のだめカンタービレ 最終楽章 後編

面白かった

コミカルなシーンも、そうじゃないところも、上野樹里ちゃんだからこそ
これだけのだめが面白いんだ。

演奏シーン、とくにヴァイオリン、よくあれだけ弾いてるように演じられるなぁと感心しました。(水上あさみさん)


すっごい集中力でピアノに向かって、聴いてきたばかりのラベルのコンチェルトを譜面もなしで楽しそうに弾くのだめ。
このシーンで大竹しのぶさんの言葉を思い浮かべてしまいました。
それは、「どうやって膨大な台詞を覚えるのか?」という質問に対しての返答。
「覚えるというか、イメージしてその世界に行くんです」

正にそんなシーンでした。
イメージしてその世界へ・・・・・ 行ってみたい。
スポンサーサイト

石田泰尚 ヴァイオリンリサイタル

   エポック中原


ベートーヴェン : ロマンス ヘ長調 op.50

クライスラー : ロマンス op.4     
        : テンポ・ディ・メヌエット
       : オールド・リフレイン
       : コレルリの主題による変奏曲
       :羊飼いのマドリガル
       : プニャーニのスタイルによるプレリュードとアレグロ

ブロッホ : ヴァイオリンとピアノのための「バールシェム(シャシディ教徒の生活の3つの姿)」
         I.ヴィドゥイ(ざんげ) II.ニーグン(即興) III.シムハトートラ(歓喜)


イザイ : 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第4番 ホ短調

黒人霊歌(編曲:ハイフェッツ) : 深い河

フォスター : 金髪のジェニー

アルベニス          : タンゴ

カステルヌオーヴォ・テデスコ : タンゴ

ピアソラ : ル・グラン・タンゴ



       アンコール

   「シンドラーのリスト」より
    
    誰も寝てはならぬ

    母の教え給いし歌
   
    エル・チョクロ



石田様のヴァイオリンの音色は今日もとても素敵でした。

今日の会場は「エポック中原」 ここは昔「中原会館」という市民館だったところです。
こんな地元の会館に石田様がいらっしゃるなんて恐縮です。
そして、怖れていた客のマナーの悪さ。
プログラムには 「慣例により、楽章間での拍手はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」 なんて丁寧に書かれていましたが、予想通り、「イザイ」では思いっきり楽章ごとに大拍手。 (やめておくれ~~~)
私の席の後ろのおばさんは咳の連発。 マスクはしていないしハンカチで覆っているようでもない。(私の頭にあなたの咳がかかってるってば!!)
曲が始まっているのにおしゃべりしてるし・・・(この時は後ろを振り返って睨みを入れました)
アンコールの「金髪のジェニー」では鼻歌歌ってるぅ~~~ (もう睨む気力もない・・・)
また、ちょっと離れたところからはなんと演奏中に携帯が鳴った!!!  ありえない!!
主催者側も演奏途中で遅れた来た客を案内してるし、
本当に私の演奏会経験からも最悪のマナーでした。
きっと同じような思いをされた方も多かったことと思います。
やっぱり市民館での演奏会は諦めた方がいいかなぁと今日は考えてしまいました。
料金は4500円で普段の石田様演奏会より高いのに、釈然としないわ~。



石田様、そんな中、集中力を保って最後まで全力で弾かれていました。

イザイの1曲目、始まって少しのところで中断。
突然弾くのをやめてしまって・・・・何かあったのかと思ったら 間違ったそうです。
「すみません。もう一度やります!!」と言って、やり直しました。
しかし、私にはどこを間違ったのかわからなかったので ちょっと余分に聴けてラッキ~♪な気持ちでした。

これは石田様が一番ショックだったでしょう。
その分のお詫びということで、アンコールは4曲。
わ~い、お得だ~。

客席はちょうどいい空調でしたが舞台は暑かったようで「汗だく」だとおっしゃっていました。
汗だくでもクールな石田様でしたけど。
そしてクールでもMCになると小学生みたいになる。

1曲目のベートーヴェンの後、まずは「こんばんは」と挨拶。
次に何を言うのかと思えば
「まだたくさん曲があります。ちゃんと弾きます!!」 (会場・笑)

前半ピアノの中岡さんが不調だったのか、音を外してるように感じたところがあったし、石田様と合っていなかった。
「えっ!?」と思うところもあってその時は石田様がおもいっきり合図を出して引っ張っていってるふうでした。
(ピアソラでは別人のように復活してましが)


とにかく石田様は本当に素晴らしいソリストだなと思います。
5列目だったので表情もしっかり見ることが出来て、客には不満だらけだったけど石田様は100点満点なのだった。


東京交響楽団アンサンブルコンサート  (川崎・しんゆり芸術祭)

     昭和音楽大学 ユリホール


ボロディン : 弦楽四重奏曲 第2番

ラヴェル : 弦楽四重奏曲 ヘ長調


     アンコール

        チャイコフスキー :アンダンテ・カンタービレ

        リムスキー・コルサコフ :くまん蜂の飛行



   
    グレブ・ニキティン (Vn)
    阿部 奈穂子    (Vn)
    西村 眞紀     (Va)
    西谷 牧人     (Vc)


美しいアンサンブルと、ニキティンさんの曲目解説が楽しいコンサートでした。

ラヴェルがよかったな~。


プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク