アルテ工房ヴァイオリンフェアと中澤きみ子さんの演奏

昨日、千駄ヶ谷にあるアルテ工房の「ヴァイオリンフェア2006イタリア展」へ行ってきました。

(い~ぐるに連れていってもらったのだけれど、私の目当てはヴァイオリンよりも、中澤きみ子さんの演奏でした。)


午前中に行ったら他にお客さんがいなくて、い~ぐるが自作ヴァイオリンを持って行ったこともあって、工房の山岸さんがとても丁寧に応対してくださいました。
バロックヴァイオリンもあって、何も知らない私に分かりやすく説明してくださり、知識が増えました。


試奏といっても、100万以上もするヴァイオリンを買う予定などなく、実力もないので触る気もなし。
いろいろ弾いているい~ぐるを見てるだけでいいよ~と思っていたのだけれど、山岸さんも「この機会にぜひ」と言われるので、いくつかのヴァイオリンを犠牲にしてしまいました。
へっぽこに弾かれて「うぎゃ!」っと思ったでしょうね。
ごめんね~。


い~ぐるが弾いている間、山岸さんと色々お話をしていたのですが、本当に気さくで紳士なヴァイオリンドクターさんでした。
イタリアの女性製作者Evaさんの楽器と、オールド楽器でこげ茶色の楽器が特に印象的でした。



午後からは中澤きみ子さんの演奏がありました。

中澤さんは1714年製のストラディヴァリウス「ダヴィンチ」で弾かれました。
なんと一番前の席に座れて、目の前に中澤さんとダヴィンチさんがいらっしゃる。
その距離1メートルもないのです。
ちょっと手を伸ばしたら触れる位置って、ふつうのホールのコンサートじゃない訳で、本当に感激でした。

ダイナミックな演奏で、中澤さんの呼吸まで伝わってくる。
先日のレッスンで「無呼吸」だと先生に指摘されたばかりの私にとって、「あ~、息してる~。これだ~」と思わせるものでした。

「いい楽器ですね」「ストラディヴァリですね」
と楽器のことばかりいつも言われてしまうそうで
「楽器だけでなくて、演奏を聴いてくださいね。
 私も一生懸命弾いていますから」
という本音のトークが心に残りました。
演奏、素晴らしかったです。

弾き比べということで、同じ曲をヴァイオリンを換えて弾いたのですが、どのヴァイオリンでもそれぞれ素晴らしい音でした。
ヴァイオリンの値段って、何なんだろう?って、益々分からなくなりました。








 

    おまけ


 
  ちょっとね~~・・・・な話


一千万以上もするヴァイオリンを展示しているお部屋が別にありました。
普段は絶対に弾けないものだけれど、特別に弾けます。

覗いてみたら、な~んか威張った感じのおじさんがガンガン弾いていた。
やな感じ~。
チラッとこちらをみて、あ~、ほんと、やな感じ~。

楽器を見ていたらそのおじさんと連れの人のと会話が聞こえた(声、でかい)

「まぁ、一千万出せば間違いないでしょうな」
「二千万だと・・・ほにゃらら・・・・・・」


一千万だして間違いがあるんかい!!




スポンサーサイト

ヴァイオリンレッスン*28回目

曲は前回同様「ガヴォット」と「ユダスマカベウスの合唱」です。


曲の前には音階練習をやるのだけれど、これがなぜかとても緊張してしまって、音が震えてしまう。
自宅練習では震えるということはないのに、先生の前にでるとダメで、メチャクチャです。
あまりの酷さにますます動揺してしまって、暗黒の世界に突入していくのであります。

ガラスのハートの持ち主の宿命なんだ。
かわいそうな私。


曲の練習の頃には緊張もほぐれてくるのだけれど、ほぐれるの遅すぎ~!!

先生も「最初からそう出来るといいですよね」って言ってくれましたが、ハイ、そうしたいものです。



「ガヴォット」は前回出来なかった16分音符のフレーズがよくなったと誉められました。

とても丁寧に練習をしていてしっかり弾こうとしているのは分かるしそれはいいことなんだけれど、この曲は二分の二拍子。
私の弾き方だと八分の八拍子のように聞こえると・・・。

なぬっ!?
本当だ! 二分の二拍子!!

二分音符はひとつもないのに二分の二であった。
(そ~ゆ~ことじゃないんだろうけど、なんか騙されてた感じ)
八分音符だらけだからさ~、つい、八分の八に勝手にしてた・・・。

はぁ~~、こんなことじゃ、いかん!!


次回、「二分の二拍子」で弾きます ←宣言


「前半はよくなってきているので後半を頑張って、来週で終わりましょう」ということで、あと一週間、しつこく弾きます。

あっ、それから
「無呼吸になってません? 休符はちゃんと休んで息をしましょう」
って。
ハイ。無呼吸でした。
どうりで弾いていて苦しいと思った (爆)




「ユダスマカベウス」

この曲に限らずですが移弦をスムーズにきれいに行うこと。

5~6小節目「シドレミレーレー ソーレー」
のクレッシェンド、デクレッシェンドをしっかりつけましょう。

「レーレー」の二度目のレを弓の速度を速くして弾くのがポイント。



次のバッハの「ミュゼット」の譜読みをしておくこと。


今日も楽しいレッスンでした。

なのに最初の緊張は自分でも謎です。


ヴァイオリンレッスン*27回目

今日は12月上旬の気温だったようで寒かった。
でも、ヴァイオリンを弾くと相変わらず暑くなる。


曲はゴセックの「ガヴォット」と、ヘンデルの「ユダスマカベウスの合唱」

注意点はたくさん。
譜面にどんどん書き込みが増えていきました。


体の重心が左寄りになっているのでまっすぐに。

G線を弾くときはヴァイオリンを内側に引き寄せる感じで弾く方が弾きやすい。
私はなぜか逆方向(左へ)へ楽器がいってしまっていて、更に弾きにくい状態になっていると。

本当にその通りで、そのようにすると弾きやすくて音がよく出るようになりました。


16分音符のスラー(4つの音)は音を均等にしっかり出す。
出来ない時は「付点練習」をする。

これは「タラララ」を 「ターラターラ」
           「タラータラー」
           「ターーラララ」
           「タラーーララ」
  の4パターンで練習すること。

やっているうちに指が回るようになる。 

まっ、練習あるのみってことですね。

短い小指で苦労している4の指も、最初に比べたら届くようになってきているから、やはり「継続は力なり」
諦めないでがんばろう。


次のレッスンまで一週間。 どこまで出来るか。

アイリッシュもたくさん弾きたいので時間が足りない。





   


   


    えっとね、アイリッシュは

      
       「Egan's」と「John Ryan's」は暗譜は完璧だ!
     
      あとは速く弾くこと 

         それが難しい。

     そしてこれは毎日狂ったように弾き続ける
      だってすぐに忘れちゃうからね。

    そして明日から「Kesh」にも取り組むのだ。 ウヒヒッ

     目的があると頑張っちゃうぜっ。

    


ゆっくりセッション

昨日、「ゆっくりセッション」に参加させていただきました。

ヴァイオリンはcherryを連れて。


アイリッシュを知ったのは5月に「日本ヴァイオリン製作研究会 作品展示会」でモハーさんにお会いしたことがきっかけでした。
その頃私はヴァイオリンを習い始めたばかりで、A線、E線しか習っていなくてほとんど何も弾けない状態でした。

い~ぐるとモハーさんが弾いているのを楽しく見て、聴いて、すこ~し弾いて、アイリッシュ初体験でした。

その後はい~ぐるやモハーさんのブログでアイリッシュのこと、「ゆっくりセッション」のことなど見てはいましたが、まさか参加できるとは思ってもいないことでした。


昨日、思い切って新橋へ行ったものの、メンバーの方たちが自由に弾きまくり、吹きまくり、で圧倒されてしまいました。

「場違いなところへ、、来てしまった。
 ど、ど~しよ~。」

曲を知らないので何も弾けないのでした。


でも、だんだん場に慣れてきて、聴いているだけでもとても楽しかった。
楽器も、アイリッシュハープ、その他、名前が分からない楽器いろいろ。
歌もあるんですね。


とても楽しい体験でした。
でも、ほとんど弾けずに座っているだけじゃ迷惑だから、これが最初で最後だわ~と心の中で思っていました。


セッション終了の頃、主催者のKevinさんが
「来月も是非どうぞ。 関西からセバスチャンさんというフィドラーがいらっしゃるんです。 参加できますよね?」
と声をかけてくださいました。

最初で最後と思っていたところへ、優しい言葉をかけていただき、
「はい、参加します」
と即答する私って、、、、。 (お調子者である)



その後、喫茶店でアイリッシュの話(歴史なんかも)、楽器の話、Kevinさんのヴァイオリン修理の話、ちえ子さんの家の修理の話、などなど、話は尽きませんでした。


あっという間に時間が経ちました。

「ゆっくりセッション・とりあえずの課題曲」という譜面をKevinさんから頂きました。
ありがとうございます。
これさえあれば、大丈夫デスね♪

な~んちゃって、大丈夫じゃないです。
「とりあえず」ってかいてあるのに17曲もあります。

攻略法。。。 んなもん、ない!
1曲でも2曲でも覚えることかな。

頑張ります。



ヴァイオリンを始めて本当によかった。
弾いて楽しいのはもちろん、素敵な人との出会いがたくさんありました。
感謝です。 








ヴァイオリンレッスン*26回目

春のように暖かい日中の天気でした。
ヴァイオリンを弾くのも気持ちがいいです。


二週空けてのレッスン。
「二週間あったので練習もたくさんできましたよね」
と、いきなりプレッシャーをかけてくる先生。

家ではそこそこ出来たようでも先生の前に出ると緊張してしまう。
でも緊張っていうのは大切なのかもしれない。
緊張のないレッスンなんてないのだ。


いつものように音階をやり、いつものように注意を受ける。

一音として気を抜かないで音を出すこと。
この練習の時にしっかりやっておかないと、曲になったときに出来る訳がなく、すべての音に集中して取り組む習慣をつけておくことが大切である。


曲は「楽しき農夫」
「楽しそうじゃないですよね、シリアスな感じですね(笑)
 もう少しテンポをあげてみましょう」
ということで、速く弾いてみる。

かなり楽しそうになってきた。
先生が伴奏をつけてくれて、現段階ではこれが最高ラインに近いかもと思いながら弾いていたら、合格~

「速く弾けたのはゆっくりがきちんと出来ていたからで、その逆は有り得ませんから。 今のはよかったですね。」
と言われ、嬉しかった。
この曲、何度弾いたことか。
努力は報われる。


次の曲は、ゴセックの「ガヴォット」

一度弾いたところで
「これはたくさん注意するところがありますからね~」
と楽しそうな先生である。

楽譜にいろいろ書いてもらい、こまかなところをやっていく。

途中、cantabile の部分があって
「ここは思いっきり歌ってくださいね。
 カンタービレ・・・・のだめですからね♪」

「ハイ♪」

この会話、めちゃ可笑しいですね~。
いまや、カンタービレはのだめになってます。

次のレッスンは一週間後なのに、克服すべきところが盛り沢山で大丈夫なんだろうか。
ふ、不安である。

スタッカートをビシバシきかせて頑張ろう。
右腕内側がピクピクするけど、ダイエット効果もあるって先生が言っていたし・・・って、右だけダイエットしても意味ないような・・・。

この曲、スタッカートが決まるとストレス発散効果があって気分がいいです。


宿題として、2巻の最初の音階と、「ユダスマカベウスの合唱」も出来たらやってみてください。 と。

「ユダスマカベウス」って、表彰状の音楽。
家で練習するの、ちょっと恥ずかしいけど、初期の頃の「ちょうちょう」なんかに比べたら全然平気です。




   余談

お向かいの家の奥様に
「上手になったわね~」 と言われた。

今まで苦情もこなかったけど、「ヴァイオリンをはじめたのね」と言われたこともなく、もしかしたらあまりに貧相な音で外にはそれほど聞こえていないのでは?と思っていたりした。

聞こえていたのだ!!

貧相で聞こえないのも悲しいけど、聞こえまくりなのも恥ずかしい。
しかも同じ曲を延々と。

ご近所の皆様、暖かく見守ってください。
同じ曲ばかりもつまらないので、アイリッシュもたまに弾いたりしますので。






本・スタインウェイ戦争

高木 裕 ・大山 真人


調律師の高木氏のエピソードを大山氏が書いたもの。
聞いた話を仕立てた訳で、ノンフィクションってことではないと解釈。

「持ち込みコンサート」のあたりは面白かったけれど、主体は某楽器輸入代理店を悪者にして正義のヒーローとして高木氏登場~ という武勇伝ですね。

大山氏の書き方が「プロジェクトX」風で
「高木は○○した」
「高木は○○だった」
とず~~~っとこんなかんじで続くのにはうんざりでした。
攻撃的な文章で品がないのが気になりました。


音楽って、お金とは無縁で人を楽しませたりするもの。

でしょうか?

商売として音楽に携わるには、それは無理でしょう。
この本を読んで全部信じることは、ひねくれた私にはできないです。



それにしても、ピアノって大変だと思いました。
持ち運びが出来ないし、調律はしなくてはならないし。

88鍵もあるんだから、調律師さんって本当にすごいです。
ヴァイオリンの4本の弦でも大変なのに。

 

のだめ☆マングースの中身

ドラマ「のだめ」面白いです。

さて、ロケに使われている音大は川崎にあるS学園。
職場仲間のお子さんが通っておられます。

来週、マングースが登場しますね~。
あの中にはS学園の学生さんが入っているんだって。

「小柄で、リコーダーが吹ける」という条件で募ったそうです。

あっ、あたし、小柄なんだけどな~~。
あの中に入りたかった ←アホッ


リコーダーが吹けるって、音大生なら吹けるよね、普通には。

でもあの着ぐるみでマジ吹く? 吹ける?

指はモコモコなんじゃないの?

ってか、リコーダーじゃなくってピアニカだったし。

ピアニカだよねぇ。

聞き伝えの話はすぐに変わっちゃうから本当はどうなんだか・・・(笑)


来週の「のだめ」が楽しみデス。

11月

は、はやい!!
もう11月です。

まだ衣替えもしていないのに11月。

10月中旬朝晩冷えてきて、寒がりの私は慌ててファンヒーターをだして灯油も入れて寒さ対策OK~。

と準備をした途端に暖かい毎日。

ファンヒーターを準備したのに衣替えはまだ。
こんなことは今までなかった気がする。


今日から年賀ハガキ発売だって。
もう、年賀状。

来年はイノシシだって。

えっ!?  イノシシィィ~?

ね・うし・とら・う・  ・・・・・  とり・いぬ・い

「い」の次は「ね」だねぇ。


信じられない。

もうすぐ「ね」がやって来るだなんて。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク