香港 その5

ディズニーランド
nori撮影 118

東京ディズニーランドに比べると、小さくアトラクションも少ない。


日本語版案内(ディズニーっぽさがあまり感じられないデザイン)
入場券 ・・・ ミッキーでしたが、ミニーやドナルドなど色々あるようです。
nori撮影 222


シンデレラ城にしては 粗末だわ~ と思ったら
nori撮影 127
これは 眠れる森の美女の城 なんだそうです。


売店で売っているキャラクターの顔が なんかニセモノっぽい。
nori撮影 225
私はこういう顔、好き(笑)

「これ、ニセモノみたいだね。 いいのかねぇ、こんなんで」  と言ったら 姪が

「中国語のアナウンスでは マイキーマイニーって言っていたよ」

と言う!!

この子たちは ミッキーとミニー ではなく マイキーとマイニーなんだ!!!

だから、これでいいのだという結論に。


アトラクションでは 「ライオンキング」のステージがとてもよかった。
東京にはまだない。
床から火が吹き出たり、ワイヤーで空中を飛び回ったり、迫力満点のショーです。

スペースマウンテン、 ゴールデン・ミッキーズ、 スペー・マウンテン
ミッキーのフィルハーマジック

パレードなどを見ていたらあっという間に閉演時間で花火があがる。
閉演時間は日によって違うようで、この日は19時。(早い~)
花火は盛大でした。

また来よう とは思わないけど、一度は行ってもいいかな香港ディズニーランドでした。

スポンサーサイト

香港 その4

ホテルは BPインターナショナルハウス
nori撮影 145

nori撮影 110

30階の部屋からの眺め。
あちらに見えるのは香港島。
nori撮影 103

ガラス越しなのできれいに撮れていませんが、
下に見えるのは 九龍公園です。
nori撮影 104
花がたくさん植えられていてきれい。
太極拳をやっている姿も見られました。

ホテルは立地が重要。
ここはどこへ行くにも便利でした。


香港島に行くには地下鉄でもいけますが、やはりスターフェリーには乗っておきたい。
nori撮影 178
8分ほどで到着です。
料金は 30円しない。
10年前に行った時は、バスなどに乗る時に小銭の用意が大変だったが(お釣りがもらえない)
今は スイカ のような オクトパス というカードがあるのでとっても便利になっていました。
スターフェリーにも オクトパス で乗れます。


セントラル に到着
nori撮影 181


時間を有効に使うために、ここからはタクシーを利用。
香港のタクシードライバーは皆、運転が荒い。
どうしてそんなに急ぐの?と思うほどにスピードを出すし、急発進、急停車する。
オマケにこの時は6人だったので二台に分かれて乗ったら、お互いに先に着きたい!!と思ったようで、本当に怖ろしかったです。
香港島南岸に面したスタンレーに向かう。
nori撮影 167


ヨーロッパの雰囲気が漂っていますね
nori撮影 172
ここは香港の街の喧騒を嫌って移り住む欧米人が多かったためか、おしゃれなショップやレストランがあります。
ショッピングは楽しく、ついつい買ってしまいました。
シルク製品が安い。
荷物がどんどん増えていきます。

フレッシュジュースのお店があって、好きな果物をブレンドしてくれます。
私は スイカとパイナップルにしました。
変な味になったらどうしよう? と思いましたが 美味しかった。

海の見える景色
nori撮影 175

スタンレーは 香港でも違うカラーで 楽しいところです。






香港 その3

あずきメニューが多い。

粒あん大好きな私にとって、香港は素敵な国だった。


牛乳プリン、それだけでも美味しいですが、あずきのトッピングにより更に美味しくなります。
nori撮影 115


メニューです。
nori撮影 116
日本語バージョンメニューなのですが、
 ミルク → ミルタ
 エッグ → エッダ
 
    エッグミルク → エッダミルタ   になっているのが微笑ましいデス。



マクドナルドでも
nori撮影 149
あずきパイがあるのよ~~。
でも売り切れだったので 食べられなかった。 心残り。。


マックメニュー
nori撮影 150
1ドル12円ほどだったので 144~180円です。


ディズニーランドのコメットカフェ(だったと思う)でも ラーメンなどのメニューの端にあずきメニューを発見!!
一見、白玉ぜんざい。
ただちょっとあずきに何かの味(なんだろうか?)が混ざっているんだけど、甘すぎなくて美味しかった。
白玉みたいなのは中にゴマ餡が入っていた。
体によさそうな一品。



花粉症 その後

ずっと飲んでいた薬、アレグラでは効き目が弱くて アレロックに変えてもらったが

アレロックは やはり眠くなる。

そこで、 朝はアレグラ、 夜はアレロックで数日過ごしてみたら調子がいい。



今日は耳鼻科へ。

先生にその旨を伝えると

「あぁ、それはいいですねぇ♪  それでいきましょう~」

と、私のやり方が採用され(?)マシタ。


これでいいのか!?



友だちに 「耳鼻科、どこへ行ってるの?」 と聞かれると

「○○だけど、よくないよ」

って、答えてます。

だって、先生、頼りないんだも~ん。


でも、私は気に入っているの。

花粉症なんて完治するものではないし、薬をもらいにいっているというのが私の目的なので
通いやすくて駐車場に停めやすいという条件がいいのよね。

歯医者さんとかなら評判を聞いて情報収集していくけれど、花粉はお医者さんがよくてもよくはならない。

だったら、こわ~い人より 優しくて薬を出してくれる先生の方がいいのだ。


今年は例年よりピークが10日ほど早いそうです。
花粉症の皆さま、共に頑張りましょう。
(私は1年中なので、あまり頑張らずにゆるゆると ですが)

香港 その2

飲茶

今回はテーブルでオーダーをするお店に行きましたが、
ワゴンに色々乗せて回ってきてくれて好きなものを取る というところが
選びやすくて且つ楽しいです。

文字だけではどんなものなのか分からないですから困りますね。
今回の旅では香港在住10年以上のお友達三人が案内をしてくれたので、
何も困らなかったですが、チップなども面倒です。

6人で食べることが多かったので、多くの種類を食べられたのが嬉しかった。
2~3人だとちょっと厳しいですね。

運ばれてくる度に写真を撮って・・・というのも煩わしいので写真はあまり撮りませんでした。
想い出を残すこともいいですが、そのひと時を楽しんで記憶に残しておく、 そんな旅でした。

nori撮影 107

キティちゃんは人気があるようです。
nori撮影 109


朝飲茶といって10時だか11時だか(忘れた・・)までだと料金が安いのでお得♪


2日目の朝、モーニングセットを食べる。
nori撮影 138
庶民のお店です。
開店と同時に混んでいました。
ゆっくりは出来ません。
食べたらすぐに席を立たないとなりません。
激安です。
トーストと目玉焼きは普通です。 至って普通。
マカロニスープは・・・・・ 見た目で想像できるでしょ?
  そうそう、そういう味   って感じですよ(笑)
トースト食べて更にこの量のマカロニは多いので食べ切れなかった。
 味がいまひとつということも   あったし。
この後 コーヒー(紅茶)もつきます。



えびワンタンメンのお店
nori撮影 163
「美味しいけど、お水も出ないところだよ」と言われ、連れて行ってもらったお店。
えびワンタンがプリプリ食感でとっても美味しく、麺もまた美味しい。
200円しないのだから水なんてなくてOK、OK♪


初めて食べたお魚 せっぱん (日本ではハタ、だそうです)
nori撮影 130
白身で癖が無く食べやすかった。


中華料理はどれも美味しく 何を食べても笑顔になれました。
nori撮影 131


手軽に食べられる料金でお腹いっぱいになって、幸せ~。

クリスピードーナツが閉店してしまったそうで、それも納得。
ドーナツより美味しいものがたくさんある香港です。




東京クヮルテット

2月21日     <ミューザ川崎>


   プログラム

ハイドン : 弦楽四重奏曲 第79番 ニ長調  「ラルゴ」

ベートーヴェン : 弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 op.95 「セリオーソ」


ブラームス : 弦楽四重奏曲 第3番 変ロ長調 op.67


   アンコール

メンデルスゾーン : 弦楽四重奏曲 第2番 op.13 第3楽章 「インテルメッツォ」

ハイドン  : 弦楽四重奏曲 op.50-1 より フィナーレ



使用楽器が ストラディヴァリウス「パガニーニ・カルテット」
最前列中央の席だったので、楽器もよく見ることができました。
とてもキレイな楽器でした。

ハイドンの4楽章の曲が、軽快でよかった。

ブラームスの4楽章はピッチカートがたくさんあるのですが、今日の演奏ではじめて気がついたのが

チェロのピッチカートで、人差し指と親指を使い分けて弾いていたこと。
カッコよかった。

それからヴィオラ、親指で弾いていて それもはじめてみました。


今日の席は ヴィオラがとても近い位置だったので、その音がよく聴けてよかったです。
全体のバランスという点からいうと、いい席ではないのかもしれませんが、
どうしても1stヴァイオリンばかりを聴いてしまうので、ヴィオラがよく聞こえて、チェロ、2ndヴァイオリン、そしてその上に乗るように1stの音が聞こえ、楽しめました。
チェロも速いパッセージがかなりあって、近くで迫力のある音が聞けて感動しました。

地味な楽団ですが、素晴らしかったです。
なにより、にこやかでそのお人柄が演奏にも表れていたと思います。


前の席だったので、譜面にも目がいきました。
3つ穴のファイルに綴じられていて、めくるのに都合がいいのだろうなと思いました。
レパートリーがたくさんあるようで、譜面はかなりたくさん綴じられていました。

アンコールの時、チェロのクライヴ・グリーンスミスさんがメンデルスゾーンの楽譜をなかなか探せなくて、一生懸命譜面をめくって探していました。
やっと見つかり ひと安心。
「ネブソク」 と言った一言に笑いが起きました。
アクシデントもまた楽しい。


今年は ハイドン没後200年ということです。

香港の旅 その1

楽しかった香港の旅、

羽田発着の便で行ったので、とても楽でした。

行きは 20:45 発    なので、ワンコの散歩をしてから家を出発。
               準備も当日の昼頃にして楽勝♪


羽田に着いて荷物を預けていたら、なにやらおばちゃん達がカメラを持って誰かが来るのを待っている。
よく見ると、ハングル語を書いたうちわを持っている人もいたので、韓国の誰かが来るのかな・・?

すると現れた3人組。
うち2人はサッと通過していってしまうが一人、にこやかに応対する人

 この人  ↓
090212_1853~01

誰でしょう?
とりあえず携帯で撮ったものの 誰だかわかりません。
姉が「誰ですか?」 とそこにいたおばちゃんに聞くも 早口での返答だったのでわからず・・・(笑)
プレゼントもたくさんもらっていました。


定刻に羽田を経ち、機内食を食べ 「おくりびと」を観る。
「おくりびと」 日本アカデミー賞10冠 だと今朝の新聞にありましたが、どうも暗すぎたです。
少なくとも、旅に出る時に観る映画ではなかったかと・・・・  はははっ
弦楽器フェアで宮地楽器さんブースの前に 「おくりびと」で使われたチェロ ってことで展示されていましたあのチェロ、 それだけが印象的でした。
映画の中では あのチェロは 1800万円ということでしたヨ。


さて、香港との時差は1時間。
機内で時計を1時間戻し、 香港到着は予定より1時間近く早くて 零時過ぎでした。

ホテルまではタクシーでと考えていたけれど、この時刻ならエアポートエクスプレスが間に合いそうだとホームへ行く。

三人だと安くなるという お得な切符。
カオルーンまで行く。 
nori撮影 221
そして的士(タクシー)でホテルへ。

深夜2時頃に就寝。


この後、丸々3日間遊び、食べ、遊び、食べ・・・を繰り返し

最終日は
深夜 2:05  の便で羽田へ向かった。

機内で時計を1時間進める。

5時ごろ、機内食が出る。

帰る時は、ヴァイオリンの音が聴きたくてしかたなかったので、
ビデオは観ないで オーディオチャンネルでバヨを聴いていた。
(ヴィタリーのシャコンヌ、 ブラームスのソナタなど)
心が落ち着きました。

バヨにも飽きたので(おぃっ!) 何か観ようかなっと。
「それでも恋するバルセロナ」 を見始めたのに、面白くなってきたところで羽田に着いてしまいました。
心残り~。
ビデオは計画的に観ましょう!!(教訓)

nori撮影 106


つづく

香港

香港、とっても楽しく、3日間フルに遊びました。

飲茶、ディズニーランド、買い物、足マッサージ、アフタヌーン・ティー、
美味しいものがたくさんあって、よく食べた3日間でした。


気温は25度くらいでしょうか、日中は半袖のTシャツでも暑いくらい。
杉花粉なんてものはないので、体調もよく最高~。


で・・・・・
 日本に帰ると すぐにくしゃみが出てつらい。

仕事も忙しく、 そして、バヨも練習しないと   というか、バヨは弾きたくてたまらない。
でも あまり時間がとれなくて弾けていない。


あ~、でも、 本当に楽しかったので、ボチボチと(でも覚えているうちに)
書いていこうと思います。

寒さが応えます (ババくさい・爆)

どうかしちゃってる姉妹

どうかしちゃってる姉妹 とは、 私と姉のことです。



先月12日~ ソウルへ行ったのですが、 その一週間後に

「来月、香港へ行かない?」 という話がもちあがり、

行くことになったという・・・・


一生のうち、こんなことももうないだろうから、行ける時に行こう!! という勢いで出発します。

明日から3泊5日の香港の旅です。

ツアーではないので、行き当たりばったり、行きたいところへ行き、食べたいものを食べ、
というしあわせな日程。


どうかしちゃってる ね。

スウィディッシュ・フィドル・ライヴ

ちょっと遅れての報告ですが 

2/6(金) フィドル奏者の大森ヒデノリさんとニッケルハルパの鎌倉和子さんのライヴに行きました。
                      (表参道、ヤマナシ・ヘムスロイド)


大森さんのスウィディシュ・フィドルと アイリッシュ・フィドルのソロ

鎌倉さんのニッケルハルパとのデュオ、

それから 二週間前にニッケルハルパを借りて練習をしたという大森さん、
鎌倉さんとのニッケルハルパ・デュオの演奏を聴かせてくださいました。


道に迷うことを想定して行ったら、全然迷わずに時間より早く着いてしまい、
お二人がリハしているところまで見せていただけました。

大森さんのお人柄は伝え聞いていましたが、本当にその通りの飾らぬ優しいお人柄で
丁寧な応対に感激しました。

ニッケルハルパって、面白い楽器です。
ニッケルハルパ協会のブログで演奏会の様子が見られます。


お客さんが20数名ほどの小さなライヴで とても贅沢なひとときでした。
休憩時には お茶とお菓子を出してくださり、コンサートというより
お宅におじゃまして演奏を聴いてきました というような温かな素敵なライヴでした。

鎌倉さんのスウェーデン滞在中のお話、ニッケルハルパのお話など、ここでしか聞けないようなトークもたくさんで本当に楽しかったです。

nori撮影 101
パンフレットもいただきましたが、
ヴァイオリンに苦戦(特にアンサンブルで必死!!)しているので
さすがにニッケルハルパにまでは・・・・・ 

スウェーデンの民族音楽では

「間違った音なんて無いよ。
 みんなで弾けば全部和音!
 気にしないで音を出してみようよ。
 音は多いほど楽しいからね」     

と言うそうです。

豆まきどころじゃないよ~

今日は節分だな と 朝は思っていた。

アレルギーの薬、朝食後に飲み忘れて1時間ほどしてから思い出して飲む。
この時点で嫌な予感がした。
ちょっと飲むタイミングが遅れたりすると、効かなくなることが過去に何度かあったので。

予感的中

仕事に行ってしばらくすると、鼻水、くしゃみ。
どんどん悪化していく。

よほどのことがないとへこたれない私なのに、ギブアップしました。
「もうだめだわ~、帰る~」 と訴えると、
「そうしなさい。 いても使いものにならないから~」 ← おぃ!!

休まないがモットーの私が屈辱の早退をしました。
すべて花粉のせいです。
鬼より怖い花粉です。

そんな訳で 豆を買うこともすっかり忘れ、
「これだって豆だよね、これの乾いたのが豆まきの豆だもんね」 と納豆を食卓に。
まくのはやめた 


いつもの アレグラ ではもう効かない気がして薬をかえてもらう。


アレロック  (昨年もピーク時はこれだったけど眠くなる。でもこんな状態では眠いのもOK)

ポララミン  (頓服  ひどいときは就寝前に)

メイアクト   (細菌の感染を抑える)

トランサミン  (炎症を抑える)

後者2つはとりあえず5日間。

薬漬けだ。
薬なしでは生きていけない~~。

明日は使える体になって仕事しなくては。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク