暑くても読書

7月も終わりで~す。

暑くても・・・ というよりも、暑いから外に出ないで涼しいお部屋で読書なのでした。


夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る

話題になっている本だったので図書館で予約、やっと順番がまわってきた。
小説なのかと思っていましたが、自己啓発本風小説でした。

著者の水野敬也さんの経歴が面白かったです。
 「1976年生まれ  大学在学中に友人と、新橋、新宿、渋谷の路上にて、1分100円で人を褒めちぎる「ホメ殺し屋」を始める。 「ホメ殺し屋」解散後、執筆活動を開始・・・・・・  」

「殴られ屋」というのは聞いたことがあったけど、殴られたら痛い。
「ホメ殺し屋」の方が楽でいいなぁ。



テキヤ一家のおばあちゃんに学んだ10の教えテキヤ一家のおばあちゃんに学んだ10の教え
(2008/04/24)
大谷 峯子

商品詳細を見る

タイトルが面白そうだったので読んでみたけど、肩すかしでした。
借りたのでまあいいですけど、買っていたらとても悔しかったであろう、そんな本。



明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私
(2008/05/22)
横山 友美佳

商品詳細を見る

この本は内容が詰まりすぎていて、一生懸命に生きた友美佳さんに心打たれました。




もう愛の唄なんて詠えないもう愛の唄なんて詠えない
(2007/01/19)
さだ まさし

商品詳細を見る

読みやすく、知識も得られる本でした。

例えば、ホタルの話
ゲンジ蛍は幼虫の頃は肉食(川蜷という貝を食べる)なので体臭が強く、捕食者(クモや鳥など)にはマズイらしい。 
だから、夜に光りながら飛んでも危険じゃない。
成虫になると、ものを食べる口を失うから、まさに甘い水でしのぐだけ。
   蛍の死因はすべて衰弱死。
幼虫が成虫になる時、栄養不足だと成虫になっても子を残す力がない。
自然界ではこういう幼虫は淘汰さてれいくのに、ゲンジ蛍では「浪人」する幼虫がでてくるらしい。
もう1年、水の中で栄養を蓄えて次の夏まで待つものがいるという。

さださんはこのゲンジ蛍の話から
「たった14日間の大人になるために2年の浪人をじっと辛抱する虫がいる。
 人間ほど成虫になって長い生き物はいないのだから、浪人諸君、焦るな、蛍をみよ」
と、メッセージを送っている。

コラム集なので、短い話がたくさんあって、飽きずにどんどん読めます。









スポンサーサイト

29年が過ぎ・・・・

最近、高校時代の友達が電話をしてきてくれました。
立て続けに二名も。


「同窓会があるのだけれど、noriちゃん不明リストに入っていたから、連絡しておくね」
ということ。

二人の旧友が電話をしてきれくれ、もう何年も話をしていないのに、時はすぐにタイムスリップ。



昨日、案内状が届きましたが、発送代理として会社名が書かれていて、その会社は大津市となっていました。
同窓会サポート業、というものの存在を知りました。


同窓会サポート業には驚きましたが、それよりも驚いたのは、卒業して29年もの月日が流れていたということ。

そうだよねぇ、わが子がもうすぐ高校を卒業するのだから。


9クラスだから360人ほどの人がいる訳で、みんな、どんなふうになっているのか・・・・

こわいもの見たさ(見せたさ・爆)で、楽しみです。

ヴァイオリンレッスン*99回目

今日もとても暑かった。

レッスンへは車で行くので歩くのは少しなのだが、その少しでバテバテであった。
夏って、こんなに暑いものだったっけ?


しかし、レッスンになると、気持ちもシャキッとする。
今日は先生とのおしゃべりもほぼなく、5分オーバーの50分レッスンだった。
それでも時間が足りないほどの、充実したレッスンだった。


音階 D-dur

もっと思いきって弾く。
upからdownにいくとき、圧力が弱くなるので注意。
弦に乗せる。


ソルベーグの歌、 愛するものはみよ、 アベ マリア

音程、ポジション移動、強弱、弾き方など、この3曲を今までになく細かくチェックしていく。
特に「アベ マリア」は難しい。
伸ばす音に自信がなかったが、そこはきれいに弾けているとのこと。
盛り上がりがないので、強弱をしっかりつけ、弓をしっかり使って弾くこと。


ヴィヴァルディ:調和の霊感 op.3-6

一週あいたので、最初から出来るところまでやりましょう。
途中で止めますから。

ということで弾き始めるも、弾いては止められ、弾いては止められ・・・ で、
前半で時間切れ~~
でも弾き方が少しずつでも分かってきて、弾くのが楽しい。
分かっちゃいるけど、出来ない。
でも、楽しいな。
努力するって、こんなに楽しいことだったんだと思う。

そうめん と ひやむぎ

毎日毎日僕らはてっぱ~~~んのぉ~~~ 

  上で焼かれているかのような今日この頃。

 暑い!!!


この暑さの中、ミニトマトのトゥインクルは元気いっぱいで、もう50個以上収穫しました。
味は濃くて美味しいですが、皮が硬いです。
食物繊維がたくさんなんだと思われます。


さて、 夏といえば、 そうめん、ひやむぎ です。


先日テレビで、両者の違いを学びました。

違いは3つ。

1. そうめん が細い。     

         これは私も知っていました。

2. そうめんは延ばす前の段階で、油を塗っている。    

         へえ~~~、知らなかった。

3. 切り口の断面が   そうめんは  ○
                ひやむぎは □

         これは、延ばして作るそうめんは丸で、ソバのように切るひやむぎは四角なのです。

    「手延べそうめん」とパッケージに書かれている理由を今更知りました。
    

 
どちらが好きかといえば、私は、そうめんです。
ひやむぎの中途半端な太さ(細さ)が、どうも気に入らない。

うどんなら、太いのが好き。
細いうどんって、やる気が感じられない。(意味不明!?)


それにしても 暑い  


ルガーノ ・ アンサンブル

7/16 第176回 みやまえロビーコンサート


おらが町の区役所のロビーでの、無料コンサートへ行って来ました。

なんと176回!  今まで、どんな方が演奏されたのでしょうか。
歴史ある みやまえロビーコンサートなのでした。


本日は ルガーノ・アンサンブル

1987年、若手気鋭の演奏家が集まりスイスにて結成される。
メンバーは全員オーケストラのコンサートマスターまたは主席奏者であり、ヨーロッパを中心に各人のスケジュールの合間をぬって演奏活動を展開する。

とのことです。

そんな素晴らしい演奏家が、おらが町の区役所ロビーに・・・・・。
有り難いことです。

メンバーは

 ワルテル・ザガト  Vn
 木野 雅之     Vn
 グスタヴォ・フィオラヴァンティ   Va
 山下 泰資     Vc
 フランチェスカ・デレア    Fl


開始20分前に着くと、席はほぼ埋まっていた。
が、 なぜか前の席だけが空いていて、すかさずそこに座る。

それほど広くもないロビーなので、演奏者と客席の境がないほどに椅子が置かれています。
あまり前じゃ恥ずかしいわ・・・と思い、その席が空いていたと思われます。

木野さんとの距離は1メートルちょっと。
譜面も読めそうなくらい見える。
普通のコンサートではありえないことです。

しばらくすると、私の横の席に70歳くらいのご婦人が着席なさる。
きちんとお化粧をして上流階級婦人、の趣である。

「暑いですね」 と声をかけられ、少し会話をしていたら
「7年前に私もここで演奏をしたんですよ。 ピアノですけれど、ヴァイオリンの伴奏をしましたの」
とおっしゃる。

なるほど、音楽やってる人なんだ。 上流階級婦人。


30分ほどの演奏で

パガニーニ : 弦楽四重奏曲 第2番

ボルヌ : カルメン幻想曲
  
  以上2曲のプログラム


アンコールで

  ヴェルディ : オペラ「仮面舞踏会」より   の、なんだかわからないはじめて聴いた曲
  ヴェルディ :     「トロヴァトーレ」より  の、これもはじめて聴いた曲


パガニーニの木野さんの演奏はすばらしかったです。

演奏が終わった瞬間、横の上流婦人が
「さすが、木野さんだわねぇ。」 とおっしゃいました。


そして、コンサートが終わると

「音質が違いましたね。 木野さんはボリュームがあって、イタリアの方は歌うのが上手でしたね」
と、的確なコメントを私にしました。

「フルートの方は本当にお上手ですよ。 難しい楽器なのよ」

「もっとポピュラーな曲もしてくれるといいですわね。 イタリアから来ていただいているのでイタリアを立てているのでしょうけれど、ちょっと難しいですね」


上流婦人のおっしゃることは、私の思うところと同じであった。

1時間ほどの上流婦人との交流、
素晴らしい演奏、

楽しいお昼のひと時でした。



来月は、シャンソン だそうです。



ヴァイオリンレッスン*97・98回目

ブログに書くのをダラダラ延ばしてしまったので、2回分。


小野アンナ 音階

p.15 の一段目 C-dur  合格で
p.20 の一段目 D-durへ。



「ホームスィートホーム」 「月」  合格
「ソルベーグの歌」 ← 一箇所リズムに気をつけるところ有り。 もう一度。
「愛するものはみよ」  「アベ マリア」  


ヴィヴァルディ:調和の霊感 op.3-6 第1楽章

前半、だいぶ弾けてきている。
一度に全部は大変なので、次までに中盤を練習しておく。

今週はレッスンがお休みなので、二週間あるのでしっかり練習したい。

東京交響楽団   公開リハーサル

ミューザ川崎シンフォニーホール 友の会会員のイベント


7/13 に行われる演奏会の、公開リハーサルに行って来ました。

曲目は

ワーグナー : 歌劇 「リエンツィ」序曲

ドヴォルザーク : 交響曲 第8番


  指揮 小泉 和裕 さん


15分の休憩をはさんで 2時間ちょっとの見学でした。

コンマスは外人の方でしたが、その方がとても素敵で、ほぼコンマスのボーイングを見る!という2時間でした。
でも、途中何度も睡魔に負けました。
メロディがきれいで、目をつぶってしまうと・・・・寝てる・・・・

起きる・・・  コンマス凝視・・・・ 目をつぶってしまって・・・・ 寝てる・・・ 起きる・・・


こんな感じで時は過ぎた。


緊張感がある中にも、和やかな雰囲気で笑いもあり、楽しかったです。

ホールの係の人も丁寧な応対で、必要な方にはひざ掛けも貸してくれたり、無料で聴きにきているのにいい待遇でした。
タダより安いものはない  デス。


チェロの外人さんが存在感があって素敵だったので、なんという方なのかしら? と検索したら(分からなかったんですけど)
クラリネット奏者の十亀正司さんのHPに
たどり着きました。

そして、そこで楽しい演奏を発見しました。
東京交響楽団の新年会の動画で、四分の一サイズのヴァイオリンを弾いています。
楽団の方たちの仲の良さが伝わってきます。
チェロの外人さんも参加してます♪

http://www.page.sannet.ne.jp/togame/myboom.html

ここの「ヴァイオリン」のところからみてください。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク