フェスティバル

バラを見に行きました。

色も形も香りも、それぞれ違います。

ネーミングもまた素敵。
自分の名前がつけられたバラがある人って、みんな魅力的な人です。

紫色のシャルル・ド・ゴールが見たくて楽しみにしていたけれど、残念ながら咲いていませんでした。
でもきっと、いつか見てみようと思います。

画像 035




画像 036


           画像 033

美しいです。



こちらは洋館、こんなところに住んでみたい。
画像 037


紅葉はまだこれからのようです。
今週は暖かいみたいなのでもうちょっと先になりそう。
画像 041
池には鯉の他になぜかカメがたくさんいました。
最初に見た時は「カメだっ!!!」と大喜びでしたが普通にたくさん泳いでいたり岩に乗っていたりで少しも珍しくなかった。



           

旅の反省会

先日の旅行の「反省会」と称してのランチ会をしました。

写真の交換をし、その写真を見ながら楽しかったことを思い出して笑い、
来年はどこへ行こうか? と早、次の行き先に思いを馳せました。

反省会・・・何を反省したかというと
写真を見て
 「遠近法を考えて後ろに立つようにしてたのに、なんでデカく撮れてるんだ!!?」

 「こうやれば二の腕が目立たないって(と言いながらポーズを作る)いうからそうしたのに
  こっち側に肉が・・・・ やだ~~~!!」

 「なんでこんな妊婦みたいに写ってるんだ!!?
  これは斜め掛けバッグのせいだ。
  このバランスがいけない」

 「やだっ! 私なんて足開いてる!! これは気をつけないとマズイ」

といった具合に皆、大いに反省をしたのでした。
やはりきれいに写りたいよね。

たくさん反省したので次回は美しく写ることになる   のかな~~。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク