川久保賜紀 ヴァイオリンリサイタル 

     5/2   横浜みなとみらいホール

                      ピアノ:江口 玲

   プログラム

ベートーヴェン : ヴァイオリン・ソナタ第5番 「春」

サン・サーンス : 序奏とロンド・カプリチオーソ


バルトーク : ルーマニア民族舞曲

サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン

クライスラー : 美しきロスマリン

クライスラー : 中国の太鼓

ラヴェル : ツィガーヌ


     アンコール

 モンティ : チャルダッシュ

 ピアソラ : オプリヴィヨン (忘却)



川久保さん、美しく可愛らしく、ピンクのドレスがとってもお似合いでした。


席は2階左手のバルコニー席1列目。
お顔を正面から見られないのは残念なのですが、この席はボーイングを見るにはバッチリの席で、
私にはとてもいい席でした。

「スプリング・ソナタ」、 ピアノの音にヴァイオリンが負けている感じで、2階席だからかなと思いましたが、プログラムが進むにつれ、そんなことがなくなっていき、
「ツィガーヌ」ではよく鳴っていたと感じました。

「ツィガーヌ」 今までこの曲をいい曲だと思ったことがなかったのですが、
川久保さんの演奏を聴いて、好きな曲になりました。

中盤を過ぎたあたりで 「グゥオン!」という音がし、どうしたのだろうと思った瞬間ピアノも止まりました。
なんとヴァイオリンの弦が切れたのでした。
静寂の中、川久保さん、少しも動じることなく会釈をしながら舞台を去り、
そして、途切れたところからまた演奏を再開。

弦が切れるハプニングに遭遇したのははじめてのことでした。
何事もなかったように対処でき、すぐにまた曲の中に戻っていけることが凄いと思いました。

「フレッシュ」 「ナチュラル」 そんな印象をもった川久保さんのヴァイオリンでした。


私の左横には80を越えたと思われる老夫婦。
おじいさんは曲が始まると椅子に浅く座り身を乗り出して見るので、とっても目障りでした。
川久保さんが見えな~い。
でもまあ、全曲をその姿勢で貫くことは無理だろうと思いジッと我慢をしていると、
1分ほど経つと、こんどは椅子に深く座り寝てるみたいになるのです。
結局この繰り返しで、落ち着かないじいさんだった!!
「不運だ、こんなじいさんが横だなんて」と思いました。

「ツィゴイネルワイゼン」が終わると おばあさんがしゃべった。
「これ、アレンジしてるわよねぇ」

じいさんが答える
「ああ、ハイフェッツのとは違うなぁ」

「ふぅ~ん、そうなんだ~」 ← 私(心の中で呟く)


右横の男性は 川久保さんの大ファン丸出しで 曲が終わるたびに 爆音で拍手するのでした。
「うるさいんですけどぉ・・・・」

いろんな人がいます。


終了後のCDサイン会。
はい、いただいてまいりました。
このジャケット素敵で、ジャケ買いしました。
メンコン、チャイコン です。
nori撮影 243

スポンサーサイト

コメント

川久保さん

こんにちは!

川久保さんのコンサート、行かれたのですね。
川久保さんも、ピアノの江口さんも、二人とも大ファンなので、新幹線に乗って聴きに行こうかと、随分迷ったのですが、GWの混雑に負けそうだったので、断念しました。

ところで、隣の席のオヤジ、迷惑ですよねー。
何度も頭を動かす、大イビキをかく、やたらと姿勢よく座って視界を遮る、口をふさがずに何度も咳やくしゃみをする、迷惑行為は、たいがい年配のオヤジです。

私も、以前、せっかくジャナンドレア・ノセダ指揮のオケを聴きに行ったのに、隣の席の男性が指揮をして、目ざわりで演奏に集中できなかった。お前が指揮するな!って言いたかったけど、最近逆切れの殺人事件とかあるので、注意するのも怖いし。。。

コンサートの代金、返せ!って言いたくなりますよね。

座席の明暗

にゃんこさん、こんにちは~。

このコンサート、江口さんもカッコよかったです。
安心感がありますね。
私の席からは鍵盤もよく見えたので、ピアノを見るにもいい位置でした。

ジジイがいなければ尚よかったんですけど・・・(笑)

でも、指揮をする人じゃなくてよかったです。
そんな人がいるなんて驚き!!!

せっかくいい席だと思っていっても、周りにどんな人が来るかで最悪になったりしますから、怖ろしいことです。

NO TITLE

川久保さん、CDでも舞台でも演奏を聴いていない勉強不足の私ですが、確か、菊田さんのバイオリンを弾いたTVをやった方でしたよね?
(そのTVはちらっと見ました。定かではありません。。。)

プログラムは、バイオリン歴1年の私としては、有名どころで魅力的です。

問題は、「じじい」だったんですね^^;?
このごろ、世間でマナーの悪い人は、むしろおじさん&おじいさんに多い気がします。
にゃんこさんに全く同感です!!!
こういう「じじい」に限って、挨拶もロクに出来ないのだっ!
ボーッ!!!(火を噴いた音です^^;)

>>「ああ、ハイフェッツのとは違うなぁ」
→「分析してレポート出せっ!」って言ってやりましょう^^;!
(そう言いながら、気になるのでハイフェッツと川久保さんのCDを聞き比べてしまいそうな私です^^;)

そうそう、CDサイン会に行くnoriさんはとっても想像できるのですが、ジャケ買いするとは思いませんでしたわ^^! うふっ!!

ピアノの江口さん

人様のブログで、汚い言葉で高齢男性をひとくくりにして、ののしってしまい、すいませんでした。
仕事上でも、常々、高齢男性のわがままには、ほとほと手を焼いているものですから、つい。。。

ところで、江口さんのピアノ、いいでしょう!?
私は、どんな大ピアニストよりも、江口さんのピアノの、何でもないフレーズに、心の琴線をブルブル揺さぶられます。また、共演者を優しくサポートする彼のまなざしにも、心があったかくなります。

確か昭和38年の早生まれの方で、同世代の人が世界的に活躍されているのを見るのは、何だかとても嬉しいです。

♪ ゆいさん

BS放送、ご覧になったのですね。

そうです、その番組に出ていらしたのが川久保さんです。
映像よりも格段可愛い方です。

マナー問題、誰もが思ってますね。
若い人が行くコンサート(葉加瀬さんとか)や、演劇では マナーの悪い人に遭遇することがあまりないです。
あのお決まりのような咳払いも クラシックがひどい。
年をとると無頓着になるのでしょうか?
  (私も気をつけねば・・・・  爆)

>CDサイン会に行くnoriさんはとっても想像できるのですが、ジャケ買いするとは思いませんでしたわ

あはは・・。 私、ミーハーです。
要領もよく CDは開演前か休憩時に購入し、終了後はすぐに並びに行きます。

♪ にゃんこさん

江口さん、はじめて聞きましたが

>共演者を優しくサポートする彼のまなざしにも、心があったかくなります

本当にその通りですね。

弦が切れた時も、江口さんは見守っているという感じで、立派なサポートでした。


それから、コメントに関しては、不快な文章ではありませんし、私も同感だと思うので全然問題ないです。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク