ジ・アート・オブ・イヴリー・ギトリス

1922年生まれ、現役最高齢のヴァイオリニスト、ギトリスの演奏会へ行きました。
5歳でヴァイオリンを始めたそうなので、80年もヴァイオリンを弾いているんですね。
ま~るい背中でトボトボ歩いて出てくるギトリスじいちゃん。
心が和む、楽しい演奏会でした。


10月26日  すみだトリフォニーホール


即興演奏

バッハ:シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より)

バルトーク:メロディア(無伴奏ヴァイオリンソナタより第3楽章)

マデルナ:ピース・フォー・イヴリー



バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番

バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調
     


アンコール
 
  クライスラー:愛の悲しみ
        :美しきロスマリン

  ハッピーバースデイ~浜辺の歌


このプログラム、直前になって変更になったものです。
ギトリスの強い希望により変更になったとのこと。

 当初のプログラムは
  バルトーク:無伴奏ヴァイオリンソナタ
  バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番
  バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番
  バッハ:         第2番

でした。

変更されたプログラムの方が私好みだったので、よかったです。

「ピース・フォー・イヴリー」は出来たてほやほやの曲だそうで、譜面台が3台ならんで、なが~い譜面を置いての演奏でした。

でも、この曲や、最初の「即興演奏」、バルトークは、現代音楽というのでしょうか、私にはわからない曲でした。
やはりきれいなメロディが聞きやすいです。

曲の前にマイクを使ってお話されるのですが、じいちゃん、早口なので私の耳は追いつけませんでした。
所により、わかりましたけど。

アンコールのクライスラーは、ギトリス節全開でとても楽しかったです。

すみだトリフォニーホール開館10周年を祝しての「ハッピーバースデイ」 転調をしていき、いつのまにか「浜辺の歌」になっていました。こういうの、お得意ですね。
こんな風に自由自在に弾けたら、楽しいでしょうねぇ。

最後に弓をピンッ♪と短く使って終わる仕草があって「ギトリス、聴いたんだ」と改めて思いました。


席は16列目でしたが、ラッキーなことに前の2席が空いていて、よく見えました。
ステージ左寄りで、後ろ向きに近い形で弾いていることが多かったので、前の席の右寄りの人はほとんど後姿しか見れなかったんじゃないかと思います。
よい席の確保も難しいと思いました。
   
スポンサーサイト

ヴァイオリンレッスン*66回目

音階と分散和音と、ポジション移動

移弦をスムーズに。 近い場所でやる。
均等な音で。

ポジション移動は下げる時がまだまだ苦手。
必ず全部の指で移動する、
きっちり下げる。
指を広げる。
譜面通りの音が出たからいいのでなく、必ずすべての指の位置が正しく移動すること。
今それをしっかり習得することが大切。
 (じゃないと、後で苦労する→苦労、やだ→真面目に練習しよう!)



バッハ:ガヴォット

合格~
予想外に早く終わりました。
この曲はポジション移動がなかったからだね~。


ドヴォルザーク:ユーモレスク

前回は前半部分を少しやった。
今日はとりあえず、全部を弾いてみた。
恐る恐るのポジション移動を繰り返しながらの「ユーモレスク」でした。
なんとか止まらないで弾いた。 それで精一杯。

最初の8小節。
少し揺らぎをいれながら、センスよく弾けるように特訓。

次の8小節。
思いきってポジション移動。
音が切れないように繋げる。

もう一度最初のフレーズ8小節。

次の16小節。
私が弾くと先生がひと言。「平和ですね」
そう、なんだか、ほのぼの。

と、先生が、「こう弾きます」
とすご~~い迫力で弾きました。
びっくりしました。
同じ曲とは思えない。

マネしようとやりましたが、そんな音、出ません。

先生が右手(弓)のお手伝いしてくれました。
あ~、出ました、私のバイオリンもちゃんと迫力ある音が出たデス。
それにしても力強いボーイングだった。
左手はちゃんとできてるんだ。
やっぱり右手だ、弓だ、ボーイングなんだ!!!
この感触を忘れないように練習をしたい。


左手の苦手、4の指は以前に比べたら別人のように、届くようになってきました。
頑張った結果が表れつつあって、弾くのが楽しい。
これも先生の丁寧な指導のおかげと感謝しています。
やり方ひとつで、あんなに届かなくて無理矢理伸ばして指がつっていたのが、普通に届くという不思議。
今はほとんどつる、ということはなくなりました。


来週はレッスンお休みで、次回は11月2日です。
(来週は、だ~い好きなヴァイオリニスト、ギトリスの演奏会へ行きます。楽しみ、楽しみ♪)

りんごジャムを作る

スーパーなどではほとんど目にすることがない「紅玉」をたくさん頂いたので、ジャム作りに挑戦。


圧力鍋だと早いかなと、圧力鍋を使ってのジャム作りを検索する。


りんご 800g

砂糖  150g

レモン汁  1個分


材料はこれだけ~。


りんごをスライスする。 適当な大きさに。
BGM に、綾戸智絵さんの「natural」を流す。
最近のお気に入りです。
軽快にいい気分でりんごが切れる。

塩水に漬けていく。
塩水の濃度なんて、当然、テキトー です。

ザルにあげたりんごの目方を量ると900gちょっと。
だいたいOKだ。

鍋にりんごと砂糖半量を入れて混ぜる。
20分置く。
   ↓
この時点ですでに味見。
これだけでも、とっても美味しい~。
さすが、紅玉だ♪

レモン汁をかけて、火にかける。
圧力がかかってからは3分加熱。
あとはそのまま放置。

そして残りの砂糖を加えて、出来上がり~。


ジャムがこんなに簡単に、しかも美味しく出来るなんてびっくりでした。







ヴァイオリンレッスン*65回目

音階と分散和音 あ~んど ポジション移動の練習

音階と分散和音は調子よく進む。
次回から♭2個。


ポジション移動はまだまだ苦手で、練習してもすぐ飽きて曲へいってしまうので、ますます上達しない。 
わかっちゃいるけど・・・・ ダメダメ、ちゃんと練習しなくちゃ。
それでも今までのは先生も飽きた(?)ので先へ進む。


バッハ:ガヴォット

前回、暗~く暗~く弾いてしまったガヴォット。
強弱をつけることで、よくなってきた。
強く弾くところは右手中指にしっかり力をいれて弓を動かすこと。

この曲に限らずだが、終わり方の注意!
いつ終わったのか分からないような終わり方をしない。
最後まできちんと弾くこと。

この曲は来週で終われるかもデス。
もし合格したとしたら、私にしては異例の早さです。
がんばろう~。



ドヴォルザーク:ユーモレスク

「この曲は難しいですよ」と先生。

ポジション移動が「これでもか」というほどに意地悪く出てくる。
その練習とはわかっているけれど「どんだけ~~」である。

まずは前半部分を弾いてみる。

「譜面の通りに弾けましたね」と先生。

で、誉められた訳じゃない。

譜面通りにキッチリ弾くと
   「ラジオ体操はじめ~~」のようになる。
弾いていると、膝の屈伸を始めたくなってしまうかのような趣である。

ここが難しいのだ。

譜面通りに弾くんだけど、少~し間をずらしたり、センスが問われる難所なのだ。
短くブチブチ切らないで、4小節を一区切りとしてセンスよく弾く。

先生は一拍目をやや強めに弾くという。


「こう弾きます」と弾く先生の「ユーモレスク」はそれは美しく、ずっと聞いていたいくらいです。
そのお手本の後に私のバヨから出てくるのは「ユーモレスク体操」だ。

この「体操」がとれた日が合格なんだろうな~。
先は長そうです。

肉を食べよう

先週ふとしたご縁で、70歳を越えるご夫妻と姉、姪の五人で軽井沢二泊の旅をしてきました。

このご夫妻が本当にお元気で、会話も弾み、楽しい旅行でした。
姪は二十歳。
年の差は広~く、三世代です。


それで感じたこと。
元気の秘訣は「食に有り」

なんでもよく食べ、肉が好きとのこと。
気持ちのいい食べっぷりでした。



実はその軽井沢へ、ヴィオリンを持って行きました。
これも話の成り行きで、持って行くことになってしまい、
みんなの前で弾くという、怖ろしいことをしてきてしまいました。


人前で弾くというのはガラスのハートの私には試練でした。

でもなんとラッキーなことに、4人ともに、

ヴァイオリン初心者 → ギーギー、ギコギコ

というイメージだったので、(実際ギーギーはなかなか出ないです)とにかく音が出てるというだけで、感動してくれたのでした。


最初はカチカチに緊張していたものの、だんだんと平常心を取り戻し、楽しく弾けました。

私も肉を食べて70になっても元気にヴァイオリンを弾きたい。
70になったら、何が弾けるのかな~~~。

ヴァイオリンレッスン*64回目

二週空いてのレッスンでした。


ポジション移動は、スッと力を抜いて素早く。
まだまだ練習が必要と感じる。
地道な練習なので、ついつい、曲へいってしまいたくなってしまって、
実はあまり練習していなかったのです。
いかん!! この一週間はちゃんとやろう!!!


バッハ:メヌエット 
ついについに合格 

音程が高くなりがち。
ピアノで音を確認しながら弾き、どこで高くなってしまうのかが分かった。
気をつけて弾いてみると、
「今のは完璧でしたよ」と先生から言われ、自分でも達成感があって、嬉しかった。



バッハ:ガヴォット ト短調

短調なので暗い。
私が弾くと更に、暗く、暗く、果てしなく暗くなっていきます。
弾いていても気が滅入る・・・。
あまりに暗くて、先生と笑ってしまいました。

どうしたらいいのでしょう。
    ↓
強弱をしっかりつけて、mf,f は少し明るく弾く。

これで、暗い世界から抜け出せる予定です。



プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク