ヴァイオリンレッスン*35回目

狩人の合唱

何度やっても出来ない「シラソラ」の16分音符スラー。
今日はこれが出来るようになった。
先生が弓を動かしてくれて、私は左手だけ。
これで弓の動き(向き)が分かった。
「シラ」を弾いている時に3、4の指をD線の上に準備しておくということ。
弓をしっかり動かして弾くこと。

自分でも驚くほどきちんと「シラソラ」が弾けて、今日はこれが出来ただけでももう満足のいくレッスンでした。

出だしの「ソラシド」の16分音符は「シド」が速くなるので丁寧にしっかり弾くこと。

最後の「シーソシレー」のソをはっきりと。
D線に弓を乗せてから弾く。

以上のことを注意して、来週は仕上げです。



ロングロングアゴー

家では必ずどこかで違う音が入ってしまったり、音がかすれたりで、まだまだだなと思ってレッスンに臨む。
弓を弾く方向の注意を受けて、「あっ、こうなんだ!」と出来てわかったことがきっかけで、きれいに弾けるようになった。

「では、最初から弾いてください」という先生の言葉に、「もしや、これでノーミスだったら合格なのかも・・・」と邪念が入る。
ガラスのハートも回を重ねるうちに少しずつ強化されてきたようだ。
崩れそうになってもなんとか持ち直し、ギリギリセーフで合格
レッスン前と後では、全く違う演奏となった「ロングロングアゴー」でした。



ブラームス:ワルツ

ポルタートとテヌートの違いを気をつける。

「シーソ ソシ」の「ソシ」が強くならないように気をつける。



今日は出来ないところが克服できて、充実したレッスンでした。
スポンサーサイト

コメント

レッスンの中で

大きく成長するってのは、本当に指導がよいのですね~

ところで、
ポルタートとテヌートって、どこが違うんでしょう?(笑)

どこが違うんでしょう・・・?

音をやわらかく切って弾く VS  音を十分に保って弾く

この対決の行方は如何に・・・・

似ている!
「類似品にご注意ください」デスネ。

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク