4月に読んだ本

不惑の手習い不惑の手習い
(2008/05)
島田 雅彦丸谷 嘉長

商品詳細を見る

作家の島田雅彦さんが、数々の習い事に挑戦した体験記です。

書道、生け花 といったオーソドックスなものから
カクテル、手もみ茶、左官、刀鍛冶 など、バラエティに富んだ内容で興味深く読めました。

ただ、島田さんの「僕ってなんでもそつなくこなしちゃうんだ」っていう気持ちが表れすぎているように感じてしまって、そこがマイナス。

そして、こんなことってあるの!!? って思ったのが
二胡を習った件。 
「大学3年の時に衝動的に学生オーケストラに入り、ヴィオラを練習し始めた。
 半年の練習でチャイコフスキーの「悲愴」が弾けるようになるか、友達と賭けをした。
 音階練習などやっている暇はない。
 楽譜に指番号をふり、ヴィオラの音だけのテープを作ってもらい、それを全部耳で覚え、指使いと弓使いを
 連動させる。
 賭けに負けたくない一心で、冬休みは腱鞘炎になるほど練習を積み、春の本番で無事に弾ききり、賭けに勝った。
 以来、ヴィオラは弾いていない」

音階練習、基礎練習、やろうよ!! って思う。
そんな気持ちで楽器を弾いて欲しくないと 真面目な私は思うのでありました。←ムキになってる・笑



オーケストラの職人たちオーケストラの職人たち
(2002/02)
岩城 宏之

商品詳細を見る

とても面白く、色々なことを知ることもでき、これ1冊読んだだけで岩城宏之さんのファンになってしまった。
著書はたくさんあるので、どんどん読んでいきたい。

オーケストラの裏方さんのことを書いた本です。
楽器運搬の仕事、 写譜屋さん、 ピアノ調律師さん、 音楽会でのチラシ配りの仕事
どれも楽しく読めました。

なかでも 調律は、すごいなぁと思った。
岩城さんと 調律師の瀬川さんの対談部分
「ピアニストは 「なんだかイイ」とか「なんだかイヤダ」とか言ってるだけでしょ」

「ほとんど、そうです。 それが英語の場合もあるし、イタリア語やフランス語ということがあるから、
 そのニュアンスを理解しなければならないんです」

「なんだか」というなんだかをなんとかしてしまうお仕事って、なんだか凄いお仕事です。


コンサートホールのステージの床も大きく音に関係するそうで、
ヨーロッパでは松系が多い(響きやすい)

日本人は「檜舞台」という言葉もあるが、檜を使いたがる。
日本の能などには適しているが西洋音楽には向かない。
日本で檜を多く使っているコンサートホールのなかで、西洋人の巨匠ピアニストのためにピアノを調整するのは至難の技だということです。

などなど・・・・ 充実した内容。

音楽会での大量のチラシ、あれって、関西はあんなにチラシがないんだそうで(2002年の著だから今はどうだかわかりませんが)
東京の演奏会に行くと100枚くらい入っていたりして相当重くて荷物になります。
関西は、自分のホール以外での演奏会のチラシを配ることを嫌がるんだそうです。
商売人の関西のイメージが崩れました。
どちらかというと、関西の方が 「どこのホールでもええやんか、配ったるでぇ~」って感じがあるんだけどな。




またたび (新潮文庫)またたび (新潮文庫)
(2005/10)
さくら ももこ

商品詳細を見る


お気楽にサクサク読めます。
 (感想短っ!!)





瑠璃でもなく、玻璃でもなく瑠璃でもなく、玻璃でもなく
(2008/10/02)
唯川恵

商品詳細を見る


たまには恋愛小説も読んでみましょう

「恋愛は不安との戦いであり、結婚は不満との戦いである」
と1ページめにあり、どうなんでしょうか? と期待しながら読んだのに裏切られた内容でした。

図書館で随分と順番待ちして読んだ本なのですが、この小説のどこが面白いのか私にはわからなかった。

話はあまりに現実的すぎて、読んでいてワクワクもしなければ、その世界で遊ぶという読書の楽しみが全く得られなかった。
結末も あまりにお粗末でした。(辛口・スミマセン)



日本のお金持ち妻研究日本のお金持ち妻研究
(2008/08)
森 剛志小林 淑恵

商品詳細を見る

まあ! なんていう本を読んでいるんざましょ?
  好奇心です。 自分とは違う世界がどんなものなのかという。

「容姿端麗」は絶対条件ではないそうです。
「高学歴・知性と教養」そういうことが必須なんだって。
 いずれにしても、遠い世界だということが最初から分かる!!

この本によると、ブランド志向とか贅沢三昧などは一部の方達で、
「大半のお金持ちは経済的余裕を享受しつつも堅実家計を維持し、まずまず人並み程度の生活をおくっているのである」だそうで
お金持ち妻は 見栄っ張りではないそうです。

世帯年収3億円の奥様
「家やモノにこだわらないのが我が家のポリシーです。
 ですから不動産は持っていますが、そちらは人に貸して 自分達が住む家は賃貸と考えています。
 家族のサイズや状況に応じて 住み替えていくのが合理的だと思っているからです。
 ここを借りるときも駐車場はいらないと言って値切ったのですが、手違いで付いてきたので車を買いました。
 主人の友人から半額で譲り受けた外国製のスポーツカーですが、一度も洗車をしたことがないんです。
 車は乗り物という考えが徹底しているものですから。・・・・・・」

こんなお言葉がツラツラと続くんです。
庶民とは違いますね、感覚がズレているのがとっても面白いです。

世帯年収3億、いいな、いいな。
スポンサーサイト

暑い春の1日

愛犬ゴンタ。

ラブラドールレトリバー オス 10歳

賢くて 聞き分けのいい良い子です。

狂犬病予防接種、 そして 8種混合ワクチン接種に動物病院へ行きました。
この子はお医者さんも薬も大好き。
痛い注射をされても 尻尾を振って喜んでいるという・・・・・ 良い子です。


笑ってます
nori撮影 239


また笑ってます
  (違うよ、暑いんだよ~ by ゴンタ)
nori撮影 238




これは昨年の夏、きれいに咲いたサフィニア。

nori撮影 062


季節が過ぎた後、そのまま放置しておりました。
秋が過ぎ、冬が来て、ずっとそのまま。
枯れ草のようだった  気がする。
いつか処分しようと 思いつつ、 そのまま。

数日前に なんと花が咲いていることに気がついた!!
葉がほとんどないのに花が咲き、蕾もあちこちにあります!!
びっくりしました。
チリチリになった枯れた部分をちぎり、
「放置していてごめんね。 きれいに咲いてくれてありがとう」と、久々のお手入れ。

nori撮影 240

厳しい環境におくと、強くなるものなのね。
感動しました

気をよくして
nori撮影 241
サンパチェンス の苗を買いました 480円。

調べてみると

サンパチェンスという名前の由来は“サン(Sun)=太陽+ペイシェンス(Patience)=忍耐”からきています。
その名のとおり夏の暑さに耐え、きわめて生育旺盛で、初夏から秋遅くまで色鮮やかな花を咲かせます。
日なたでも半日陰でもよく育ち、1株で60cmほどの大株に育ちます。
また、従来の園芸植物より大気汚染物質を浄化する能力や、周囲の温度を下げる打ち水効果があることが分かりました

すばらしい サンパチェンス
花が咲くのが楽しみです。

慌てずに急いで!!

本日のアンサンブル指導での心に残った言葉



「そこ、慌てずに急いでください。

   「避難訓練」 みたいですね  あはははは~ 」


あはははは~ と つられて笑ったものの

慌てずに急いで弾くといのは 大変難しい。

私なんて、慌てるばかりで全然遅い、追いつけない。


それに、指揮を見ながら譜面を見て速い動きのところなんて弾けないから
やっぱ 暗譜だよね~。
がんばろ~、やれるところまで がんばろ~


徹子の部屋 ・ 古澤巌さん

今朝 テレビ欄を見ると 「徹子の部屋」のゲストが古澤巌さんだった。

お昼休みに家に戻って、テレビを見る。

古澤さん、ダンディーに決めていました。
本当におしゃれな方。
スーツはフィレンツェの仕立て屋さんでオーダーして作ってもらっているそう。
一着作るのに2年かかる。
と言うのでなぜなんだろうかと意味がわからずにいたら
仮縫いだけで5回くらいするので、あっちに行ったり、日本に来た時にしたり・・
で、2年かかると。
 (理由がわかっても、あまり意味わかんないかも・笑)
  ずっと体型を維持しているということでもあるんだろうな

そのフィレンツェの仕立て屋のおじさんは、単に体にフィットするものを作る というのでなく
その人が一番かっこよくみえるような服を作るんだそうだ。
こだわりというのは、どんな世界にもあるものなのだ。
靴もハイカラ(死語?)だったなぁ。


で、バヨリン、「祈りの杜」を弾かれました。 (古澤さん作曲)

バヨの話では

力ずくで弾いても大きな音は出ない。
体の中から愛情をもって、気の流れを使って弾く。

「気」かぁ・・・・・    と つぶやくも、よく分からない私だった。
人間性、か?
心だよね、
美しい心で弾けばいいのかな。
難しい。  ますます難しくなってしまったではないか!!


黒柳徹子さんのお父様(ヴァイオリニストだった)の話もあり

「父は30~40歳という一番いい時期に戦争だったので、残念だったと思う」
というようなことを話されていた。
若い頃の写真、それはそれはカッコいい徹子さんのお父様でした。
急死されたそうですが、死の当日もヴァイオリンを拭いて(よく磨いていたとのこと)いたと
懐かしむように話す徹子さんでした。



はい、番組が終わり、職場にダッシュで戻りました。

  

ヴァイオリンレッスン ♪ 120

レッスンは17日でした。

あら、いつの間にか3日も経ってしまってる・・・・


 ♪音階

 ♪カイザー 3番 
5 の 3音スラー  だいぶよくなってきているが、時々音が抜けるところがあるので注意!
6 もやる・・・弓がフラフラしないように注意して。


 ♪ バッハ : ガヴォット
もう一歩ですね、 ということで、
再度 苦手部分の確認と、他、細かな注意あり。

この曲でこんなに時間がかかっている人はいないのでは?
と思うほど弾いてます。 (先生のお休み期間もありましたが)
暗譜が苦手なのに、さすがにこの曲は覚えてしまった。

でも、早く終わらせて次にいきたい、 とは思うことはありません。
先生の指導が以前より細かいところまで指摘があり、それによって音楽性がアップしてきていると感じられるからです。
子供が何も考えずに大声で歌っているような幼い弾き方から、大人の演奏に少しでも近づけたらと思います。
進歩がなく同じ曲をやっているのではなく、毎回新しい発見、課題があるので、イヤになることはありません。
むしろ、楽しい。


  ♪ ハイドン : セレナーデ
いい感じで弾けているとのこと。
3ポジド から 1ポジ ソ が 途中の音が入ってしまってグリッサンドになってしまう。
きれいにソへ移動する!!
最後 ド~ミソ ファレドシ シ~ド の 「ド~ミソ」 はスラーだが、
ド~ で一度止めて ミソ を弾き、きれいに終わる。


今週は私の都合でお休み、そしてGWとなるので 次回のレッスンは5/8です。
5/5がアンサンブルの演奏会なので、それまではアンサンブルの曲の練習に没頭します。

先生から 「アンサンブル、頑張ってくださいね」 と言ってもらえました。
これからはアンサンブルでやる曲のことなども聞けば教えていただけると思うので、
相談したりしていきたいと思います。




   オマケ

昨日はアンサンブルの ホール練習がありました。
舞台って、観ている人がいなくても 緊張感がありました。

私の横に、応援できてくださった方と、当日ソロを弾かれる方が座られ、1st Vnを弾かれました。
その素晴らしさに酔いしれてしまった3時間でした。
フォルテの迫力、アタックの正確さ、クレッシェンド、pの小さい音なのにきちんと音は出ていること、
重音の美しさ・・・・・  あれもこれも・・・・  
後押しされるように弾き、 いつもより弾けた・・・気がする。(絶対、気のせいだけど)
とてもいい経験をしました。
本当にすばらしかった。
今もまだその音が耳に残っていて、それを忘れないように練習しようと思います。



 

笛吹の桃の花

桃の花を見に 山梨の笛吹市に行きました。

暖かい陽気に満開の桃の花、そして菜の花。

「お花見」といえば桜。
桜は美しいと思いますが、すぐに散ってしまう儚さが感じられて少し寂しい気持ちになったりもします。


桃は、天真爛漫、可愛らしい
             画像 170



アップです
              画像 163


ピンクの絨毯のよう
              画像 174


井戸のある風景
              画像 177



菜の花もきれい
             画像 181


手作りの桃ジャムを買いました。
販売していたおじさんが 
「これね、作るの大変なんだよ。 ずっとかき混ぜていないとこげちゃうから」 と言い、
少しお話をしました。
お話しちゃったら 買わなきゃ・・・という気持ちになって買いました。
それほど期待していたわけではなかったのですが、美味しいです!!
    nori撮影 237

市販のものとは色も違うし、形状もちがいます。
香料や着色料を使わない桃のジャムは 素朴な美味しさがたくさん詰まっていました。
ヨーグルトに混ぜると最高です。
1個600円。 2個で1000円という値段で、2個買ったのですが、
もっと買っておけばよかったと悔しい~。
本当に美味しいです。


桃の手入れを終えた農家のおばあさんと 「こんにちは」って挨拶したところから会話がはじまり、

「ブロッコリー、摘んでいきなさい」 って、桃畑の片隅に植えられたブロッコリーをいただきました。

満開の桃の花だけでも満足だったのに、人の優しさにも触れ、本当に心に残るお花見でした。





ヴァイオリンレッスン ♪ 119

初夏のような陽気で 半袖でレッスンへ。


音階
弓の元から先まで いっぱいに使うこと。
音程!!
焦らずに1音1音しっかり音を出す。


カイザー  3番
<レガート>
なめらかに。
8分音符を丁寧に弾く。
音が抜けないように(8分音符)

「タータタ タータタ」のリズム。 タタの8分で音が抜けると言われ(先週も) 自分では意識して練習したつもりだったが、まだまだ甘かった。
先生が弓を補助して教えてくださり、どう弾くかは(今度こそ)分かったので、来週は合格をめざして頑張る!!。
こういうことばかりなので、やはりバヨ錬には先生がいないとどうにもならない気がしました。


バッハ : ガヴォット
一通り弾く。

「だいぶよくなりましたよ。 ここと、ここの 二箇所ですね。なんとかしましょう」

と言われた二箇所は 正に私が苦労して練習をし、でも「こうじゃないんだよなぁ」と感じていたところでした。
やっぱり、そこがダメなのであった。
ダメと自覚しているところがダメでよかった(笑)

5段目3小節目の 「♯ラ・ミ・シ・レ・ミ・ド・ファ・ラ」 ここのスタッカート。
一生懸命短かく切ろうとしていましたが
ここのスタッカートは 弓を止めない。
弓の動きを止めずに 音の出だしの時に強く(速く)~そして弱く(ゆっくり) 強く~弱く の繰り返しで弓を止めない。
「ポン・ポン♪」と弾むようなきれいなスタッカートになります。
なります! んですけど、私ひとりのちからでは弾みません(涙)
左手無しで しばらくこの動きを覚えようと思います。
右手が重要ですね。
「頑張れ右手よ」 ← 左手からのエール 


     ・   ・   ・   ・    ・   ・  ・   ・
後半 「ファラ ソラ ファラ ミラ  ファラ ララ ソラ ミラ 」

・アップをベタベタ弾き ラ は抜く。
ベタベタ弾く音に弓を使いすぎると どんどん弓元へいってしまうことになるので
弓をあまり使わないで しかし ベタベタと弾く (これが難しい)
肘を回さない。
前述のスタッカートよりはこっちの方が出来そうな気がします。


ハイドン : セレナーデ
アウフタクト最初の音は、息を吸いながら弾き始める。
1拍目の音が重要である。

そうだ!! 呼吸のことをすっかり忘れていた。
浅田真央ちゃんも 「仮面舞踏会」を滑るときは深く深呼吸をしていたし・・・呼吸も大切!

その他 色々指摘あり。



   そして、


レッスン後に


 告白いたしました。


そう、勝手にアンサンブルに入ったことを。

もう、これを言っていなくて なんだかとっても悪いことをしているような 後ろめたい気持ちでいたのです。

ああ、スッキリしました

「そうやって楽しむことは少しも悪いことではないですよ。
 ただそちらに夢中になってレッスンが疎かになると、それは勿体ないことになります。」

ということでした。

レッスンは基本ですので、レッスン課題はしっかりやっていこうと思います。

ああ、よかったです~。


デュオの夕べ  (大倉山水曜コンサート)

   プログラム

モーツァルト : ヴァイオリンソナタ 第28番 ホ短調 k.304

グリーグ : ヴァイオリンソナタ  第3番 ハ短調 op.45


  休憩  お茶のサービス有り

ブラームス : ヴァイオリンソナタ 第2番 イ長調 op.100


アンコール    フォーレ :夢のあとに


 Violin. 平塚 佳子さん
 Piano. 田中 希代子さん


「大倉山水曜コンサート」に行きました。
大倉山記念館ホールは有形文化財に指定されていて、素敵な建物です。
80席という席数で、アットホームな居心地のいい空間でした。


モーツァルトのソナタ第28番。
明るい曲想の多いモーツァルトの作品の中で、この曲は短調です。
2楽章がとてもよかったです。

グリーグのソナタ第3番。
はじめて聴きましたが、民族音楽の要素が入っていて ダイナミックな曲でした。
迫力があって、重音も随所にあり、かっこいい曲でした。
こんな曲が弾けたら、どんなに気持ちいいことでしょう。
この曲に出会えたこと、このコンサートに来てよかったと思いました。

ブラームスのヴァイオリンソナタ第2番。
これは知っていた曲でしたが、目の前でヴァイオリンがこの曲を奏でてくださって 感動しました。

最前列で聴いていましたので、音がダイレクトに伝わってきました。

ヴァイオリンの平塚さんは、スタイルもよく美人さんで 薄ピンクのキラキラドレス(派手ではないけれどゴージャス)がとってもお似合いでした。
体をゆすったり、顔で大袈裟に表情を作ったりということがなく、楚々とした感じで弾かれる姿が美しいと思いました。
私もそういう弾き方をしたいです。

ピアノの美しいメロディもたくさんあって、ヴァイオリンとピアノのデュオは本当にいいなと感じました。


この「水曜コンサート」、あることがきっかけで知ったのですが
私はこれからきっと何回も足を運ぶと思います。

1500円という低料金で素敵な音楽を間近に聴くことができます。
15分間の休憩時間には ロビーでお茶が振舞われます。
フルーティーな紅茶でとっても美味しかったです。
使い捨て容器でなく、ちゃんとカップ&ソーサーで出してくれるのです♪
小さなホールでのコンサート、いいですよ。

最近読んだ本

ヘンな事ばかり考える男、ヘンな事は考えない女ヘンな事ばかり考える男、ヘンな事は考えない女
(2002/01)
東海林 さだお

商品詳細を見る

やっぱり東海林さだおさんの本は、どれを読んでも面白い。
まさに「変なことばかり考える」人だと思います。
がっ!!
どれもこれも共感できまくってしまう私。
ということは 私も 「変な事ばかり考える」人のような気もしてきてしまいます。
70歳を越えたオヤジの東海林さん(失礼・・)と こんなにも感性が一致してしまうことに
不安を覚えながらも、これからも読み続けていきます。



美しいお経美しいお経
(2007/06)
瀬戸内 寂聴

商品詳細を見る

短いお経や詩歌などが70編載っていて、寂聴さんの解説がついています。

私が気に入ったのは 59番目の 「美しく香しいお経」 (法句経54番)

「花の香は風の流れにさからわない
 栴檀(せんだん)も伽羅(きゃら)もジャスミンも
 けれども良い徳のある人々の香は
 風にさからっても進む
 四方八方にその徳はながれていく」

美しい句だと思います。


56番目の 「苦しさを耐え忍べ」 「法句経184番」

「耐え忍ぶことこそ 最上の行
 苦しさに耐え忍ぶこそ
 この上なき涅槃(ねはん)なり」

涅槃とは 一切の煩悩がなくなった悟りの境地という意味なのだそうです。
そんな境地とはどんなものなのか・・・わかりません。
私にはわかりようもない世界ですね。
耐え忍べない。

立派な心はもてないけれど、 もてないから せめてこのような本を読んで
自分では行き着けない世界を垣間見てみようかと・・・
  覗くだけでした。(こらっ!)




CDでわかる ヴァイオリンの名器と名曲CDでわかる ヴァイオリンの名器と名曲
(2008/07/08)
田中 千香士

商品詳細を見る

お友達が読んだと紹介していた本で、興味をそそられ 読みました。
楽しく読めました。
CDがついていて、有名な曲も聴けます。
ブラームスの「雨の歌」  一時期大好きで毎日聴いていた曲で、それも入っていました。
久しぶりに聴いて、メロディーがきれいでいい曲だと改めて思いました。

漆原啓子さんによる、ストラディバリウスと他メーカーのヴァイオリンの弾き比べも収録されています。
これは、違いがわかります。
音色というのは個々の好みなどもあるし、どっちがいいとか悪いとか そういうものではないと私は思っています。
この引き比べでわかったのは、漆原さんが弾きやすいか、苦労して弾いているか、という違いです。
難しいパッセージを軽々弾いているのがストラディバリウスでした。
ただ、これは 漆原さんがいつも使用されているストラディバリなので、どうなんでしょ?
フェアではない気がしました。






ロードムービーロードムービー
(2008/10/24)
辻村 深月

商品詳細を見る

短編が3作。
  ロードムービー
  道の先
  雪の降る道

どれも子供目線で書かれていて、大きな出来事というわけでもなく、ふわふわとした感じで読み終わる作品でした。
「ロードムービー」、主人公は男の子だと思いこんで読んでいたら、最後に女の子だとわかり
話の内容よりも 自分の思い込みに愕然としてしまった。
作者の罠にはまってしまったようで、悔しかった~。
いや、思い込みはいけないな と 思いました。

ヴァイオリンレッスン ♪ 118

約3ヵ月ぶりのレッスン。
今日からまた、レッスンがはじまりました。

久しぶりのレッスンで、最初こそちょっと緊張しましたが、すぐにいつもの感じになって
3ヶ月も休んでいたという気がしませんでした。


一番気になっていたのは、「オレ流」の弾き方になっているんじゃないかということ。
そうならないようにやってきたつもりでしたが・・・

「方向性は間違っていないですよ」

とのことで、安心しました。


音階
弓の使う幅を均等に。
ポジション移動の時、右手に注意。


カイザー 3番
スタッカートは合格

 ここで、 弓の持ち方の修正。

人差し指をもっと深く持つ。
     ↓
 スタッカートが楽に弾けるようになりました。
 

3音スラー
  移弦の前の音が短い。
  慌てなくていいので、全部の音をきちんと伸ばして弾くこと。


バッハ : ガヴォット
指摘、多々。

この3ヶ月頑張って練習してきたところ、それが先生の指導(弓の使い方、使う量、音程を気をつけるところ等)によって たったの数分で改善された!!!

これが、レッスンの楽しみなんだなぁ と 先生のレッスンを受けられることに幸せを感じました。

そして、今、何に気をつけて練習をすればよいのか、 練習するべきところがハッキリするので
意欲が湧きます。

この3ヶ月の自分だけの練習ということも決して無駄ではなかったと思うけれど、
やっぱり私には先生が必要なんだと 改めて思いました。



 今月はレッスンがあと2回、 アンサンブルの練習が3回あります。
 とてもハードですが、どちらも頑張りたい。


   えっと~・・・・

 アンサンブルに勝手にはいっちゃったこと、
  今日はレッスンがとても充実していて お話する雰囲気も時間もなく、言えませんでした。

来週、言えるかな?

悪いことしているわけじゃないからね。
アンサンブルは難しい曲をやっていますが、いい人に囲まれ、たくさんの刺激をもらい
本当に入団してよかったと思うことばかりです。


満開の桜の元、レッスンが再開でき、楽しい春です♪
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク