ゆっくりセッション

一昨日(12/15) は ゆっくりセッションに参加してきました。

昨年の7月以来、ほぼ1年半ぶりのセッションでした。
(ブログで確認したらそうだったのですが、そんなに経っていたことに驚きました)

菊田さん製作のヴァイオリンをフィドラーの皆様にも是非弾いて欲しくて、
そして、 私ももう一度アイリッシュの世界を楽しんでみようかと思っての参加でした。

とても不安な気持ちで新橋の「IRISH TIMES」へ向かいましたが、背中にしょっているヴィオリン(メロちゃん)が 「だいじょぶ、だいじょぶ」と正に私の背中を押してくれている感じで店内へ。

カウンターに、Kevinさんとモハーさんがいらっしゃって、お会いした瞬間からさっきまでの不安は吹き飛んでしまいました。
全然変わっていないお二人でした。


皆さんに楽器を弾いてもらい、素敵な音を聴かせてもらえてとても嬉しい時間でした。

普段は個人レッスンなので、誰かと一緒に弾くということが刺激的でした。
凄腕フィドラーさんたちなので、ボーイングはきれいだし、指の動きもなめらかで速くて、そして久しぶりのアイリッシュの響きが心地良かったです。
ホイッスルの軽快な音。
少~~し弾ける曲もあって、半分は雑音でしたが誰も文句を言う人はいないのでちょこっと参加。

弾くより喋る時間の方がずっと多かったですが、まあ、そういうキャラってことで・・・ (爆)


今回はメロちゃん持参で、やはりとても緊張しまして、せっかくのご馳走もあまり食べられなかったのですが(左手でバヨと弓を持ったままで右手で食べる訳なので食べるのにも技術がいるのです)
次はちょっとお気楽なバヨ(奏ちゃん、cherry)でと思っています。


Kevinさん、みなさま、ありがとうございました。



お土産、おいしかったです。
Kevinさんより 梅干しと梅しぐれ、バヨストラップ
アイリッシュタイムズさんの2号店記念の栞       ありがとうございます。
nori撮影 098





次回へ向けての自分への課題

マズルカセット (Donegal Mazurka, Varse of Vienna, Charlie Lennon's)
Fanny Power
Behind the Haystack
Nine Points





スポンサーサイト

ゆっくりセッション

楽器を持っての移動に雨はイヤです。

が、梅雨では仕方ありません。

家を出る時、お向かいの奥様と遭遇。
「いつもうるさくて、スミマセン・・・」とご挨拶。

「いえいえ、いつも幸せをいただいているわよ~」
というなんとも慈悲深いお言葉をいただく。
そのお宅は今、お嬢さんが里帰りをしていて生まれたばかりの赤ちゃんがいます。
私のバヨのせいで、音感が狂ってしまったらどないしよ~~とマジに思う今日この頃でした。

いつの日か、本当に人を幸せにできるようなヴァイオリンが弾けたらいいなと思いながら、いざ、新橋へ出発。



セッションは、、、フィドル多い。
知らない曲多い。
家で練習して「よしっ!」と思ったものも、ついていけない。

という具合いで、行き詰っている感じ。
その場にいるのが辛い。
目の前には食べ物がたくさんあるので、食べて時を過ごす。

でも私は食べに来たんじゃない、弾きに来たのに。
みんなと一緒に弾きたくて、仕事を切り上げて来てるのに、なんだか情けないなぁ。

気持ちも梅雨モードではいけないのだけれど、ボチボチ立て直していきたいものです。


Kevinさん、譜面をありがとうございました。

そして、ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。

ゆっくりセッション

昨夜は、大人数でした。


弾くと宣言していた「Mountain Road」 ゆっくりなら、なんとか。
でもテンポアップしていくので、途中で落ちては入り、入っては落ち・・・。
不撓不屈の精神で頑張った。

前の席にT田君がいたので、きっとホイッスルであわせてくれると確信して「Fanny Power」を弾き始める。
と、やはり、ちゃ~んとあわせてくれて弾くことができました。
次回はもっと自信をもって弾けるように、練習しておこう。


「John Ryan's Polka」、テンポについていけたのが、とっても嬉しかった。


人数が多くて、少し離れたところにいる人とは「一緒に演奏してる感」がなくて、それは寂しいことだった。
遠くにモハーさんや熊五郎さんの姿を確認するも、「あら~、遠くだわ~」でしたねぇ。

セッション後のコーヒー・タイムで、やっといつものセッション気分になった気がしました。



ゆっくりセッション 特別版 (ゴ~ジャス・ナイトだ♪)

昨日、新橋アイリッシュタイムスにて、臨時スペシャル・セッションが行われました。

イタリア・クレモナから菊田さんをお迎えして、楽しいセッションでした。

Kevinさん、モハーさん、い~ぐる、熊五郎さん、T田さん、猫姫さん、
みなさん本当に素晴らしい方で、演奏も上手。
私だけが場違いの下手さ炸裂!なのですが、まぁ、一人くらい、そんなキャラがいてもいいよね。。。と、勘弁してくださいませ。



菊田さんが2005年製のヴァイオリンを持ってこられ、熊五郎さん、モハーさんから奏でられるその音色に、呆然と聞き入ってしまいました。
明るく響く音色だと感じました。

楽器と対話するように楽しそうに弾く幸せそうなお二人の姿を見て、私もとっても楽しく聞かせていただきました。

「楽しく弾く」っていいですね。
私にはまだ余裕が無くて、家で弾くときはリラックスして弾けても、人前だと異常に緊張してしまって、怖い顔で弾いてると思う。

セッションに参加して、みなさんが弾く姿を見て学ぶことが多いです。


菊田さんは1年前にお会いした時と少しも変わらず、謙虚で温かいお人柄です。
短い滞在期間の中、夜遅くまでお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。


この企画をしてくださった、い~ぐる、Kevinさん、ありがとうございました。


ゆっくりセッション

ゆっくりセッションから三日が経った・・・

PCに向かうのが億劫で、遅くなってしまいましたが、
今月も参加させていただきました。

持ち物、ティン・ホイッスル。
カバンにポイッと放りこんで出掛けられて、それが一番の魅力だピィ~♪


仕事の後、犬の散歩やらでアイリッシュ・タイムズに20時頃到着。
すでにたくさんの人が。
今回ははじめての方が三名おられました。

で、その方達とは一言も話さずにお別れしましたので、一体どこの誰かも何も分からずですが、
通常では有り得ないそういったことがあるのも面白いセッションです。

セッションに来ているのに「お腹すいた~」と叫ぶ私に、はるさんがお料理を取り分けてくれて、まずは腹ごしらえ。
はるさん、ありがとう。


今回はかなり反省しました。
クラシックの練習は毎日していたものの、アイリッシュはほとんどしていなくて、これでは出来るわけないと実感。
あれこれやろうとしないで、確実に出来る曲をひとつずつ増やしていこうと思う。


セッション後のコーヒー・タイムでT田さんが、

「楽器が楽しいのは、やればやっただけ成果があること。」

「何度も繰り返し聴いて覚える」

と言われたこと、ほんとうにそうだなと思った。
何の努力もしないで「できなかった」って、そんな自分が情けなく思った。

若いT田さんに教えられること多々あって、そういうこともこのセッションに参加しているからで、大切な場です。


Kevinさんが、コンサーティナーというアコーディオンみたいな楽器を持ってきてくださいましたが、今の私には新しい楽器はもういっぱいいっぱいで挑戦できないのでお持ち帰りは遠慮させていただきました。
Kevinさん、妙な変わった楽器をたくさんお持ちです。
まだ他にもお持ちなのでしょうか?





   不思議なお金

コーヒーを飲んで、お金を払わずに店を出て、気がついたら二千円を手にしていた。
こんな不思議なこともある新橋セッション後であります。
来月までお預かりさせていただきます。
利子は付きませんヨ。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク