ヴァイオリンレッスン*87回目

基礎練習

B♭-Durの音階は、先々週までのA-mollに比べると弾きやすく、意外とすんなりと弾けた。
でも1弓8音はまだまだ。
焦らないでしっかり弾けるようにしたい。

「A線のミ(4指)が♭だから、弾きやすいのでしょうね。
 でもA線シ♭(1指)→ D線ラ(4指)
 D線ミ♭(1指)→ G線レ(4指)
 は、間隔が広いのになんの問題もなく弾いていますよねぇ」  と、先生。

言われてみればその通りで、自分でもとっても不思議だった。
どうやら私の「4の指苦手意識」 はA線ミ限定の苦手意識だということが今日発覚した!!
普通に気にせずに弾けば、ちゃんととどいているのだ。
4の指がとどかないで苦労している人はD線、そしてG線が一番とどきにくいらしい。
っていうか、構造上そうなることも分かる。
「苦手意識」恐るべしである。
先生も不思議ですね、と笑っておられました。
変な私 (爆)




ザイツ:協奏曲 第2番 第3楽章

一通り弾いてみるが、今日もあの速い場所が弾けなかった。
そこをまたまた集中的に練習。
ソ~レファソシ と弾くところ、粒を揃えて弾けない。
シの音までしっかり弾く。 「逃げないで弾く!!」と弾いている横から先生が言う。
自信のなさが「逃げ」になっているんだ。
思いきって弾こう。

それから最初に戻って「お掃除をしてきましょう」ということで
こまかくチェックをしてもらう。
かなり整理できてきたような・・・・気がする。

曲の雰囲気はよくなっているので、来週仕上げましょうということ。
ガンバルンバ。



楽器のこと

サードポジションで音階練習や短い曲の練習をしている。
ファーストポジションの時と同じボーイングで弾いているのに、出る音がきれいじゃない。
音になっていないというか。
サードポジションでは駒寄りで弾くのだが、私のヴァイオリンはかなり駒寄りで弾かないと
音が鳴らないことがわかった。
きれいに鳴る場所がすごく狭いと思う。
ちょっと指板寄りにいくと鳴らない。
楽器によって、それは違うのだという。

初心者でもいい楽器を使った方がよいというのが、こういったことなのかなと思ったりする。
いい楽器って、弾きやすい楽器ですね。
私のヴァイオリンもファーストポジションでは弾きやすいんだけどな。
でも先生も楽器を悪く言ったりしないし、これはこう、ということでちゃんと弾いてあげればいいことなんだよね。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク