「妹の誕生日だからっ」

今日のレジでの可愛いお客様。
小学校1年生くらいの男の子。

ピンクの飾りがついたヘアピンをひとつ、お買い上げ。

私が何も言わないのに

「妹の誕生日だからっ」

って棒読みの台詞みたいな言い方で一気に言った。


これは、

① 妹の誕生日にプレゼントを買うのだと素直にアピールしている

② このヘアピン、決して僕が使うんじゃないからね、と言いたい。


どっちなんだろうな~?
どっちともとれる言い方だったんだ。

しばらく考えてしまった。
考えても答えは出ず。


反射的に 「優しいお兄ちゃんなんだね」と声をかけておきましたが、ほんと、優しいお兄ちゃんだ。
スポンサーサイト

ヴァイオリンレッスン*92回目

今日は寒かった。

先週はエアコンをつけるほどに暑かったのにな。
季節が行ったり来たりしている感じだ。


  ザイツ:協奏曲第5番 第1楽章

合格~

今の段階ではこれでよし という事だと思いますが、
ポイントを押さえれば次へいかせてくれて、意欲も出てきます。
かなり回数も弾いたので、飽きてきてましたので。




  ザイツ:協奏曲第5番 第3楽章

前半を弾く。

跳ねるスタッカート を習う。

跳ねやすい場所(弓)があるので、そこで弾けるように考えて弾く。

先生が弾くのを聴いて 「あ~、こんなにいい曲だったんだ!!」と思う。
私が弾くのとは違う曲みたいだった。 ぎゃぼっ。

「センスが問われますね」 と先生。
うぅ、、 困ったセンスである。
イヤ、それなりにはあると思うんだ、センス。
歌えばそれなりかと・・・。
思うように弾けないのだ。

後半の重音。
これは何度もやるしかない。
最初はスラーをつけなくてよいので、音をしっかり出せるようにする。


レッスン後、家に帰り早速重音にチャレンジ。
音程、微妙にずれてる。
すると犬(ラブラドール)がなにやら呻りはじめる。
遠吠えとは違う、歌っているかのような声。
バイオリンと犬の両方がうるさい。
しばらくは、こんな練習なんだろうか。
きれいに弾けば、呻らなくなるのだろうか?

日本バイオリン製作研究会 第6回作品展示会

    自由学園明日館会館にて (5/24)

クレモナからいらしているバイオリン製作家の菊田さんにお会いする、そして菊田さんの楽器、
NYANTA君 と TAMAちゃんを弾かせてもらうために昨年、一昨年に続き今年も池袋へ行って来た。

この時季、自由学園は薔薇の花がきれいに咲いていて、いい雰囲気だ。
昨年は結婚式をしていたなと思い出しながら到着すると、今日は大安吉日、やはり式があったようだ。

14:30頃に着いたので講堂内では演奏が行われている。
入り口付近の外で菊田さん、M楽器のYさん、関係者の方々がくつろいでいらっしゃった。

運良くゆっくりお話ができた。
行った時間がよかった~。

今回はバイオリンのレッスンを終えたい~ぐる(バヨ仲間)と、い~ぐるの先生とご一緒させていただいた。

い~ぐるは道端で持参のバイオリンを披露している。
道路工事中で工事車両が通るも、バイオリンを弾く。
まぁ今更私は驚かないが、ちょっとアレかも・・・・・。

そんなことしているうちに講堂での演奏が終わり、待望のNYANTA君、TAMAちゃんとご対面。
うっ、美しい。 美男美女である。
名前のイメージからNYANTA君、TAMAちゃん と勝手に性別を決めてたけど、
弾いた感じは(あくまでも私の受けた感じデス)NYANTAちゃん、TAMA君だった。

今日は弾いている方がたくさんいらして、その音量も半端じゃなく、自分で弾いている音でさえよく聴き取れないような状況だった。
静かな場所で丁寧に弾いてみたいなと思った。


菊田さんと同じくクレモナ在住の高橋明さんのバイオリンも弾かせていただいた。
ご挨拶もでき、またお話もできて、とても嬉しく思った。
高橋さんのバイオリンは柔らかく優しい響きで、お人柄そのものがでていると感じました。

バイオリン職人さん、気難しくて無口でとっつきにくい、そんなふうに想像していたものだけれど
菊田さんにお会いして、そんなことないんだと驚き、
高橋さんにお会いして、やっぱりそんなことないんだと思いました。


しかし、音の洪水状態。
いろんな曲がガンガン聞こえてきて、かなり疲れました。
隅っこに長椅子があったので、しばしそこに座って休憩。
い~ぐると先生はどこぞで弾いてたのかなぁ。
わたしゃもう、疲れたび~~~。
デパートを付き合わされ疲れきったお父さんのように、ぼぉ~~~っとしてしまった。

たった2時間ほどでこの疲れようなのだから、クレモナから到着して間もない菊田さん、高橋さんは本当にお疲れになっていると思う。
お体には本当に気をつけていただきたいです。




会場を後にした私たちは、ちょっとお茶でもしてから帰りましょうということで、
ケーキもあるイタリア~ンなお店へ入る。
しかし誰もケーキセットなどオーダーしない。
みんな、しっかりお食事モードであった。

先生はめちゃめちゃスリムで折れそうな体で食も細そう・・・・・
と思ったら、ご本人がギャル曽根化しているとおっしゃるとおり、かなりなスピードでかなりな量をお召し上がりになったのでびっくりしました。
人は見かけによらない!!
でも食べっぷりのいい人は気持ちいいので、先生のファンになりました~。




ヴァイオリンレッスン*91回目

暑かった。
レッスン前の練習、窓を閉めたら暑いので初エアコン始動。



音階(小野アンナ p.15 の1番目) 
 
 ポジション移動がありなかなかスムーズに出来なかったのだが、時間は短いながらも毎日必ず
 練習しているので、それなりに慣れてきた。
 次回は、1弓8音で。


フラジオレット

 指を広げるストレッチをチマチマとやっていたら、この一週間で指がとどくようになった。
 やはりそうした地道な努力は大切。
 しかも必ず実を結ぶ。
 

ザイツ:協奏曲 第5番 第1楽章

 先週指導された中間部、よくなったと。
 音のつながりの捉え方が上手く出来ていなかったのだが、やっとそれがつかめて自信をもって弾け
 るようになった感じだ。

 後半の ラミドミラミドミシミレミシミレミ・・・・・   
 前へ進んでいくように弾く    ということで、手首を使って弾く方法を教わる。
 手首の回し方を何度も教わったのに、呑み込みが遅い自分であった。
 この部分が出来たら、来週で仕上げということ。
 頑張ろう~。

 前半と後半に少しある重音。
 焦らないで、弓を置いて準備が出来てから弾く。
 置いて、横へひく。
 下に力がはいるとガリガリいうので、置いて、横へひく
 弦を見ないで弾く。 
 何度もやって感覚で覚える。

 

ミニトマト、二週間経過

ミニトマトのトゥインクルちゃん、ベランダに置き日当たりはバッチリ、毎日水をあげ、「早く美味しい実をつけるんだよ・・うふふっ・・・」と怪しく話しかけながら育てています。

支柱を立てて支えていたのに、なんとその支柱が根性無しで倒れかけていた。
軟弱な支柱だっ!! 
倒れかけた支柱を支えるために、支柱をベランダのフェンスにくくりつけた。
これで安心♪
まさか、ベランダのフェンスが倒れそうになることはあるまい・・・・・・


 本日のトゥインクルちゃんと軟弱な支柱


nori撮影 040



丈は50センチくらいです。

ヴァイオリンレッスン*90回目

新緑の五月、今日はよい天気。

二日前に胃腸系の風邪で一日ぐったり、ヴァイオリンを弾く気にもならずに過ごす。
しかし驚異の回復力によって、今日は元気いっぱい。
たまに風邪をひくと、元気であることはなによりもあり難い事だと健康に感謝する気持ちになる。
いつもそれを忘れてはいけないんだよね (でも、忘れる・・・)


音階
フラジオレットの練習

ザイツ:協奏曲 第5番 第1楽章


左手の小指、指先で押さえるのでなく、付け根のほうから押さえる
 (これはとても意識していたことだったのに、すっかり忘れてしまっていた)

中指と薬指、薬指と小指の間隔を広げる体操(ストレッチ)をして、やわらかく動くようにする。
 (これも同じく、最近やっていなかった)

いけない、いけない。 ちゃんと継続していかなくては。


弓が曲がらないように弦と弓の接点を見ながら弾くようにしていた。

「それはとっても大切なことだけれど、目だけでなくもっと耳を使いましょう」

という先生の言葉が今日一番 はっ!!と思ったこと。

楽しく弾こうというのが一番の思いなのに、音のことよりも指板のここを押さえて、弓を曲がらないように動かして・・・と、機械的な頭になっていたと思う。

実際に見ないようにして弾いたら、なぜかその方が音も音程もよかった。

耳だよな~。  なんでそんなこと忘れていたんだろう。


来週までに練習箇所はたくさんあるが、音を聞いて、耳を使って、そして楽しく弾こう。

チケットをとる

9月に青葉台のフィリアホールで、千住真理子さんのコンサートがある。

ヴァイオリン「無の世界」3  (全3回の最終回)
無伴奏の演奏会だ (バッハ、イザイ、パガニーニ)


フィリアホールメンバーズ先行予約が4/17締め切りとなっていた。
メンバーズとはどうしたらなれるのかと見たら、
一度チケットを購入したら自動的にメンバーになれるそうだ。

ということは、はじめて買う訳なので、一般である。

一般発売は本日5/10、 10時~  である。

これはすぐに電話しないと多分完売になるはず。


時計を見ながら10時に電話開始


繋がらない

 ・・・・・・・

繋がらない


1時間かけて繋がらないので、さすがにもう力尽きた。

買い物へ行き、40分ほどで帰宅。

もしかして・・・  繋がるかな~~~


   やはり、繋がらない



12時を回る。

もう繋がったとしても、完売かな、  でも 後1回、かけてみよう。

繋がらないを前提にかけたら・・・・・・    かかった!!

バルコニー席だけど、ゲット

そして目出度く、メンバーズになれた。



チケットとるために仕事もオフにしたのだった。
好きなことのためには 頑張れる私。
よくやった、ミッション完了~

ヴァイオリンレッスン89回目

今日から 「ヴァイオリン音階教本」(小野アンナ) が練習メニューに加わった。

パラパラとめくっただけで、なんだか意識が遠のいていく。
うげっ・・・。

長く使える本ですよ、 私も後ろの方のは今もやっていますから  と先生。
こっ、これは、どこまで出来るようになるのか。
気長にじっくりとやりましょう。

p.15 の Scales and Chords of two Octaves から始める。



いつもの基礎練習は 「フラジオレット」になった。
先生が習われた時の先生(ガイジンさん)は 「ハーフ・タッチ」と言っていたそうです。
正に、言葉の通りだ。



ザイツ:協奏曲 第5番 第1楽章

一通り通して、いつものように細かいチェック、たくさん。


ここにきて、レッスン内容がテクニックの要素が増えてきて、ここに記すことが難しくなった。
文章で上手く表せないこと、また書く必要性もないので、今後は細かいことは書かないことにする。

やっと少し弾けてきて、レッスンらしいレッスンになってきた気がする。


ミニトマトの苗を買う

ミニトマトの苗を買った。

先日新聞で読んだ記事にあった。
苗をどう育てたら美味しいトマトがたくさんなるか
ということではなく、
苗を買った時点で、収穫の勝負はついてしまうらしい。

というのは、品種。 ワクチンを接種してある苗。 といったことらしい。


ということで、ホームセンターで苗を見てみる。
98円の苗が所狭しと並んでいるが、そこはパス。
棚に鎮座している「トゥインクル」というミニトマトに目がいく。
「CMVワクチン接種苗」と書かれている。
デルモンテのブランドだ。
380円也。
さすがブランド品、4倍の値段がするけど、380円ですからね。
ちょっとオヤツをガマンすれば買えるのです。


nori謦ョ蠖ア 015_convert_20080505134902




nori謦ョ蠖ア 016_convert_20080505135452



トゥインクルちゃん、毎日見るのが楽しみだ。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク