フェスタサマーミューザ 東京交響楽団 フィナーレコンサート

   プログラム


ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」より ハンガリー行進曲

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

ペレグリ:クリザリッド

サンサーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 (Vn.神尾真由子)

ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲


 アンコール ビゼー:「カルメン」第1組曲より 闘牛士



ミューザへ行って来ました。
このコンサートのチケットをとった時は、神尾真由子さんを知らなかったのですが、6月のチャイコフスキーコンクールで優勝されたのでとても有名に。

ピンクのドレスが似合う可愛い女性でした。

指揮者は、大友直人さん。
神尾さんが10歳の頃から共演しているのでもう長いお付き合いということ。
今日はサンサーンスの協奏曲でしたが、これは始めての演奏曲目ということでした。


プログラムはフランス音楽。

ヴァイオリンのソロの次に主役だったのは、フルート。
「牧神の午後~」はもちろんのこと、全体的にフルートが前面に出ることが多いプログラム。

「ダフニスとクロエ」が管楽器が鳴り響いて、好きなサウンドでした。


ヴァイオリンのソリストの音って、どうしてあんな圧倒的な音がでるのだか、本当にすごいです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク