プラダを着た悪魔

面白かったです。
どうしてあんなブランド物の高級な服をたくさん買えるんだろうとか考えずに見るのがポイント。

アン・ハサウェイが可愛かった。
少女マンガみたいに大きな目。
最初は着る物にも無頓着な普通の女性ってことらしいけど、あんなに可愛くてスタイルもよかったら、何を着ていても素敵です。

メリル・ストリープ演じる編集長は仕事ができてかっこいい女性ではあるけど、仕事ができるからなんでも有りなのかって思う場面多々。

「15分後にステーキを用意して」
と言って立ち去る。
アン・ハサウェイが走り回って用意して机に置いたら戻って来て
「なにこれ? これからランチに行くから」
って行って出かけてしまう。

だから「悪魔」なんだろうか?


女性はカッコよかったのに、この映画に出てくる男性は冴えなかったのは残念。



スポンサーサイト

コメント

ふふ・・

ヨーロッパの女性って綺麗な人が多いのに比べ、男性って、あまりかっこよくない・・
だって、フランス映画の女優さんてメッチャ綺麗な人が多いのに
男優ってさ、それなりの人が多い~(笑)
男性は引き立て役に徹してるのかしらん~(笑)
アタシも見たいな~
メリル・ストリープ、好きなんよね・・
実際にいる人がモデルなんだってね~凄いわ・・(。◔ˇ艸◔)゚プッ

メリル・ストリープ

かっこいいよね。
この映画の中で、スッピン!?みたいなとこあるんですよ。
へえ~、化粧しないと、こんななんだ・・・・と。
私ももう少し上手く塗ってみたら化けられるかな?なんて思っちゃった。

実際にいる人がモデル。  げ~っ、こんな人実際に~~!!
人使い荒いですよ。
自己中ですよ。
映画だから面白かったけど~。

ヨーロッパの男性

イタリア人とか カッコ良くないか?
むかし仕事とかで知り合ったイタリア人は、老いも若きもカッコ良かった(気がする)。

それにしても、メリル・ストリープ良いよね~。好きです。
『愛と哀しみの果て』とか6回も観ちゃった。
彼女、昔は「頑張るけど報われない女」とかを演じることが多かった気がするけど、最近はいろんな役をしてるのね。
スッピンの彼女、見てみたい (恐いものみたさか(笑))

よっ!

v-40ここでは「はじめまして」かな?

「プラダ~」アタシも見たよぉ~。
先々週のレディースdayだったかな。
職場の同僚・後輩引き連れて。
劇場満員でしたね。

アン・ハサウェイは「プリティ・プリンセス」で、知りました。
「2」では、ジュリー・アンドリュースと競演。
マットレスを使った「階段すべり」をしている姫を見て、
「アタシも飛ばせて」という皇太后がジュリー。
「おばあさまも飛んだ事あるの?」
「えぇ、若い頃、傘でね」
…これ「メアリー・ポピンズ」の事だよねぇ。
粋な台詞に思わず、うふふ。。。

今回の「プラダ~」は、お洒落なお洋服も見所だけど、
働く女性への「エール」でもあるよね。
主人公の同僚が、残業を余儀なくされた時、
「私は仕事が好き、私は仕事が好き」と、暗示(?)をかけるシーン、
自分とオーバーラップしたもんなぁ。
アタシの口癖
「頑張れBeeさん、辛いのはオマエだけじゃない」だもん。

悪魔は、ドコの職場にもいるさ。
ここにでてくる「仕事ができる」ヤツならまだ許せるが、
ロクに仕事もできないくせに、根拠のない過剰な自信を振りかざし、
人を威圧するような「魔女」がね。

そうそう。
レディース・dayだというのに、のこのこついてきた後輩@♂
「男の人が見てどう?」と尋ねたら
「いやぁ、なかなか面白かったっすよ」と、にっこり。
だそうなんで、い~ぐるどうよ?

老いも若きも

特に老いてカッコいいっていうのは、本当にカッコいいね。
メリル・ストリープ、6回も見ちゃうほど好きなのね~。
「プラダ~」レンタルになったら是非見てください。

私は「頑張るけど報われない女」は絶対に嫌だよ。

Beeちゃ~~ん

v-17きゃ~、びっくり & うれしい~

相変わらず映画、たくさん見てるみたいだね。

そうそう、悪魔はどこにもいるよね。
私のようなパートでもそう思うんだから、フルでお仕事しているBeeちゃんは尚更でしょう。

来週は「エラゴン」を観に行く予定です。
だからまたここに遊びにきてね~

イタリアの男性・・

そっか・・イタリアの男性はセンスがよくてかっこいいわ~
なんていうか・・フランスの男優がかっこ良くなかったのかも??
てか、好みじゃない??( ̄▽ ̄A フキフキ…

食事も

おフランスよりイタリア~ンの方が好みだわ~。

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク