バボラークと仲間たち

アンサンブルシリーズ2008 第1回       (ミューザ川崎)


     プログラム

モーツァルト : ホルン五重奏曲 k.407 (Hr,Vn,2Va,Vc)

ツェムリンスキー/バボラーク編曲 : 狩の組曲 (2Hr + 弦楽四重奏)

ベートーヴェン : 六重奏曲 op.81b (2Hr + 弦楽四重奏)


モーツァルト : ディヴェルティメント 第7番 k.205 (2Hr + 弦楽三重奏)

ターナー : ホルンと弦楽のためのソナタ  (Hr + 弦楽四重奏)


   アンコール 2曲  (曲名不明)


ホルンの名手バボちゃん(バボラーク)と 2ndホルン ヤン・ヴォボジル

1stヴァイオリン、 ローレンツ・ナストゥリカ   2ndヴァイオリン、 アイーダ・シャブオヴァ

ヴィオラ、 ヴィルフリート・シュトレーレ    チェロ、 ハナ・バボラーク・シャブオヴァ

6名の出演です。


ホルン、バボちゃん、本当にすばらしかった。

そして弦楽アンサンブルも素敵。

ベルリンフィル八重奏団のメンバーでもある1stVnナストゥリカさんと Vaのシュトレーレさんは
以前やはりミューザで聴いたことがありました。

ホルンのための曲といっても、やはり1stVnは花形です。
ナストゥリカさんの弾く姿、大好きです。
エネルギッシュで、でも繊細で。
前半はなんだか気難しい顔で弾いていらっしゃったけど(なぜか以前のベルリンの時もそうでした)
プログラムが進むにつれにこやかになってきて、とってもいいお顔でメンバーの方たちとアイコンタクトをとりながら楽しそう。
アンコールの時はノリノリでした。

今日の主役、バボラークさん。
バッハの無伴奏チェロ組曲をなんと全曲、ホルンで吹かれるという神様のような人。
(今日のプログラムにはないですが、サインも欲しかったのでCDを購入♪)
ホルン(楽器)はキンピカじゃなく、学校の音楽室にあるような色をしていました。
もちろん、きれいに磨かれていましたが。
温かく包み込むような音色。
タンギングがすごい。 どうやったらあんなふうに吹けるのだろう?

私の席は最前列のC26  中央からやや右寄りで、この席はなんとバボちゃんと一番近い席だったのです。
ホールで聴いている人の中で私が一番バボちゃんに近かったのです!!
見えすぎちゃって困るくらい見えました。
演奏時は1メートル半くらい、 ご挨拶で舞台に立たれるときは、すぐそこ。
最高の席でした。

ご挨拶の時はどのメンバーとも目が合いまくりで、なぜか照れる・・・。


1曲目のモーツァルトが終わった時、遅れて来て最前列の席に座った少年がいました。
彼はホルンを持っていました。(ケースに入れて)
バボちゃんとナストゥリカさんはそれを見て嬉しそうにニコニコして、ホルンケースを指差しながら
「おお、ホルンやっているんだね」って少年に目で伝えていました。
心温まる光景。

紹介する時も「バボラークと、オトモダチデス」と言っていましたが本当に仲のよいアンサンブル。
サービス精神もあります。
1stVnの譜面は譜めくりの必要がないように4枚の楽譜をテープでつなげて(さらに小さい紙でつけたしたりしていました) それを譜面台に乗せるのがバランスをとりながらでてこずっている。

「イチ・ニィ・サン・シィ」とわざと聞こえる様にいいながら、ナストゥリカさんが譜面を並べ
落ちそうになって
「キケン!!」   すかさずバボちゃんが 「ガンバッテー!!」
なかなかいいコンビ。


曲はターナーのソナタがドラマティックでよかったです。
(どれもよかったですが)


終演後はサイン会。

バボちゃんにはCDにしてもらって、他のメンバーの方たちにはプログラムに書いてもらいました。
サインが6つも、お得なサイン会でした。




購入したCD   お薦めです。 すごいで~す。

バッハ:組曲第1~3番<無伴奏チェロ組曲ホルン版>バッハ:組曲第1~3番<無伴奏チェロ組曲ホルン版>
(2007/10/24)
バボラーク(ラデク)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

バボちゃん・・・バレーボールじゃないのね(笑)
noriさんすごーい。千住真理子さんといい、コンサート三昧ですね~~♪(いいな~)

ホルンが主役のコンサートって、あまり聞かないような・・・?すごく楽しそうないい雰囲気のコンサートで良かったですね~。寿命が延びたかもよん(?)

そういえば、「見えすぎちゃって困るわ~~」
・・・とかいうCMが昔ありませんでした?(~_~;)

ゆみさん、「見えすぎちゃって困るわ~」 ありましたとも~~!!
いつ頃だったでしょうか?
ついこの間だった気も・・・・ (爆)

私もこういう編成ははじめて聴いたのですが、ホルンの温かな音に包まれて、弦楽器の音も心地良かったです。

日本では「バボちゃん」って呼ばれているようなのですが、温厚で人の良さそうな笑顔の可愛いお方でした。
かぶりつき席だったもので、息づかいやら細かな音、なんだか生々しい演奏を聴くことができました♪

今月は贅沢していまして、来週の月曜は舞台を観に行きます。
たまにはこういうこともいいですよね。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク