ヴァイオリニストの音楽案内

 
  高嶋ちさ子:著


ストラディヴァリウス(ルーシー)を所有してるヴァイオリニスト、高嶋ちさ子さんがお薦めのCD50枚を、曲や作曲家、自身のエピソードを織り交ぜながら紹介している楽しい本。

高嶋さんの飾らない気さくな人柄が好きですが、この本はそんな彼女らしい面白い本でした。

紹介されているどれもを聴いてみたくなります。

クラシックの曲はオケ、指揮者、ソリストなどによって同じ曲でも演奏はいろいろ。
どれを聴いたらいいのか分からないので、とても参考になりました。




「どうしたら緊張なく弾けるのでしょうか?」と先生に指導を仰ぐと

「そんなの僕が聞きたいよ。
 みんな緊張するんだよ。
 人前で緊張しないような無神経な奴は、逆に音楽という繊細なものに
 向いてないね」

先生は続けて
「100%の演奏をしようと思ったって、出せる力は40%ぐらいなんだよ。
 だから200%練習をしておけば80%は出るでしょ」

練習は自分を裏切らない。 ということだと。


私って、音楽に向いているんだ。 緊張するもんね。(笑)
レッスンで先生の前で弾くだけでも緊張する。
練習の時みたいに弾けるといいけどな・・・と思う。
200%の練習をして臨めということね。
とっても分かる言葉です。
スポンサーサイト

コメント

200%の練習ってアータ、昼間お仕事してたらあかんで(^^;

追伸:バイオリンの先生って男性だったのね。ずっと女性だと思ってたhttp://blog55.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

これは「本」の話だよ~~。
私のヴァイオリンの先生は女性よ。
女性と思っていてOKだってば~。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク