ヴァイオリンレッスン*90回目

新緑の五月、今日はよい天気。

二日前に胃腸系の風邪で一日ぐったり、ヴァイオリンを弾く気にもならずに過ごす。
しかし驚異の回復力によって、今日は元気いっぱい。
たまに風邪をひくと、元気であることはなによりもあり難い事だと健康に感謝する気持ちになる。
いつもそれを忘れてはいけないんだよね (でも、忘れる・・・)


音階
フラジオレットの練習

ザイツ:協奏曲 第5番 第1楽章


左手の小指、指先で押さえるのでなく、付け根のほうから押さえる
 (これはとても意識していたことだったのに、すっかり忘れてしまっていた)

中指と薬指、薬指と小指の間隔を広げる体操(ストレッチ)をして、やわらかく動くようにする。
 (これも同じく、最近やっていなかった)

いけない、いけない。 ちゃんと継続していかなくては。


弓が曲がらないように弦と弓の接点を見ながら弾くようにしていた。

「それはとっても大切なことだけれど、目だけでなくもっと耳を使いましょう」

という先生の言葉が今日一番 はっ!!と思ったこと。

楽しく弾こうというのが一番の思いなのに、音のことよりも指板のここを押さえて、弓を曲がらないように動かして・・・と、機械的な頭になっていたと思う。

実際に見ないようにして弾いたら、なぜかその方が音も音程もよかった。

耳だよな~。  なんでそんなこと忘れていたんだろう。


来週までに練習箇所はたくさんあるが、音を聞いて、耳を使って、そして楽しく弾こう。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。

こんにちは。
かなり以前におじゃましたにゃんこです。

フラジオレットですか。難しいですよね~。
笛みたいな音色だから、ちゃんと弾けてるんだか
どうなんだか、よくわからなくて。

私の先生は、なぜだかフラジオレットとトリルを既に教えたと思い込んでいて、
フラジオレットとかトリルとか入っている曲をどんどん課題に出すので、困っています。
教えてもらってないなんて何となく言い出しにくくて、両方とも独習です。。。(悲)

にゃんこさん、こんにちは

フラジオレット、音は出るんですけど、ふつうに弾くのとフラジオレットを交互に弾く課題をやっていて、これが混乱するんです。
押さえる、触れる、押さえる、触れる・・・・ 左手が迷いだし、左手に集中するとボーイングがトホホになるという悲惨な状況になります。
こんなことやっていると、普段使わない頭を使い、指の運動もするわけで、ボケ防止にいいと思ったりします(笑)

教えてもらっていないことは、どんどん質問するといいと思いますよ。
私なんて教わったことでも再度聞いたりしていますけど、先生はそれを嫌がったりはしないです。
頑張って言ってみましょう~。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク