ヴァイオリンレッスン*3回目

レッスンは月3回なので、今回は二週空いてのレッスン。


弓の持ち方がまだ決まらず、悩みながらの二週間でした。

今日教わって、すこ~~~し分かってきたような気がしないでもないような・・・・ 本当に難しいです。

でもこれは誰もが苦労するようなので、ひたすら練習して慣れるってことなのかな。

先生が手を添えてくれると(力が抜けるからか)いい音が出るのになぁ。

そして、弓の真ん中あたりで弾く。

って、弾いてるうちに弓の真ん中はどこよ? と、分からなくなってくる。 

ということで、私の弓の中央部には「くまさんシール」が貼られた♪

ヴァイオリンの方も押さえる位置に4箇所、線シールが貼られてます。

なんとも可愛らしいヴァイオリンになってマス。


左手の持ち方も注意を受ける。

親指が上に出ないように。
そして、手とヴァイオリンの間には空間ができるように。
 (ベッタリ持たない)

今日から4の指(小指)を使うようにもなったので、持ち方は最初から正しくしていないと、これからどんどん大変になるとのこと。

弾き終わった後、指についた弦の跡を確認してみること。
爪に近い方に跡があればいい。
そして、跡が一箇所であればいい。
2本、3本と跡がついていれば、弾く度に違う場所で押さえてるということなのでいけませ~ん。

この点は割りとクリアしてるみたいです。


曲はまだ「キラキラ星」ですが、曲以前に、弓を上手く使って良い音が出るように、根性で練習だ~~~~。
スポンサーサイト

楽器体験

読売日響のコンサートの前に、ロビーで楽器体験のコーナーがありました。

子供対象かなぁと思いつつ、早い時間に行けばできるかも、と開始早々に行ってみました。

これが~~、感動ものの体験だったのじゃ~。


コントラバス、チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリン

ファゴット、オーボエ

トロンボーン、ホルン、トランペット

こんなに体験してきました。


*コンバス、チェロ、 

  低音楽器は大好きで憧れの楽器。
  持ち方を教わり、一応音は出ました。
  低い音の振動が体に伝わって感動でした。

*ヴィオラ

  インストラクターのお姉さんが美人だった。
  どうしてヴァイオリンでなくヴィオラをやってるのか尋ねると
  ヴァイオリンをやっていた頃からセカンドパートが好きで、
  低音が好きだったから。 ですって。
  こういう人がいてこそ、オケが成り立つんだね。
  
*ファゴット、オーボエ

  二枚リードの楽器は一度吹いてみたかった。
  ファゴットは特に難しかった。
  押さえるキーがやたらたくさんあるうえに、指の位置が見えない。
  手探り状態で押さえる。
  重いし、音は出たけど唇がしびれる~~
  ダメっ!!これは私には出来へん。
  この楽器に未練はないぞ。

*トロンボーン 

  予想通り、唇全体の振動は、私は苦手でありました。
  これも、未練なし。

*ホルン

  昔とった杵柄、ってやつ。
  良い音でるじゃん~♪ ←自己満足
  インストラクターさんにも誉められました。
  
*トランペット

  本日のメインイベント
  美人のインストラクターさんが、本当に熱心に親切に
  教えてくださいました。
  高音が出ないと言うと、出し方を説明してくれて
  「大丈夫、でます!」と励まし方がまた上手。
  うまく乗せられた形で、ほんとに音が出た~~
  それも、奇麗に高音が出た~~
  コツは、腹筋と息の出し方に有り。
  教え上手な人って、いるんだなって感心しました。
  いい指導者に巡り合うことは重要なんだと深く思いました。


1時間近くかけて体験しまくり。
今習ってるヴァイオリンレッスンが30分3500円ということを考えると、コンサートを聴く前に、もう元はとった。
貴重な体験でした。


読売日響コンサート

3/30  ミューザ川崎シンフォニーホール


「春のスペシャル・コンサート」

構成・司会:青島広志さんで、とても楽しいコンサートでした。

春休みであり、子供も楽しめる内容ということで、
精神年齢子供の私にはピッタリだったなぁ。


曲目

 ☆ワーグナー:ローエングリン 第三幕への前奏曲

   金管がきらびやかで大好きな響き。
   ワーグナー、好きです。

 ☆デュカス:ペリのファンファーレ

   金管によるファンファーレ
   これは市民吹奏楽団にいた頃やったことがあるので
   ホルンパートはバッチリです。
   懐かしかった~。

 ☆フォーレ:お人形の子守歌 
 ☆ジョヴェ・打楽器協奏曲から第4楽章

 ☆サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

   有名なヴァイオリンの曲。
   超絶技巧、大袈裟な曲である。
   コンマスがソロを弾かれましたが、さすがでした。
     ↑
    ヴァイオリン持たなければ、普通のオヤジ。
    なのに、なんなの~、あのテクニックは!!
    呆然と見とれておりました。

 ☆ブラームス:大学祝典序曲

 ☆モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
 ☆      :「魔笛」より 私は鳥刺し  
 ☆      :        パパゲーノとパパゲーナの二重唱
 ☆      :交響曲第41番「ジュピター」から第一楽章

    モーツァルト生誕250年、おめでとう。
    でも、モーツァルトは飽きちゃった。 
    リラクゼーション効果があるって言われてるけど、
    私には効き目が強すぎて、睡魔が襲ってくるのでした。

 ☆日本の春を歌うメロディ
 
    二期会のソプラノ、アルトの歌手の方が歌われる。
    こういうのは、苦手。

 ☆エルガー:威風堂々 第一番

    金管が目立って、力強くかっこいい曲。
    これで目が覚めた。


青島さんの解説は本当に分かりやすく、面白おかしく話されるので、興味をもって聞くことができました。

トイレ休憩でロビーにでたら、本の販売、あ~んど 買った人にはサインをしてくれるって~~。
迷わず買って、サインをゲット♪
似顔絵付きのサインだ。
ミーハーな私であります。 ふふふっ

桜・満開

今日は仕事が休みだったので、愛犬ゴンタとゆっくり散歩をしました。

近所にもこんなに桜があったんだな、ってちょっと驚き。

本当にきれいで
「ゴン~、桜、見てごら~ん。ほれほれ~~」
と教えてあげているのに、
地面ばかりみて歩くゴンタ。

「ねぇ、桜、咲いてるんだよ!!」
と、しつこく言ってみるものの、全く通じない。

「ビスケット食べる?」と言うと
「食べる食べる♪」と異常に反応するくせに~~~。

でも、鼻のいいゴンは、匂いで春を感じているんだろうね。

ウグイスも鳴いていて、気持ちのいい散歩でした

歯医者へ行く

昨年の九月末、突然奥歯の詰め物が取れた。

歯医者へ行き治療をしたんだけど、最近時々痛いのです。

もしかしたら神経までいってるかもしれないから三ヶ月待ってから詰めましょう、ってことで今年の初めに目出度く詰めて終わった。。。
ハズだったのに・・・・。

通常、三ヶ月痛みがなければ大丈夫だということだったんだけど、稀にダメなこともあると聞かされてはいました。

この痛みっていうのが、常に痛い訳でもないし、熱い物、冷たい物でってことでもなく、ランダムにやってくる。

今日は、噛み合わせの状態をみて、少し削ったり等をして様子をみてみることになりました。
それで落ち着くこともあるんだって。

落ち着いてくれ~~~~(祈)

アレグラ



アレグラというのは花粉症のお薬です。

もう20年位のキャリアをもつ花粉症患者の私。
ベテランの域に達している。

でも、症状は軽い方で、悪くも良くもならずにダラダラと20年を過ごしてきてます。

薬は絶対にないとダメ~~
だって、乙女が鼻水垂らしてるなんてカッコ悪いものね。オホホ。。。

市販薬は眠くなるのでダメ。
このアレグラは眠くならなくってよいのです。

この薬がきれたので、今日は耳鼻科へ行って来ました。
そして28日分をいただいてきました。
これで今年の花粉症はOKです。

先生に、来年はいつ頃来ればいいのか聞いてみると
「一月半ば~終わり頃がいいですね」 とのこと。

5年周期で大量飛散の傾向があるけど、来年は大丈夫らしい。

デリケートな私はアレグラに守られて、頑張ってます。

駐輪場(高級)

四月から高校生になる次男は通学に駅までチャリで行くと。

よしよし、感心な子だ。
長男はバス利用なのでバス代がお高いのであります。

駅前の駐輪場へ行ってみる。
まずは一番駅に近い所へGo~~

「満杯で半年待ちなんですよ」と気の毒そうに言う優しそうな係りのおじさん。
「ここは東急なんですけど、この下の方に川崎市のがあります。
 そこの方が安いですからいいと思いますよ」
な~~んて親切なの。
見かけ通りに優しい♪


次男と坂を少し下り「あった!ここだ!」

「巡回中。ご用の方は○○○ー○○○○」←電話番号
という札がかかってる。

ご用なのだ。 即、電話~~

「手続きはそこではなく、坂を下りて信号を左に行った先です」
というお返事が。
「巡回中」っていうのは嘘みたいだ。
きっと、いつもいないんだね。

再び坂を下り左に曲がる。
あった!!

「今空いているのは第二だけで屋根付きのところです」
えっ!?屋根付き。 いいじゃん。
と思ったら、屋根無し1500円、屋根付き2000円(一ヶ月)というシビアな料金設定でした。

まぁ、空いてないなら500円アップも仕方あるまい。
高級駐輪場だぁ。
三ヶ月だと5400円になるし、バス代に比べればメチャ安い。

めでたく、駅までの足を確保したのでありました。

ミョウガの苗を植えた

ダイソーの新商品  「山菜の苗」

山菜と言えば思いつくのは、わらび、ゼンマイ。。。
  わらび、ゼンマイ。。。 あと何がある?

昨日入荷した「山菜の苗」は三種類
  ミョウガ、ふきのとう、たらの芽 でした。

ミョウガって、山菜だったの?  か・・?

ミョウガは植えておくと薬味に1つ2つ使えて便利じゃ~ん。
と思って、入荷したものを物色。

根がしっかりしたものや、やる気なさそうなのやそれぞれ違うので
一番いいものを選びました。


さて、本日早速、家の裏の日当たりの悪くて狭いところに植えました。

一年目はあまり期待できないらしく、2年、3年と経つと収穫にも喜びが得られるみたい。

根づいてくれるといいなぁ。

まぁ、雑草みたいなもんだから強いはず。
頑張れ、ミョウガ君!!
 

ヴァイオリンレッスン*2回目

この一週間、我ながらよく練習したなぁと思う。

ヴァイオリンを持つのも恐る恐るでぎこちなかったけれど、
だんだん慣れてきました。


さて、レッスン開始。

先生があっという間に調弦をしてくれ(みとれる私)
キラキラ星の旋律を弾いてみました。

「とてもよく音が出ていていいですね」

まずは誉められる・・・そうそう、人間誉められて育つ♪


今日はスタッカートを習いました。

と言っても、こんなんでいいんだ~~~~
と驚くほど、それは簡単だった。

弓を止める たったのそれだけ~~

ピタッと止めれば、はい、スタッカート完了。

「はい、上手ですね~」
また誉められたぁ。 止めただけで(笑)


注意することは、次の音に行く前に左手の指を準備しておくこと。
きちんと拍数を伸ばしてスムーズに次の音へ移行する練習をしっかり
やっておく。
E線からA線(ミ→レ)の時は左手のポジションを準備した上で
移行する時は左手を見ないで弓を見るようにする。(弓に集中)

これはやってみると変に緊張して指はつりそうになるし、
なかなか難しいです。
課題ですね。


弓の持ち方が決まらず苦労していることを言うと
先生は大きく頷いておられました。

体も小さく手も小さい私は、教本通りには持てない。

それは左手のポジションにも言えることで、そこに親指を置いたら
小指は届く訳ないじゃ~ん!となってしまう。

先生も小柄な方なので、その辺はこちらが言わなくても分かってくれて
弾きやすい持ち方を教えてくれました。

これは先生が私と同じような体格であったことがラッキーだったと
感じました。

先生との相性はとても大切だけど、よく調べもしないで入った教室。
そこで自分に合う先生に出会えたことは幸せなこと。
これから練習していく意欲も増していく感じです。


鈴木メソッドにはCDが付いていて、お手本の音が聞けます。
家で聞いてみたら、キラキラ星変奏曲、めちゃ早っ!!!

こんなに弾けるまでやるとしたら、永遠に先に進めそうもないと
悲観的になった。

先生が「CDは聞かなくていいからね」と。

「あれは何十年もやってる人が弾いてますから、無理無理~~
 あんなに出来る訳ないですからね」

だよね~~♪

先生、大好き~~~


次回は31日です。

二週間、頑張って練習する。 
そしてまた、誉められたい。 あははっ。

ちくわ笛名人

テレビ(うたばん、って番組)で見てびっくりした。
ちくわ笛名人が登場したのです


http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/chikuwa/main.HTM


ちくわを笛にして演奏するんだけど、きれいな音なんだ
すごいよ~~

「ちょっと音程が違ってますね」な~んて言って
パクッて食べて音を合わせたり、芸人なのだ。

私もやってみたい。
でも、バイオリンよりも難しいちくわ笛に違いない。

お稽古

一昨日は朝出勤前に30分、練習をした

昨日は時間が無かったけど10分練習をした
(触った、に近いくらいの時間だねぇ)

今日は仕事が休みなので1時間半ほどしたと思う。

弾く度に音は違うし、上手く出来たと思えば次はメチャクチャだったりと、本当に難しいなと思います。


でも、考えてみると、
高校から始めたホルンは、最初は音を出すということさえ出来ずにいたのでした。
バイオリンは一応、音は出るんだよね。


そんなホルンを吹けるようになった私だ!!
バイオリンだってきっと出来るに違いない!!!


明日も頑張って、明後日のレッスンに備えるのだ。

ヴァイオリンレッスン*初日

今日、3月10日。
ヴァイオリンレッスンの初日でした。


昨日、チューニングしておいた方がいいかな、な~んてよせばいいのにやっていたら・・・、E線が切れてしまいました。
ほんとに一瞬の出来事で、ただビックリ!!


今日は子供の卒業式だったので、式が終わると急いで家に帰り、車を飛ばして弦を買いに行きました。
なんとかレッスンまでに間に合いました。


教室へ行き、先生が弦を張ってくれました。
そしてチューニングもあっと言う間にできて、レッスン開始~
 (チューニングで弾いた音がもう素敵で、私のヴァイオリンってこん
  なに鳴るんだ♪って、嬉しくなりました。)




これよりレッスンで習ったことを忘れないように書いておきます   

☆ 構え方

   足を肩幅位に開いて左足を少し前へ出す。
     (左足の上にヴァイオリンを乗せるという感覚で)

   左手を当てなくてもバイオリンを支えられるように
      (難しい・・・)


☆ 弓の持ち方

   「これが一番難しいです」と先生。

   右手で「キツネさん」を作る コ~ン
     (親指に中指と薬指をつけるんだよ)

   そのままの形で弓を持ちます
   中指、薬指は第一関節のところに当たる感じ
   小指は軽く添える
     (これが難しく力がはいって変になります)
   人差し指は向こう側へ
      (って、文にすると表現が難しいけど自分がわかってれば
       いいってことでね)

   力を抜いて、しなやかに動くように
     (力、抜けないぞ・・・)

   「女らしくね」 だそうです。(笑)



☆ 音を出す

    弓を少~~し自分のほうに倒すようにして弾きます。
      (なんと、とてもいい音が出た♪)

    先生に誉められる
     (最近は誉められることってないから、とても嬉しい。
      誉め殺し、OK♪  誉められたい私。)


    A線の音を出す (ラ~~~~~~)

    E線の音を出す (ミ~~~~~~)

 
    
☆ キラキラ星変奏曲


    教本は「鈴木メソッド」 正統派教本です。

    ラ・ラ・ミ・ミ・ファ・ファ・ミ
      
         レ・レ・ド・ド・シ・シ・ラ

    
    こう書けば簡単そうだけど、これを必死に弾きました。

    音は長く、ゆっくり。

    指を押さえる位置にテープを貼ってもらって、自信をもって押    さえることが出来ました。

    弦を押さえると指に弦の跡がつきますが、これは指の先の方に
    ついていたらいいそうです。
    そして常に同じ場所で押さえるっていうことなんですが、この    跡が二本、三本とつくようだといけないとのこと。


30分のレッスンですが、覚えることも多いし、これで限界~

次回は来週の金曜日。

さて、どれだけ練習できるでしょうか。

先生もいい方だし、楽しいスタートが切れてよかったです。

    

  


   


<

続きを読む

千住家にストラディヴァリウスが来た日

  千住文子:著

つ、つまらなかった。

タイトルと内容が合っていないんだよね。
どういう経路で手に入れたのかといったことにはほとんど触れることなく、娘自慢、家族自慢に重きが置かれていて、読んでいて腹立たしいほどでした。

図書館で借りたから「まぁ、いっか~」とは思うけど。
これ、結構予約入っていたから、順番待って手にしてこれじゃガッカリだね。

初回から辛口になってしまったけど、多分これが特別だと思う。

カニマウンテン

レッドロブスターでカニマウンテン。

ズワイガニ2杯分(1キロ)で2604円。
二人で食べたら一人1300円で食べられる。

ドサッと盛られた蟹ちゃん。
ひたすらハサミで切る、食べる、切る、食べる・・・
やはり無口になりますねぇ。

パエリアも食べて、お腹いっぱいになりました。
美味しかった♪

ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女

高校の時に一気に七巻を読んだ「ナルニア国物語」
昨年映画化されると知った時から、公開を楽しみにしていました。

原作が「ハリーポッター」のように長くないので、ほぼ忠実に描かれていました。

末っ子のルーシー役の女の子が可愛らしい。
フォーンのタムナスさんもぴったり。
二人のハンカチのやり取りのシーンはほのぼの感動的でした。

でも、白い魔女が地味だったなぁ。
もっと美しく派手な感じを想像していたから。

ひな祭り

「ブログを始めた日」がすぐに思い出せるように
3月3日、桃の節句にスタートします。
(あっ、耳の日でもあるのかも)


今日はヤマハ音楽教室のバイオリン・レッスンの申し込みをしてきました。
四月になったらやろう!と思っていたけれど(なんとなくキリがいいから)ちょっと様子を見て話を聞いてみようと立ち寄ったところ、あっさり入会の運びに至りました。

来週の金曜日からレッスンが始まります。
30分レッスンで、月に3回。
お稽古事は久しぶりで、子供の頃のようにワクワク・ドキドキ気分。

教本は先生にお任せということでお願いしてきました。
だって、何も分からないもんね~。

ほんとに楽しみです。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク