ヴァイオリンレッスン*70回目

11月も今日で終わり。
明日からいよいよ師走です。

今日は寒かった。
でも先生宅までは車で行くので、そんなに着込んでは行かない。
他の生徒さんも車で来る人がいて、彼女は11月というのに半袖で来たそうです。
単に、家からそのまま出てきたので上に着るのを忘れたということ。
いろいろな人がいて、面白いですね。


さて、レッスンも早、70回目でした。

基礎練習はスムーズに進む。


♪ベッカー:ガヴォット

前回OKが出た出だしのところ。
今回は更に細かな注意を受けて、ムムム・・なかなか思うように弾けない。
来週までに出来るようにしたい。

アップの時のスタッカートの弾き方の丁寧な指導。
本当に毎回、レッスンを受けた充実感があります。

ポジション移動は、「感覚を信じて」指板を見ないようにやってみる。
感覚で弾く方がうまく移動出来るので、自信をもってやるようにしたい。



♪移弦の練習

G線の時、肘を上げすぎる。
移弦が間に合わなくてバタバタした弾き方になっていたのは、肘の上げすぎだったようだ。



スポンサーサイト

週末道楽

「週末道楽」  貴方だけの休日を満喫できるワンランク上の遊びのカタログ

というカタログが送られてきました。
学研が出しているようです。

中を見ると・・・・

ケロミン・アマガエル  ¥49,875

  口の開き加減で音の高さを調整することができます。
  テルミンとの大きな違いは、音階の区切りができること。
  テルミンを演奏していて難しいと感じる音階の安定が、ケロミンでは
  面白いようにできます。


マトリョミン   ¥46,116

  ロシアで発明された電子楽器「テルミン」の機能を、ロシアの有名な民芸品
  「マトリョーシカ」に収めたオリジナル電子楽器です。


組み立て式露天風呂キット   ¥99,750

  組立・分解自在の「どこでも露天風呂」が登場!


初代歌川広重筆「東海道五十三次」全55図   ¥577,500


分子構造モデルセット   ¥12,390


などなど・・・・


欲しいと思うものはないのです。

タダでもいらないっていうか。


詳しく見たい人はこちらへ

  ↓

http://shop.gakken.co.jp/shop/special/doraku/?ov71101


カタログももらえますよ~。


でもなぜ私にこのカタログが送られてきたのか、不思議です。



  

ヴァイオリンレッスン*69回目

11月もあっという間に半分が終わった。
暖かい日が続いていたけれど、今日は深まりゆく秋を感じながらレッスンへ。


♪基礎練習

音階と分散和音は調子がよく、ほとんど注意を受けずに進む。

ポジション移動は力が入ってしまって、まだまだスムーズにはいかない。
音程のとりにくいところは、ピアノで音を確認して正しい音を頭にいれてからやろうと思う。



♪ユーモレスク

まさかの合格~
ポジション移動は「聞ける範囲ですよ」ということでクリアーです。
苦手意識満々なのでポジション移動が近づくと気合いが入りすぎて、左手に力が入る。
みなぎる力が移動の邪魔をする。
勢いがありすぎて、弓が跳ねるのでした。
「普通にやろうよ」と自分に言い聞かせるけど、「普通」って本当に難しい。
でも、合格できて、よかった。


♪ベッカー:ガヴォット

ベッカーって誰だろう?
はじめて聞く作曲家だ。

出だし、音を短く切るところは(先週習ったところ)OK。
次の八分音符スラーは、弓を節約。
四分音符スラーと八分音符スラーでは、弓を使う量が違う。
八分音符は使いすぎないように。

ポジション移動のところ、練習する!!
移動の時、1の指を正確に移動。
どの音に移動するのか、ちゃんと考えて押さえる。
出す音が合っていても、1の指位置が正しくないといけない。

これは先生によってはうるさく言わない人もいるそうですが、今しっかりやっていくことで後で楽に弾けるようになるので、頑張りましょう。


来週は「勤労感謝の日」でお休みなので、二週間しっかり練習してレッスンに臨めるようにしたい。
(ヴァイオリンに関しては、本当に真面目な私であります)


ヴァイオリンレッスン*68回目

音階と分散和音。 ポジション移動。

それぞれ課題はクリアで、次へ。

ポジション移動はセカンドポジションもはいるバージョン。



ユーモレスク

だいぶ弾けているので、次回で仕上げられるように頑張りましょう!!

つまずくのは9小節目からのポジション移動のところ。
移動しているのがわからないように弾きたいところだが、ハッキリわかる。
力を入れすぎているみたい。
音が途切れないように一気に弾く。
左手よりも、右手に注意をはらって弓を動かす。

曲の始まり方が上手くいかず、どう弾いたらいいのか質問。
呼吸が大切。
息を吸ってから音を出す。
つい忘れがちな呼吸である。


ベッカー:ガヴォット

今日は次の曲へいくとは予想外でした。
前半部分を弾く。
最初のスタッカートの弾き方(弓の使い方)を教わる。

「ユーモレスク」が難しかったので、この曲はすぐに出来るとおもいますよ、と先生。
早く終わらせて次のバッハ(ガヴォット、ブーレ)へいきましょうね、と。


4巻はザイツの協奏曲が3曲続いてヴィヴァルディへ。
ザイツはファーストポジションで、ヴィヴァルディでポジション移動がある。
その時までにポジション移動が出来るようにすればよいので、焦らないでいいので、しっかりと練習をしていきましょう。

4巻の姿が少し近づいてきたかな~。
「キラキラ星」や「こぎつね」にくじけずに頑張ってきてよかったな~。
ザイツとかヴィヴァルディだなんて、ウヒヒヒヒッ
「継続は力なり」
まだまだ3巻だけど・・・

ALWAYS 続・三丁目の夕日

配役がいいし、子役は上手いし、昭和30年代の懐かしい風景やモノが溢れていて、見て楽しい映画でした。

吉岡くん、あの役(茶川さん)は彼以外考えられない。

薬師丸ひろ子のお母さん役もぴったり。
月日の流れを感じます。
可愛さを残しながらもちゃんと年をとっていく。
自然体でいいなと思う。

始まりと同時に30年代といえばこのお方!!という方が友情出演(?)されてました。
圧倒的パワーでした。
それは誰でしょう?

秘密にしておきましょう。
是非、映画を見てくださ~い。

ヴァイオリンレッスン*67回目

音階と分散和音、ポジションチェンジ、毎度毎度の注意を受ける。
移弦の時、音のつなぎに気をつける。
すばやく、移動。
繰り返し練習以外、ありませんね、地道に練習。


♪ユーモレスク

出だし、ラジオ体操にならないように練習した甲斐があって、よくなってきたと言われ、嬉しい。
4小節目の二分音符、拍を数えて正確に伸ばす。

9小節目から、ポジションチェンジは下げる時が苦手なので、すばやく。
音が切れないように繋げて、弓に圧をかけながら一気に弾く。

転調部分。 弓を返して次に繋げるところ、ヴァイオリンを寄せるようにして弾くと弓が跳ねない。
これは言われてやってみると本当にきちんと弾けたのでびっくりしました。
弓が跳ねたり、ギギッと変な音がしたりで苦労していたところでした。
言われたことがすぐに出来るって、レッスンを受けた充実感があっていいものです。

そしてこの部分はテンポを落とさないで弾ききること。


ポジションチェンジ、頑張らなくては。
先生の指の動きを見ては、ため息がでそう。
私もあんなに自然にスッと移動したいなぁ。

「私もかなり苦労していたらしいです。母がそう言ってるので。自分では覚えていないんですけど・・・」
と、先生。
先生も(覚えていないとはいえ)苦労したと聞き、うれしいな。
私もいつの日にか、ササッと移動してみせるぞ。

読書週間

読書週間だから読んだ。。。
  
  ではないですけど、一応、読書週間なのでタイトルに


最近読んだ本


リバース   石田 衣良

マイライフ  綾戸 智絵
 
綾戸智絵ジャズレッスン ~ 課外授業ようこそ先輩・別冊

エルメスへの道  竹宮 恵子



どれも面白かった。

綾戸さんの本は、文章までもが綾戸ワールドで、ほんとに元気になれる。
本当に前向きで明るくでひたむきで。 素敵な女性です。


「ジャズレッスン」はNHKの番組「課外授業ようこそ先輩」の内容を収録した本です。
この番組、好きで何度かみたことがあるけど、綾戸さんも出ていたのは知らなかった。
是非、見てみたいな~。

母校の小学校へ行って、独自の授業をするというもの。
6年生の教室でジャズレッスン。

Let It Be を歌うのに、歌詞がどうきこえたか、聞こえたように歌う。


When I find myself in times of trouble ~

ウエナファンマセエフィタイモズトゥラボ~

      って、感じです。

人によって、聞こえ方が違うので、みんなで協議して決めていました。

みんなで歌うレリピ~♪、聴いてみたいです。


「エルメスへの道」は、漫画です。
馬具屋さんから始まったエルメスの歴史物語。

エルメスのロゴマークの馬車は「デュック」といって、主人が自分で馬を御す。
「エルメスは最高の品物を用意しますが、それを御すのはお客様自身です」 ということを意味しているそうです。

そうそう、一流のモノを持ったって、持つ人間がそうでなかったら意味ないよ。
  と、ビンボーな私は思う。

アメリカで発明されたファスナーをフランスではじめて使ったのがエルメス。
ファスナーをバッグに使用したのがエルメス。
それを見て、ファスナーをスカートに使えないかと考えたのがシャネルなんだそうだ。

何にでも歴史があるのだ。


      


プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク