ヴァイオリンレッスン*34回目

いつも予想外に手間取ってしまう基礎練習が、今日は弓の震えもだいぶなくなってきて、すんなり終えることができた。
と言っても、まだまだ弓を乗せきれていないし、音程も不安定。
でも、練習の方向が自分なりに見えてきたという感じがしてきている。


第一ポジションの練習でひとつ出来ていなかったものをやる。
なぜか一発で出来た!!!

しかし・・まぐれでたまたま調子良く出来たことが私の顔に出ていたらしい。。。
分かりやすい性格である。

それであと二回やってみる。
まぐれ効果は私に自信をもたらし、レッスンの場で上手く出来るようになった。
めでたし、めでたし~。

「よく練習しましたね、いいですよ」と、クリアー。



曲は前回と変わらず。

そして、細かな注意を受ける。

スタッカートで弓を使いすぎるので、弓の節約。

ダウンの伸ばしの音になると、音が不安定になる。
意識して、より丁寧に弾く。
弓が足りなくならないように、考えて弾く。

指が回らない、とどかない、という時は、そのままがむしゃらに続けないで、楽器を置いて指の運動をして指を開きやすくするとよい。

今日はそれを教わって、その後楽器を持ったら、不思議なことにちゃんと指がとどいた。
運動効果大である。

移弦がまだ確実にわかっていない。
ということで、先生が弓を持って弾いてくださる。
私は左手を動かすだけ。
これはとっても動かし方がよく分かる。
自分がどう間違った動きをしているかがはっきり分かる。

「一生懸命に弾いているのはとてもよく伝わってくるんですよ。
でも、ムダが多いんですね」

という先生からの指摘がとってもよく分かった今日のレッスンだった。

上手な人が弾くと簡単そうに見えるのは、ムダがないからなんですね。


「頭を使ってくださいね」
と先生は言われます。
これでも考えて今までやってきたつもりではあるけど、先生もこの言葉をよく言われたそうです。
頭つかってるのに・・と思ったそうですが、指導する立場になってみると
「本当に、頭つかってよ~、と思っちゃうんですよ」
と笑っておっしゃっていました。

食べ物の消化・吸収は早い私であるが、ヴァイオリンレッスンの消化・吸収には異常に時間がかかる体質のようだ。

まぁ、人生、ムダがあるから楽しいんだ。
だからムダだらけの私のヴァイオリンはとっても楽しいのです。
(上手くまとまった・笑)
スポンサーサイト

コメント

ジグソーパズル

中学生の頃を思い出しますです。

学校の勉強が面白くなり始めて、
バラバラだった頭の中のピースが、
「カチャカチャッ」とくっつき始めた頃でしたな。

noriさんも、そういう時期なのでしょうか。。。

それにしても、
あの小っちゃなバイオリンの上で、
「ムダ」なく動かすとは、しんどそうです。

学校の勉強は・・・

面白くなかったけど、ヴァイオリンは下手っぴぃでも面白いのですよ。
ヴァイオリンって大きな人が持っていると本当に小さく見えて、同じサイズの楽器とは思えないときがあります。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク