一気に夏から秋へ 九月に読んだ本

パスタマシーンの幽霊パスタマシーンの幽霊
(2010/04/22)
川上 弘美

商品詳細を見る


表題作を含む22編の短編集
私には面白さがわからなかった。
人気のある本って期待して読むとしばしばこういう目に合う。




虫目で歩けば 蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした (P-Vine Books)虫目で歩けば 蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした (P-Vine Books)
(2010/03/05)
鈴木海花

商品詳細を見る

読んで楽しい、写真もたくさんで見て楽しい本です。
カメムシなんて大嫌いだったけど、ちょっとは可愛い気もしてきた。

さあ、ここをクリックしてみよう
    ↓
ニセハナマオウカマキリ

すごいですね~。


虫好き大人女子が集まってのお茶会の項は面白いです。
普通ありえないような会話が弾んで カメムシを見て
「超かわいい!」 
「めっちゃ可愛い!!」
「可愛い!可愛い!」    と連呼してます。

毛嫌いしないでよ~く見てみると意外と可愛いのかもしれません。





今、63歳今、63歳
(2010/06)
北野 武

商品詳細を見る

インタビューを書籍化したもの。
面白かった。
 
才能溢れる人、不思議な人。

「俺ね、どんな人でもね、プロスポーツ選手って『さん』づけなんだよ。
 特に野球なんか、甲子園出てる高校球児でも『さん』づけだね」

「酒飲まないと眠れない、みたいなことはないよ。
 まあたまに眠れないけど、そういうときは、ピアノの練習、一生懸命やってんの。
 ピアノの、あの子、辻井(伸行)さんにちょっと凝ってて、今。
 「あいつ、うめえなあ」と思って。
 俺は目が見えるのに何で弾けねえんだ? って思って。」

「教則本、バイエル終って、今、ブルグミュラーやってんだけど、「なんでこんなに難しいんだ」って。
 で、プロのピアニストがそれを弾いてるのは、全然違う曲に聞こえるの。
 「ほんとにこの曲かよ!」ってぐらい、速かったり、力強いんだよね。」
   
「80ぐらいで一曲、完璧に弾くっていうのもいいなと思ってる。
 みんなが「えっ、そんな曲弾けるの!?」とかさ。
 ショパンを弾いたとか、かっこいいじゃない。
 80いくつで指が動かねえかなと思うんだけど、まあ一応やってんの、地道に。
 でも、「ほんとにこれ弾けねえな」っていうのも、半年かければ弾けるね、どうにか。
 もう執念」

たけしさんがピアノを頑張るように、私も指が動かねえな、なんだけど80いくつになってもヴィオリンを頑張るぞ!!
もう執念だ。
見習う!!




RURIKORURIKO
(2008/05/30)
林 真理子

商品詳細を見る

林真理子さんが浅丘ルリ子さんをリサーチしながら書き上げた事実に基づくフィクションだそうです。
ほぼ本当のことなのでしょう。
石原裕次郎、美空ひばり・・・ 知っている名前ばかり出てきます。
世代的にはちょっと外れてますが、私の母くらいの年代の人が読めば、もっと興味深く面白く感じると思います。




もっとウソを!―男と女と科学の悦楽もっとウソを!―男と女と科学の悦楽
(1997/01)
日高 敏隆竹内 久美子

商品詳細を見る

どんな大理論も永遠ではない
必ず修正されたり覆されたり、もっといい見方が出てきて「ウソ」になる可能性がある。
しかし、その理論が出された時点では正しかった。
したがって科学とは、その時点におけるもっともレヴェルの高いウソである

という日高先生の言葉が、タイトルになっている師弟対談。

 僕は思想的にも哲学的にも非常にレヴェルの高い話をするんだけど、それを面白おかしくやるんだ。
 だけど、面白いのは学問じゃないと思っている人がいる。

私は理科の授業が好きでなかった。
それは、面白くなかったから。

 モンシロチョウがいちばんよく飛んでくる色は紫と黄色である。 
 だから「モンシロチョウは紫や黄色が好きなのです」。 そしたら、いっぱい質問がきたね。
 質問というより詰問みたいなのがきた。
 つまり「好きだ」ということが、どうしてわかるのか。
 それは科学的じゃないっていうわけです。
 言えるのは、そこにいちばんたくさん来た、ということだけだ。
 だから子供にも「好きだ」なんて教えちゃいけない。

私は子供じゃないけれど、「紫や黄色が好きなのです」っていう表現の方が断然いい。

楽しい対談集でした。





キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売るキムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る
(2007/11)
木村 晋介

商品詳細を見る

タイトルはミステリーとなっているが、恋愛小説、ロングセラー、ベストセラーを含む37作品をとりあげている。
37年間の弁護士生活を投影して、各作品に全力でぶつかり、その本の欠陥を捜し求めるエッセイ。

私はへそ曲がりだから、こういうの好きです。

「似ても焼いても喰えないゲロゲロの欠陥小説である」なんてハッキリ、キッパリ斬り捨てているのもあれば
「キムラ完敗」と結構負けを認めているものもある。

読んだ本についてはとても面白く読めるし、読んでいないものでもそれなりに楽しめる。
そして、読んでみたくなる。

島崎藤村「新生」にケンカを売る  が最後の章なのだが、
これを読んで私は島崎藤村が大嫌いになった。
「僕は「新生」の81頁までを読んだ段階で、島崎藤村という人物が、第一級の人格障害者であると感じた」
とあるが、本当にその通りだ。
読みたくない本もできた。 「新生」である。
スポンサーサイト

千住真理子 ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ全曲演奏会1


       フィリアホール
                                 Piano / 東 誠三


ベートーヴェン : ヴァイオリンソナタ 第1番 ニ長調 Op.12-1

          ヴァイオリンソナタ 第2番 イ長調 Op.12-2

          ヴァイオリンソナタ 第3番 変ホ長調 Op.12-3

          ヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 Op.24 「春」


      
                   アンコール   メヌエット ト長調




デビュー35周年、今までにやったことのないことをやろうと考えベートーヴェンのソナタ全曲のプログラム。
今回は1回目。 (全3回の予定)

5番の「春」はとっても有名な曲ですが1~3番ははじめて聴きました。
聴きやすくていい曲でした。

プログラムの解説によると
 「当時の聴衆には大変斬新な響きに彩られた曲集と受け取られたようで、当時の批評には
  ひたすら難解であり、自然さや歌ごころに欠け、聴いていて耐えられず、喜びが失せてしまう、
  と、散々な言われようであった」

現代に生きる私にはすんなり耳にはいって気持ちよく聴けたのでした。


千住さんは白のドレス。


芯のある音で華やかな音色でした。

ピアノとの息があっていて、今日はピアノも楽しめました。


ハシビロコウのビル君に会った

伊豆シャボテン公園でハシビロコウのビル君に会ってきた。

じゃじゃ~ん

   2010091914450001.jpg
可愛い。
園内のバードパラダイスというところにいます。
ここは全体が檻になっていてその中で放し飼いなので、間近で見ることができます。
ハシビロコウはほとんど動かない鳥と言われているそうです。
外の道路を走る車をじっと見ていました。

15:30から食事時間ということで、その時間に合わせて再びいってみると、
生きた魚を丸呑みする様子を見ることができました。
食べるのはとっても早いです。
そして丸呑みなので、魚がかわいそうとか思う間もなくお食事終了です。

ビル君は1971年に来日、その時すでに大人の状態で、1981年にシャボテン公園にやってきました。
だからもう40歳を越えているおじいさんなのです。

知っている人にお辞儀をするとのこと。
食事タイムの時はたくさんの人がいましたが、時間とともに皆去っていきビル君の前には私と友人だけになりました。
そこで 「ビルく~ん♪」と元気に親しみを込めて挨拶すると

なんと、ビル君が深々とお辞儀をしてくれました!!!
まさかお辞儀をしてくれるとは思っていなかったので ビックリするとともにとっても嬉しかった。
ビル君と心が通い合った~。

  2010091915540000.jpg


  2010091915550000.jpg

    

ホッと・カフェ・コンサート  石田泰尚

    調布市文化会館たづくり くすのきホール

                         ピアノ 中島剛



ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品 op.75

スメタナ:「わが故郷より」ヴァイオリンとピアノのための2つの小品

ドヴォルザーク:ソナチネ ト長調 op.100


フォーレ:シシリエンヌ op.78

ドビュッシー:小舟にて (「小組曲」より)

サン・サーンス:交響詩「死の舞踏」op.40

フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調


 
     アンコール  クライスラー: 美しきロスマリン
                      シンコペーション
                      前奏曲とアレグロ


前半、チェコ、 後半、フランス、 そしてアンコールはクライスラーのプログラムでした。

前半の衣装は薄いクリーム色のシャツでしたが、スリットがたくさん入ったセクシーなシャツ。
腕から手首まで、両胸、そして背中も。
チラリと素肌が見えるのです。
今日も最前列中央でかぶりつきで観察。

やっぱり石田様の音色は美しく繊細で優しい。
激しく弾いても派手なアクションをしても、それは変わらないのでした。

「死の舞踏」とても石田様に合っている曲だと感じました。

そして、今日楽しみにしていたのがフランク。
よかったです。
美しいフランクだった。
ヴァイオリンを高く掲げて弾く姿がまたカッコいい。

アンコールの「前奏曲とアレグロ」 ミシミシがそれぞれ表情が違っていて石田様のセンスのよさが光っていました。


休憩後は楽器を持たずにピアニストの方とマイクを持って登場。

「あの・・・主催者の方から何か話してくるようにとのことで、
   えっと・・・こうしてここにやってきたわけです・・・・   。」

相変わらずぎこちないトークで盛り上がりました。


演奏していて暑かったのだと思いますが、弾きながらもわずかな休みの間にサッと楽器の汗を拭きます。
どこで拭くかというとズボンの腿のあたりでシュッと。
これが早業で、次の瞬間にはもう楽器を構えて弾いてます。
楽器が体の一部であるかのようです。
肩当ても付けていないし、汗拭きのタオルも一切なし。
汗はズボンで拭くのだ。
ここにも石田様のスタイルが貫かれている気がしました。


ほぼ女性客ですが、フランクの2楽章後になぜか拍手が・・・・。

  しかしこれは序章であった。

アンコールの「前奏曲とアレグロ」、前奏曲が終った瞬間に盛大な拍手が・・・
なぜ・・!?
私は固まってしまいました。
目の前にいる石田さまも固まっていました。

「えっ!!!  なんで・・?  あれっ? 」 のお顔で一時ストップ (そりゃそうだ)

でもまた何事もなかったかのように集中して演奏が続けられました。

こういうことにももう慣れていらっしゃるのでしょうか。
ムッとした素振りはひとつもなく全力で弾く姿に感動しました。
寛大な心だわ~。

ホッと・カフェ・コンサートという名の通り、休憩時間にはコーヒーとクッキーが用意されていていました。
そしてこんなに充実したプログラムで2500円は破格です。

あ~、楽しかった。


さあ、帰ろう・・・ とロビーに出ると誰も帰る気配がない。
外は大雨、強風ですごい状況。
誰も外に出れず。
会場に入った時は晴れていたのに。
30分ほど待って雨足が弱まった頃にダッシュで駅まで向かう。

止んできた、よしよし と思ったら自宅最寄駅に着いたらまた大雨がやってきた。
どうも雨雲と一緒に移動していたようで・・・・。
足元はビショビショ。
人生いいこともあればそうでないこともあるのだよん。

ゴンタ、12歳

今日はゴンちゃんの誕生日です。

いつの間にかもう12歳。

可愛い可愛いゴンタです。


    2010090617530000.jpg

体は大きいのに態度は小さい。
お利口さん。
犬にしておくのはもったいないなぁ。

ゴーヤ、破裂!

九月になっても依然暑い毎日。

今年は花も元気がなく、あさがおとゴーヤだけが暑さに負けず頑張っている。
さすが、「緑のカーテン」と呼ばれるだけのことはある。

ゴーヤは苦くて食べられない。
何度も試してみたけれど、やっぱりあの苦さは苦手。
実は健康的な力強い緑色で、見ているだけで元気になれる感じで、そこが好き。

食べないので放っておいたら、こんなふうになったヨ。

    2010090310490000.jpg

パッカ~ンと裂けて中には真っ赤な種。
向こう側が見えるくらい潔く裂ける様がいい感じ。


一方ではまだこれから実になろうとしているゴーヤの赤ちゃんも

     2010090510440000.jpg

まだ雌花が付いています。 


暑くてもへっちゃらなゴーヤ  でした。。
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク