アンサンブル ラディアント定期演奏会(徳永二男氏を迎えて)

2/27                  ラディアンホール


  ドヴォルザーク : 弦楽セレナーデ

  
  ピアソラ  : ブエノスアイレスの四季      夏・冬・春・秋   
    
      (レオニード・デシャトニコフ:編曲)

     
  サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン
   
     

      アンコール
    
        パガニーニ :「ネル・コル・ピウ」の主題による変奏曲

        ヴィヴァルディ : 四季より 「春」



徳永二男さんのヴァイオリンが聴きたくて行った演奏会ですが、本当に行ってよかったと思える素晴らしい演奏でした。

そして、サイン会ではなんとお話が出来た!! というオマケもつきました


一曲目のドヴォルザークの弦セレは昨年の演奏会でやった曲だったので(難曲です)その練習の時の苦しかったこと、でも無事に演奏会を終えたことなどを思い出してしまい、胸が熱くなる気持ちで聴き入りました。


休憩の後は、徳永氏の登場。
いかつい容貌でヴァイオリニストというよりスポーツをされる方のような印象でした。
(衣装は学ランのような・・黒一色)

楽器は1696年製ストラディヴァリウスということです。
大抵のものは縦に割れ目が生じて修復をしているけれど、一箇所もそれがないとのことでした。
修復をするということは、やはりパワーダウンしていくものだそうです。


「ブエノスアイレスの四季」は 夏・冬・春・秋 の順で演奏されました。
演奏会で盛り上がる順番? みたいです。

パンフレットにギドン・クレーメルの言葉が載っています。

 「ピアソラのおかげで
  ヴァイヴァルディが新鮮に感じられ
  ヴィヴァルディのおかげで
  ピアソラが現代の古典だと気づくのです」

ヴァイヴァルディの四季を意識して作られたのだということがわかって楽しかったです。
「あっ、このフレーズ!!」と見つけると嬉しかった。

いとも簡単なように弾かれていましたが、色々大変なことをされているのですよね。
これはオケも合わせるのが大変で練習を重ねられたようです。
でも例え間違っていても、私は気づくことができないです。
ソロは「1拍目を合わせればあとはかなり自由にやっています」と楽しげでした。
すごいな~~。

演奏はエネルギッシュで音は美しく深みがあって、ヴァイオリンが生き生きと歌っているようでした。
 
  (私の大好きな石田様は更に繊細な感じ。)
徳永氏は圧倒的な風格が感じられました。

ツィゴイネルワイゼンも余裕の一撃! という感じで、何度も聴いている曲だけどなぜか新鮮な感じで聴けました。


アンコール、最初の独奏は曲目がわからなかったけれど超絶技巧満載。 
でも楽に弾かれていてすごいな~~~。
二曲めの「春」もよかったです。


この感動の締めくくりには、是非サインをいただかねば・・・・ねっ。

CDを買いました。 パガニーニのカプリスです。
      2011022810370000.jpg

前の人のサインをされている時に横でサインを取り仕切っている係りの方に「アンコールの曲名を教えてください」と聞くと 「えっ!??・・・ わからな・・い」と困惑状態。
するとサインを終えた徳永氏が
「パガニーニのネルコルピウ です。
 え~っと、ネルコルピウの変奏曲です。」
私が 「ありがとうございます。とても素敵な曲でしたのでまた聴いてみたいと思います」と言うと
「本当は長い曲なんですよ。 15分くらいかかります。 それを5分ほどにして弾きました」
とゆったりとした口調で答えてくれました♪
思わぬところでお話までできて、ここで一気にファンになりました。
いや~、素敵でした。

「ネルコウピウ」って 「うつろな心」っていう意味(調べた・笑)
からっぽな心!?



      補足: アンコールの曲は「春」は予定していたものでしたが「ネルコルピウ」はその場で
          気分で弾かれたようで、係りの方がわからなかったのは仕方なかったことです。
   




スポンサーサイト

ヴァイオリン・レッスン (肩当てを替えました)

春一番が吹きました。

暖かい1日でした。

この間まで寒さにジッと耐えていた(雪にも耐えた)パンジーも今日は元気いっぱい。
お花を見ると和みます。
美しい。


レッスン。

今日からバッハのドッペル(2nd)の練習に入りました。

鈴木の教本で進めたレッスンですが、この曲は飛ばしていて
先生の用意してくださった小曲でポジ移動やヴィブラートの練習などをやっていました。

今日は
弓のどの場所で弾くのか、 8分音符のスタッカートのかけかた、16分音符での弓の使い方
などの指導を受けました。

弓の配分がとても難しい。
今はゆっくり弾いているので二分音符だと弓が足りなくなる。
 (何も考えてないからそうなるんだよね~)
超節約で弓の長さの半分くらいで弾くようにすること。
そのように練習しておかないとテンポアップした時に同じように弾けなくなるから。

他にも色々注意を受けましたが、今はとても前向きな気持ちにレッスンに臨めています。
春も近いのでそんな気持ちになれるのかな~。
頑張って練習をしようと思います。




肩当て

先週のレッスンの時に 「そろそろ肩当てを替えませんか?」と先生に言われました。
クンのプラスチック製のものを使っていて不自由は感じていなかったけれど
木製がいいということ。
先生の意見も聞いてマッハワンのメイプルを買いました。
とても軽くてびっくりしました。
音の響きがいいような  気が する。。。。

今までずっと一緒に頑張ってきたクンも大切な相棒です。
かなり年季がはいっていていい感じです。

少しずつステップ・アップ

東京交響楽団 第586回定期演奏会

    
              サントリーホール


ハイドン : 交響曲 第101番 ニ長調「時計」


ブルックナー : 交響曲 第5番 変ロ長調  (ノヴァーク版)


     指揮/クラウス・ペーター・フロール

       コンサートマスター/グレブ・ニキティン



ブルックナー、演奏時間が80分。
とてもパワフルな演奏でした。
ボウイングが揃っていて見ていても楽しかったです。
圧倒されました。

特に首席ヴァイオラ奏者の青木篤子さんが素敵で、ほぼ青木さんを見てました。
スラリと長身で美人で、長いアーチで美しいボウイング。
迫力のある演奏でした。

コンマスのニキティンさんは大きな方で、いつも思うのだけど、ヴァイオリンがおもちゃみたいに小さく見えます。               
熱い演奏です。

指揮者のフロールさん、パンフレットの写真がカッコいいので期待していたら・・・

  あれっ・・・  全然違ってました (笑)


百段雛まつり

            2011021413460000.jpg

目黒雅叙園の「百段階段」で行われているイベントに行きました。

「百段階段」は東京都指定有形文化財で、雅叙園で現存する唯一の木造建築であり、
晴れやかな宴会が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。
それぞれの部屋は柱や天井に装飾が施されています。

装飾、きらびやかで素敵なんですけど、あまり落ち着ける空間ではありませんでした。
なんだか怖いような気がしました。


そんなお部屋にお雛様たちが飾られていました。

普通にお雛様としてイメージしているものから、木目込みだったり陶器だったり、つるし雛など。
また、雛飾りというよりお人形ごっこをして遊ぶようなお雛様もありました。

豪華なものから質素なもの、顔つきも色々です。

時代を経てきたお雛様たち、間近に見ると迫力がありました。


日本三大つるし飾り
福岡・柳川  さげもん
山形・酒田  傘福
伊豆・稲取  雛のつるし飾り

      2011021310480000.jpg
江戸時代より伝わるつるし飾り。

「難が去る(さる)ように」と猿をつるしたり
鶴、亀、えび、兜といった縁起のいいもの、その他、これは近年復活されてからのものだと思いますがとても可愛らしい飾りがたくさん吊るされていました。

「さげもん」の説明文より

「一尺三寸(40センチ)の竹の輪に赤布を巻き、7個7列の49個、中央に柳川まりを2個さげて全部で51個、人生50年 と言われていた時代に、1年でも長生きしてもらいたいという切なる親の願いが込められています。」


館内はお雛様保護のために暖房が入れていなくてとっても寒かったのですが、古い冷えきった建物の中で見たお雛さま達、みんな美しかったです。

最近読んだ本

茨の木茨の木
(2008/05/19)
さだ まさし

商品詳細を見る

   「f孔」というそうだ。
   ヴァイオリンの表板にはfという文字の形がシンメトリーに二つ穿たれている

という書き出しで始まっていた。
「これは読まなくちゃ」と思い読み始めたら面白くて一気に読みました。
テンポがよくてとても読みやすいです。
スコットランドのグラスゴーに行くのですが、このヴァイオリンのルーツは実話なんだそうです。
 (スコティッシュ・フィドルだったのです)

アメリカの西部開拓時代の音楽ってケルト音楽に似ていると感じていたのだけど、そのこともこの本で納得。
スコットランドからの移民が多かったそうです。
そのころのスコットランドはとても貧しくて生活していくのが難しかったので新世界に夢を託して出かけて行ったということ。
どこかもの悲しい曲があることにも頷けます。

グラスゴーには木型職人(パターンメイカー)がたくさんいて木を扱う職人にとって自分で弾くヴァイオリンを作るのはたやすいことだったらしい。

最後の終わり方がちょっと間の抜けた感じでしたが、さださんの小説、また読んでみようと思います。






午後の音楽午後の音楽
(2008/10/23)
小池真理子

商品詳細を見る

たまには恋愛小説を。

メールのやりとりだけで書かれた横書きの本でした。
最初横書きが読みにくかったけれど、慣れました。

妹の夫とメールをやりとりしていくうちに恋に落ちていってしまうけど、
やっぱりいけないわ・・・ これで終わりにしましょう。
そしてタイミングよくロンドンで仕事をする話がきて旅立っちゃた。 お終い。 というお話。
 (私が書くと全然ロマンチックでなくなる)

このメールがすっごく文学的で長文でしち面倒くさくて・・・・
なのに最後まで読んだ。

人のメールを覗き見する楽しさ、、、、というか、こんなメールはまずないだろうからそうでもないような。
ちょっと異次元の世界を彷徨ってきた感が得られる小池ワールドでした。





音楽マル秘講座音楽マル秘講座
(2001/12)
山下 洋輔、仙波 清彦 他

商品詳細を見る

山下洋輔さんと三人の方(茂木大輔さん、仙波清彦さん、徳丸吉彦さん)との対談形式の本です。

茂木さんとの対談は面白くて読みやすかったけれど、あとのお二方は専門的で難しく、落ちこぼれつつもなんとか頑張って読みきりました。
分かっていないところ多々ありますが。

「勘所」(かんどころ)・・・ 三味線や胡弓などの弦楽器である決まった音を出す時に弦を押さえる場所
               「ツボ」とも言う。

勘所とはいい言葉。

三味線の場合、同じ勘所が二個並んでいても、ここがだめなときにはそれほど叱られないのに、こちらでやるとなぜ叱られるんだろうということがある。具体的にはそれはミとファ♯の間で起きる。
ミとファ♯はしっかりしている。
ファ♯が狂っていると、ばかだのあほだのと言われるけれども、ファのところはあまり言われない。
義太夫ではこのファの音のことを「ウレイのツボ」と言います。
「ウレイのツボ」は人によっては何種類もあると言われています。
高めのウレイか、低めのウレイか。 

難しい中にも ↑ のような興味をもって読めるところもあったのなんとか最後まで読めたのでございました。
装丁から判断してもっと軽く読めると思ったら、キツかった~。





NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場
(2009/11/05)
植松 努

商品詳細を見る

北海道の赤平というところで20人の会社経営。
リサイクルに使うパワーショベルにつけるマグネットを製造する会社。
 稼働率を下げる。
 なるべく売らない。
 なるべく作らない、壊れないものを作る
という経営方針。

「もうひとつ、宇宙開発という仕事もしています。
 ロケットがつくれるようになりました。
 人工衛星もつくれるようになりました。
 そして、世界に三カ所しかない無重力実験施設のうちの一カ所は、うちの会社にあります。」

「どうせ無理」という言葉をこの世からなくす。
成功する秘訣は、成功するまでやること。

私も頑張らなくっちゃ。




のだめカンタービレ(25) <完> (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ(25) <完> (講談社コミックスキス)
(2010/12/13)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

ついに完結。
「もういいかな」と思いながらもきっちり買って全巻揃ってしまった。




おまえうまそうだな (絵本の時間)おまえうまそうだな (絵本の時間)
(2003/03)
宮西 達也

商品詳細を見る

絵本もいいものです。

ティラノサウルスがほんとにいい奴です。


ヴァイオリン・レッスン

昨日は節分で、もう歳の数の豆を食べるのは無理(数えるのも食べるのもね)でした。

で、今日は立春。
春が近づいて来るのは嬉しい。
梅の花はもう咲いているし、レッスンの帰り(17時頃)、少し前までは暗くなってしまい車のライトをつけて帰ってきていたのに今日は明るかった。


さて、今年二度目のレッスンでした。
ちょっと間が開いてしまって、そんな時は自分は弾けてるつもりがダメ出し満載のことが多いのが常。

やはり、そうであった。

でも、久しぶりのレッスンが嬉しくて、気持ちが落ち込むことはなかった。
打たれ強くなったかな~。


音階とカイザーで45分が終ってしまった。

姿勢と音程が主でした。

姿勢、気をつけなければ!!!

音程はまだまだ甘い。

カイザー、毎回通しで弾く練習法ではダメ。(時間のムダ)
4段ずつとか決めて、その日はそこだけを徹底的にやる。
移弦は最も近い場所で、弓の角度に気をつけて、他の音が少しでも混ざったらダメ。
これはカイザーに限らず曲ででも同じこと。
部分練習を大切に行うこと。

一生懸命レベルアップさせようとしてくれる先生に感謝。

「姿勢だとかプロになるのでないのにそこまで? と思うかもしれないけれどやはりそこが大切なので」
と終了後に言われました。
私はレッスンは厳しくしてほしいのでそこまでしていただけて嬉しいです。

時には「楽しくない・・・」と暗い気持ちで帰路につくこともあるけれど、それも時が経つと忘れてしまう。



一向に先に進まず同じことばかりしてますけど、それを発散するのがアンサンブル。
こちらでは姿勢もボウイングも崩れまくってると思いますが、なんとかついていけるようになってきて楽しく弾いています。
いい仲間に恵まれて音楽が出来ること。 幸せです。

先日の練習で 「休符も音楽ですからしっかり休符を感じて!」という注意にグサリときた。
ちょっと一息、みたいな感じだったから(笑)
特に合奏ではみんなで呼吸をして合わせないとならないから「ちょっと一息」はまずいなと猛反省でした。

RED

「RED」(RETIRED EXTREMELY DANGEROUS) → 引退した超危険人物


マンガみたいで面白かった。

おじいちゃん、おばあちゃんが元気いっぱいに暴れまくっていました。

一見普通のおばあちゃんだったヴィクトリア(ヘレン・ミレン)が突如豹変して銃を撃ちまくりかっこよかった。

見終わって特に感じること無し。
感動も無し。

でも面白かった(笑)
プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク