僕のワンダフル・ライフ

犬好きだったら観たい!と思う映画「僕のワンダフル・ライフ」を観ました。

ゴールデンレトリバーのベイリーは命を助けてくれたイーサン(当時は少年)と楽しく暮らすも
寿命がきて天国へ。
それでもイーサンに会いたくてシェパード、コーギーと生まれ変わるけれどイーサンには会えず。
更に生まれ変わり(大型のミックス犬だと思う)、虐待を受ける不運な身になってしまうが
うまく逃げだしてイーサン(60歳くらいになっている)に会え、イーサンもベイリーの生まれ変わりだと
確信してハッピーエンド。

犬たちの演技がお見事でした。
そして、ほんとに可愛くて。
私は天国にいったゴンタをず~~っと想って観ていました。

私の考えはこの映画とは違っていて、生まれ変わらなくていいです。
だって、ゴンタは永遠にたったひとりの大切な存在だから。
映画のように何度も生まれ変わって辛い思いをしたりはかわいそう。
私がそっちに行ったら駆け寄って喜んで迎えてくれたら最高のワンダフル・ライフだと思います。
それにしても犬は可愛い 
スポンサーサイト

今月観た映画2本

観たい! と強く思って観た映画ではなかった2本の邦画。
両方とも、とてもよかった。
期待外れ、って割とあるものですけど その逆って。 二回続いて不思議。

一つ目は、「ちょっと今から仕事やめてくる」
(福士蒼汰、工藤阿須加 )
原作も読んでいないし、内容を一切知らずで鑑賞。
若者がすぐに仕事辞めちゃうのかな、 なんて思っていたら違った。
めちゃくちゃブラック企業で、今すぐ辞めなさい!!って開始早々叫びたくなるほど。
なのに、真面目に頑張っちゃう。
で、どこまでも辛い話なのかといえば違う。
福士くん演じるヤマモトが明るくて、人懐っこくて、素敵。
後半、ファンタジーでした、で終わらせるのか? と思わせ、ちゃんと完結させていて
見終えて清々しく、気持ちのいい作品でした。


次に 「花戦さ」 (はないくさ)
こちらは魅力的なベテラン俳優陣。
野村萬斎 (池坊専好)、 佐藤浩市(千利休)、市川猿之助(豊臣秀吉)
中井貴一(織田信長)、 佐々木蔵之介(前田利家)
狂言と歌舞伎役者の共演、渋い佐藤浩市、貫禄ついたなぁの中井貴一。
ここに高橋克実が加わって賑やかな感じに。
楽しいストーリーではないけれど、こういう映画もいいなと思いました。

美女と野獣

ディズニー映画「美女と野獣」の実写版を観ました。

アニメの「美女と野獣」は子供のお昼寝用ビデオだったので20回とか30回、そんなレベルで
観たのでほぼ覚えています。
ディズニーアニメの中で一番好きな作品です。

主人公のベルにエマ・ワトソン、聡明で美しい役柄にピッタリの配役でした。
ストーリーはアニメに新しいエピソードが加えられていて、ベルにはどうしてお母さんが
いないのだろう?という疑問が解決しました。

悪者役のガストン、アニメより実写になると嫌な男っぷり全開で、本当に心の醜い
どうしようもない人で、最後転落した時は「よかった」と嬉しくなっちゃった(笑)

ストーリーが解っているのにワクワク、ドキドキ、感動してしまう。
映像が美しいですし、歌も音楽も素晴らしいです。
ミュージカル、楽しいです♪

スター・トレック BEYOND

映画、観ました。

ストーリーは まあ有りがちで、何があっても主人公たちは死なないとわかっているので
安心して観られます。
映像の美しさ、迫力が凄くて楽しかったです。
いつの日か、宇宙であんなふうになる日がくるのかなぁ。
でも 戦って殺し合ってはいけない。
私が生きている間には宇宙は無理と思うし、それでいいです。
広すぎて暗くて深くて怖い。

シン・ゴジラ

「シン・ゴジラ」 観ました。

エンドロールを見て、すごい数の役者さんが出ていることを知りましたが
どこに出ていたのか分からなかった方多数でした。

最初、現れたの、ゴジラじゃないと思った。
可愛いとも言えないし、可愛くないわけでもないけど それがあんなになるんだ!!
でびっくりしました。

ゴジラは人間を攻撃しに来たわけではないような気がします。
ただ現れちゃった、
で、歩くだけで建物を破壊しちゃうんだけど、歩いただけで・・・・ (笑)

対策に右往左往する官僚たちの姿が滑稽でしたが
東日本大震災を意識して見てしまうので これは批判でもあるような感じ。

ゴジラのしっぽが長くて立派。
アップで見るとグロテスクでした。

観てよかったと思える内容でした。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク