ヴァイオリンレッスン*92回目

今日は寒かった。

先週はエアコンをつけるほどに暑かったのにな。
季節が行ったり来たりしている感じだ。


  ザイツ:協奏曲第5番 第1楽章

合格~

今の段階ではこれでよし という事だと思いますが、
ポイントを押さえれば次へいかせてくれて、意欲も出てきます。
かなり回数も弾いたので、飽きてきてましたので。




  ザイツ:協奏曲第5番 第3楽章

前半を弾く。

跳ねるスタッカート を習う。

跳ねやすい場所(弓)があるので、そこで弾けるように考えて弾く。

先生が弾くのを聴いて 「あ~、こんなにいい曲だったんだ!!」と思う。
私が弾くのとは違う曲みたいだった。 ぎゃぼっ。

「センスが問われますね」 と先生。
うぅ、、 困ったセンスである。
イヤ、それなりにはあると思うんだ、センス。
歌えばそれなりかと・・・。
思うように弾けないのだ。

後半の重音。
これは何度もやるしかない。
最初はスラーをつけなくてよいので、音をしっかり出せるようにする。


レッスン後、家に帰り早速重音にチャレンジ。
音程、微妙にずれてる。
すると犬(ラブラドール)がなにやら呻りはじめる。
遠吠えとは違う、歌っているかのような声。
バイオリンと犬の両方がうるさい。
しばらくは、こんな練習なんだろうか。
きれいに弾けば、呻らなくなるのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク