ヴァイオリンレッスン*74回目

2008年、レッスン始め


音階と分散和音、ポジション移動

音階、4の指、頑張って伸ばす。
まだ伸びるから、普段から伸ばす運動をすること。

先生の手、薬指と小指の間の水かきに当たる部分のところが、左手はとっても薄い。
右手と比べると全然厚みが違っている。
そして、握りこぶしを作ると、左手の小指下のところがエクボのようにへこむ。
伸ばそうとして訓練すると、伸びるし、筋力がつくという。
努力すれば、必ずできるようになるのだ。
子供で4の指に悩む子はいないという。
「ダメだ」「出来ない」と決めつけないで、頑張る大人になろう。

ポジション移動。 移動しても同じ間隔で押さえると音程が合わない。
上がる時、下げる時、意識して押さえること。



バッハ:ガヴォット

前半のスタッカートよくなった。
(fのスタッカートで弓元で弾く)

その後のpのスタッカートは弓先で弾く。
それが甘いので、置いてから弾くことを強く意識すること。
練習の時、リズム通りでなくていいので置いてから弾く(ゆっくり練習)
何度もやるうちに右手が自然に動くようになるので、体が覚えるまでゆっくり練習する。



さて今日は、先生からお土産をいただきました。

「博多通りもん」デスヨ。
のだめちゃんが 「モンドセレクションで金賞をとったんですよぉ~」って言って、美味しそうに食べていたあの「博多通りもん」
「明月堂」っていう会社のお菓子なんですね。
  (明月さんを連想しました。NAOTO~♪)

そんなことで、このあいだ放送されたドラマの話になりました。

先生は指揮者コンクールでオケで弾いたことがあるそうで、音楽家、特に指揮者というのは人徳が大切だと言っていました。
ドラマでの話はとてもよくわかると。
団員に嫌われたらかわいそうですね~。


スポンサーサイト

コメント

呼ばれました!(笑)

ハーイ!!
博多通りもん、美味しいですよー!さすが明月(堂)☆
NAOTOと一緒に思い出していただいて感激至極☆デス!!

>「ダメだ」「出来ない」と決めつけないで、頑張る大人になろう。
なんてステキな言葉!!
私もこの言葉を胸に頑張ろうと思いました~!!

こんにちは~

読んでいただけて、こちらこそ感激です。

博多通りもん、思ったより小さくて可愛いお菓子でした。
あの大きさはちょっと危険です。
つい、「もうひとつ食べちゃおう。小さいしさぁ~」
などと言い訳をしながら食べてしまうですね。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク