8月の本たち

暑くなると言われていた今年の夏、冷夏・・・だったのか、
それ以前に 夏らしくない やはり環境問題が深刻なのだと感じます。
あ~、今年もあと4ヶ月。
本当に速い、速い。
そんな中でも 本は友達(活字中毒・笑)
ほんの少しの時間でも 好きで手に取った今月の本です。



僕は、涙の出ない目で泣いた。―視力障害の天才ヴァイオリニストがつかんだ人生の光僕は、涙の出ない目で泣いた。―視力障害の天才ヴァイオリニストがつかんだ人生の光
(2000/12)
川畠 成道

商品詳細を見る

先日、演奏を聴いたばかりの川畠さんの本、一気に読みました。
この本を読んで、また演奏を聴きたいと思いました。
本当に一途で、心の強い素晴らしい人です。

8歳の時、高熱が出て飲んだ薬の影響で、角膜や皮膚が溶けていく病気になりました。
光は感じられるようですが、今の医学では直す手立てはないということ。
「僕の目には涙がありませんので、何種類もの目薬を1時間おきにしなければなりません。
 しかも自分の血液から作った目薬を差さねばならず、常に冷温で保管しなければならないという問題もあります。」
そんな状況でもロンドンに留学し、英国王立音楽院を首席で卒業されたということに驚きました。

ロンドンでのハッソン先生の教え、 音楽の色彩感について
「絵の具の色がいろいろあるように、音にも様々な色があるわけです。
 それはただ単純に音を大きくとか小さくということではなく、もっと乾いた音が欲しいとかウェットな音だとか、霧の向こう側から聞えてくる音、まったくにごりのない透き通った音といったように、まるでフランス絵画のような色彩感を持って音楽をとらえられています」

私には到底出来ないことだけれど、知っているだけでも得をした気持ちになりました。

この本は2000年12月に出版されているのでもう9年近く前になりますが、
その頃ピアノ伴奏をしていたダニエルさんは アンコールで「歌の翼に」を弾いた時に、即興で伴奏をつけてくれたということです。 
そしてこの演奏の評判がよくて、アンコールにはこの曲をよく弾くようになったということ。
「歌の翼に」はピアニストにとっては、楽譜通りに伴奏をつけても面白みに欠けるようで、ダニエルさんは毎回即興で弾いているそうです。

「注意して聞いていただくとおわかりになると思うのですが、中間部の低い音から高音に移る時、音が重音になる最後のところで、ピアノの伴奏が毎回変わります。」

「今日はどう弾くのかな」 なんて、川畠さんもワクワクされているようで、素敵なエピソードです。




天使の降りた街天使の降りた街
(2001/12)
川畠 成道壁下 孝

商品詳細を見る

川畠さんの短い言葉に 、壁下孝さんの絵が添えられた詩画集です。

印象的だった文

「音楽は 
 ただ部屋の中で弾いているだけでは成長しない
 さまざまな体験を通して成長していくのです」

「僕は
 何もないところも音楽だと思っています
 だから
 間のとり方は
 とても大事なものになってきます」

短い文章だから余計に心に響くように思いました。



スイカの丸かじり (丸かじりシリーズ)スイカの丸かじり (丸かじりシリーズ)
(1996/08)
東海林 さだお

商品詳細を見る

感想など書けないくらいに面白い東海林さんの本です。

今年は私、スイカがやたらと食べたくて、食べています。
果物の王様はスイカだと思います!!
大きくて立派だし、あの水分量は王様ですね。
しかも、王様でありながら「スイカ割り」なんて痛い目にあっても「許す」懐の大きさには頭が下がります・・・・・   なんちゃって、東海林さんの本を読んでいると自分の頭もこのような回路になっていく(笑)



色で旅するハワイ色で旅するハワイ
(2009/06)
山下 マヌー高砂 淳二

商品詳細を見る

レインボー、白、緑、青、ピンク、赤、オレンジ、黄色、黒、金・銀、セピア

色ごとにハワイの景色等の写真と文章で構成されています。
写真は本当に美しいです。

緑の多いハワイだが、海底火山が爆発して出来た島なので本来は不毛な大地だった。
そこがこんなに緑の多い地となったのは、偉大なる鳥のウンチからだった。
(大陸間を移動する鳥たちの休憩場所→ウンチに含まれていた種が大地に根付く)
 
 「そういえば、島と鳥という字が似ているのは、そんな互いの依存関係からなのかもしれない?」
なんて、文章も面白いです。

JALの現役CAが集まるフラチームがあるのだそうです。(ハワイのフラ大会で2年連続2位)

     11月にハワイに行くことになったので、ハワイ本をガツガツ読んでいる今日この頃です



この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る

子供に向けて書かれた自伝エッセイです。
漢字にはぜ~んぶふりがながついていて、私には読みにくかった。
そこまでふりがなつけなくてもいいのじゃないかしら~

「現実」が書かれています。
アジアの貧困地域の子供達のことは、本当に胸が痛みます。
そこに生まれたら、どうやってもそこから一生抜け出すことなんて出来ない貧しく過酷な日々の生活。
人間は皆平等なんかじゃないと 考え出したらどうにもなくなります。



音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)
(2009/06)
岡田 暁生

商品詳細を見る

「音楽の聴き方は全く自由だ。
 しかし、誰かからの影響や何らかの傾向なしに聞く事もまた不可能である。
 それならば、自分はどんな聴き方をしているのかについて自覚的になってみようというのが本書の  狙いである」

いろいろ難しく書いてあるんですけど、 

歴史的背景などを知ることによって聴き方がかわってきたり、
自分が今まで得てきたこと(体験・読書など)が「引き出し」となっていて、そこから生じる音楽の好みは人様々なんだ  っていうようなこと  なのだと理解しました。

私自身、ヴァイオリンをはじめてからその方面の音楽を聴くことが多くなったのですが、
最初に聴いてどこがいいのかまるでわからなかった(変な曲と思った)フランクのヴァイオリンソナタが、今はとっても好きな曲。
なんだか意味わかんな~い。 つかみどころがない、聴いていて不快 ・・・  だったのが
なんてきれいなメロディで、ドラマチックで素敵なんでしょう!! ・・・・  ってなりました (笑)

音楽に限らず、少しでも心にひっかかるものがあったら、試してみるのは自分の世界を広げることになるすばらしいことだと思います。




うなぎの丸かじり (丸かじりシリーズ (25))うなぎの丸かじり (丸かじりシリーズ (25))
(2006/09)
東海林 さだお

商品詳細を見る

「柿ピー問題」では 柿の種とピーナッツの比率を探り当てようと数社の柿ピーを袋から出して数える。

「まずはピーナッツを拾う。 半分になっているのは合わせて1個とし、正確を期す。
柿の種は数が多い上に複雑に欠けているものもたくさんあり、土器の復元のように復元して数え、作業は難航を極めるのであった」

こうして得た結果、 比率は

 2対1、 4対1、 5対1    
「こんなにバラつくとは思わなかった。 せっかくの調査はほとんど意味がなかったのだ」

   どの章もとっても面白いです。
スポンサーサイト

ザ・ダイバー

    東京芸術劇場 小ホール1

          大竹しのぶ
          渡辺いっけい
          北村有起哉
          野田秀樹


「ザ・ダイバー」 観てきました。
大竹しのぶさんはやっぱり可愛らしい。
演じるために生まれてきたような人です。

渡辺いっけいさん、ギラギラした熱い演技で ファンになりました~。


   ストーリーは うまく説明できないので東京芸術劇場のサイトから拝借


「能曲『海人』と『源氏物語』のエピソードを現代社会で起きた事件にとり込み、重層的な展開を見せる物語。犯罪者の精神分析という形をとりながら事件の核心に迫る構造はサスペンス的で、息詰まる緊張感に満ちています。
ロンドンバージョンが上演された当初から、「日本人キャストが演じたら、どうなるのだろう……?」と観客の関心をひきつけてやまない『ザ・ダイバー』。
待望の日本バージョン、いよいよ上演!」

  なんですよ・・・・・ 全然、わからないでっしょ(笑)

 えっとですね、
能の形で舞台右側に太鼓と笛のお囃子。
「源氏物語」の葵の上、六条御息所のエピソードを軸に、現代と源氏物語の世界を行ったり来たりしながら話は展開するのです。

  ますますわからないですね。


人格があっちこっちにコロコロ変わるんですけど、それを大竹さんが見事に演じていました。


劇場は300人ほどの客席数でこじんまりした舞台です。
それがとてもよかったです。
7列目だったので 表情もすべてよく見れました。
舞台を観るのは楽しいです。


野田秀樹さんが、この劇場の芸術監督に就任されたそうです。
お祝いのメッセージの中で、三谷幸喜さんのところで目がとまりました。

 「のだひでき」「みたにこうき」を並べ替えると
 「飛行機で観に来たのだ」という見事な文章になります。
 ちょっとした自慢です。

すばらしい自慢だと羨ましく思いました。

 

「ボルト」 ・・・ 3D

3D映画を観たくて「ボルト」を観てきました。 (吹き替え)

ボルト、可愛かった。
犬の純粋な気持ちがよ~く描かれていました。

ノラ猫のミトンズの声が江角マキコさんで、彼女の声がとても合っていました。
ミトンズの魅力を数段アップしたと思います。


さて、3Dですが、

最初は飛び出す映像に新鮮さがあって楽しんでいましたが、慣れてくると慣れてきちゃうんですね(笑)

観終わってメガネをはずしたら、鼻の上にメガネの跡がクッキリとついてしまっていて困りました。
100均のメガネのようなものですけど、かけ心地悪いです。

そして、3Dは 優待券や各種割引が適用されません。
レディースデイとか色々あって、1000円で観られる日が多い中でそれが適用されません。
更に 通常作品より200円高いです。
メガネはお持ち帰りください と、結局買わされているわけで、200円高いのはメガネ代?
何回か行くと(行かないけど)メガネがどんどん溜まる。 エコじゃないですね。
日曜日に行ったのにガラガラだったのは、料金格差が大きいかと思われました。


でも、ボルトは本当に可愛いかったです。
ストーリーは結末が予想できて安心してみていられる 面白くないと言ってしまえばそれまでですが、「水戸黄門」だってそういうものだもんね。 そういうのもたまにはいいですよ~ (笑)

ヴァイオリンレッスン ♪ 122 (特別編)

昨日はレッスンでした。

ひさしぶり~~。

実はまだレッスン再開の予定がたっておらず、レッスンしたくて仕方ない。
ということで、単発で見てくださる先生を訪ねていきました。

基礎的なことを教わってきました。

最近、弓の持ち方がこれじゃいけないな、と少し悩んでいたので そこもしっかりと。

言われ続けたこと

 やる気のない加減で弾く
 
 頑張らない


その頑張らなささというのが難しく 「頑張らないで」と言われ弾き始めるとすかさず
「まだ頑張りすぎ」と言われてしまうほどで・・・・。
物事に対してはいつも真面目に全力でぶつかる傾向があるので(好きなこと限定ですけど)
この「頑張らない」は難しいのでありました。
力を抜くということなんですけどね。


基本は
  最初から最後まで一定の音で  音符の長さいっぱいに


 楽器の振動を止めない
 弓の振動を邪魔しない
 左手の押さえは 音が変わる程度に軽く 指の腹で
 弓はただ単に横にひく
 楽器が下がらないように (弓を楽器に当てるというより 楽器を弓に当てる。バイオリンで弓に圧力をかける)


「右手の加減は頼りないくらいに」 と言われ 頼りなく弾き始めたつもりが・・・
「頼りがいがありますね~」 なんて言われてしまうのでした (笑)


圧力は軽く
中央より少し駒寄りを
無造作に弓を置いて弾く。
丁寧に弾かなくてもよい。(私は丁寧に弾きすぎなんだそうです)


構え方について
 肩当て 乗せるというより浮いているという感じ (乗せるのはビブラートの時など安定させる時)
 構える位置  右でもない左でもない
          弓の都合のいい場所
          上でもなく下でもなく


何度も言われ続ける

頑張らず、ユルユルと、やる気なく


体のバランス  左前に倒れがち。 普通に立つ。
「究極の普通」で。


左手
 握るでもなく、開くでもなく、中途半端な感じ。
 指の腹で押さえる(頼りなく)
 指紋の中心あたり  指は曲げるでもなく伸びているでもなく平らに。



 手の平を意識。
 指先で持つのではなく わしづかみ、 つつむ。(多くの面で接している方が安定する)
  人差し指・・・圧力を加える
  中指、薬指・・・上腕から伝わって 引っ張る、横に動かす
  小指・・・圧力を抜く


♪カイザー

弓を横に動かすだけ
キレイに弾こうとしないで機械的に

  「機械的に」 と言われ弾き始めるも
  「今、かなり人間っぽいです」 と・・・・ (笑)  

弓の動きが早い。 弓は一歩遅めに。 粘って。


♪ バッハ : ガヴォット

曲では 今まで習っていた弾き方と相違があるため、やや混乱 しつつも なんとか指示通りに頑張ってみました。

基礎的なことと違って 曲の解釈は難しいと思いました。



やっぱりレッスンは楽しいな~


とても丁寧に親身なって指導していただいた先生に感謝いたします。


   

     「菊田さんの楽器でよい楽器をお持ちですね」 って、メロちゃん、誉められる


 

情熱大陸 SPECIAL LIVE

昨日、8/8(土) 夢の島陸上競技場にて、昨年に続いて行ってきました。

11:30 会場、 13:00 開演だったので、何か食べてから会場入りだねっ ということで11時過ぎに新木場に到着。

改札に向かうと・・・・ トイレに長蛇の列!!

ドトールとかロッテリアなどにも人が溢れてこちらも長蛇の列。

皆、早く来るのね、そしてとる行動は同じ。

待つことが嫌いなので駅の裏手に回ってみると 「松屋」があった。
空いてる。
ここなら、食べて、トイレも楽勝♪
松屋なんて友人も私も入ったことがなく、食券の販売機を前にかなり悩んでしまった。
悩んだ末に 牛めしお新香セット 500円也。
生卵がついてきて 二人で 
「これはこの皿に割って、牛めしにかけろってことだよね」と確認し合い(お嬢様育ちのもので・・ホホッ) 卵を割る。
私、卵を割るのが苦手なんです、どうも力加減が未だに分かっていない。
案の定、指先が汚れた。
ナプキンをとろうとしたら横の友も同じであった。
類友ってやつですね。

食事を終え店を出る。
会場までは5分もかからない距離なのに 押し寄せる人、人、人で、30分かかりました。


   

     出演者
葉加瀬 太郎
カサリンチュ
秦 基博
Dew
柴田 淳
SALT & SUGAR
Choro Club
押尾 コータロー
西村 由紀江
Crystal Kay
CHEMISTRY
中 孝介
藤井 フミヤ
土岐 朝子
一青 窈
森山 直太朗
一十三十一


知らない人もかなりいました。
会場の人が総立ちになったのは Crystal Kay、CHEMISTRY、フミヤ、一青 窈、森山 直太朗。
葉加瀬さんはもちろん別格で、ほぼ全出演者とコラボ。
それまで座っていても、葉加瀬さんが登場すると皆立ち上がるという感じでした。

葉加瀬さんは太陽のような存在。
「暑いから水分をとって、少しでも具合が悪くなったら救護室に行ってください。
 無理をしたら、なんもならんからね。」
と、関西弁がまたほんわか優しくていいのでした。

押尾コータローさんのギターは神業。
ギター1本での演奏とは思えない、パーカッションでも入っているかのような素晴らしいテクニックです。
押尾さんに葉加瀬さんのヴァイオリン、それから柏木さんのチェロのトリオ演奏が素敵でした。


CHEMISTRY、 上手いっ!!
思っていた以上の歌声でした。

一青 窈さんの可愛らしさを知りました。
歌が上手な人、というくらいの認識でしたが、彼女はトークも内容のある話をされ聡明な方。
歌っているときにクルクル表情が変わってとってもチャーミングでした。
テレビで見てそう思ったことはなかったのに、ライブならではですね。


と、ところで、暑かったんです。
もう、暑くて暑くて~~。

屋台は食べ物、カキ氷などあるのですけど、どこも長蛇の列。
並ぶ気力もなく、屋台のあたりをフラフラ徘徊してはため息。

芝生に敷いたシートの上にジッと居るもの辛いので、有名じゃない人の時にはフラフラ歩いて気分転換。

たまたまカキ氷の列がなくなっていたので、カキ氷を買う。
葉加瀬太郎プロデュースその名も 「大人のカキ氷 柚子酒ハニー」
700円もしたですよ。
美味しかったですけど、お高いわね。


それにしても、もう疲れました。

この何人いるかもわからない人達が一斉に帰ることを考えると怖ろしい。
実は朝から体調イマイチだったこともあり、日が暮れてきた6時くらいにはもう限界に近く、
皆が立っていた森山直太朗の時、ひとり座ってた私。

葉加瀬さんも言っていたではないか
「無理をしたらなんもならんからね」

一番盛り上がる葉加瀬さんを聴かずに退場・・・・。
同じ考えの方もチラホラいらっしゃいました。

早退は私にとってはとてもよい決断でした。
帰りはずっと座れて帰れ、涼しい車内にいたら復活!!

夏フェスは もういいかな~。
2年続けて体験しただけで充実感有り。

今年は小田和正さんが出演されなかったので、かなり寂しかったです。

来年は・・・・ もし 小田さん出演ならなんとしてでも行くけれど、そうでなければこれで最後。

「松屋」の牛めし、テイク・アウトで会場に持って行くとかもいいかもです。
屋台のものは忍耐のある人しか買えません。
そして、食べてる人のお皿を見たけど、おいしそうには思えなかった。
やっぱ、牛めし。

アンサンブル練習

レッスンはお休み中ですが、そんな中、アンサンブルがレッスンに飢えた私の心を満タンにしてくれます。

ああ、入ってよかった アンサンブル ♪


昨日は分奏練習の日でした。
  (高弦バヨ、ビヨ   低弦チェロ、バス です)

ドヴォルザークの弦楽セレナーデを合わせました。

この曲、激難しくて もうどうしていいのか・・・・  って曲なんですけど、
ゆっくりテンポで音程を確認しながらやりました。
こういう練習がしたかったのです。

5月の演奏会での曲は、本番4ヶ月前に入団したため、どの曲もゆっくりテンポの時は過ぎて仕上げに入っている時でした。
何もわからないまま、練習不足も甚だしいまま終えてしまいました。

それはそれでとても得るものもあったし、それがあったから今の自分があるわけです。
いつだってチャレンジャーなのです。

はい、でも今回は 少なくとも前回よりはちゃんと弾きたいです。
前進しなくちゃね。



で、練習後は 2ndバヨ3人組でファミレスで食べて、お喋り。
本当にヴァイオリンを始めてよかったな~。





なんという花でしょう?
              2009073112240000.jpg
道端に咲いていた花。
名前はなんなのでしょう?
強く逞しい可憐な花。


プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク