ヴァイオリンレッスン*9回目

今日のレッスンは本当に楽しかった。


課題の「ロングロングアゴー」と「アレグロ」は共に合格


相変わらず、恒例の弓の持ち方の指導を受ける。
ほんとに何回言われれば分かるのかね~アタシ。

曲については細かいことを言えばたくさんあると思うんだけど、
とりあえず今のレベルではオーケーということで合格ですね、きっと。

何が楽しかったかというと、二曲とも先生がピアノ伴奏をいれてくれた。
そして、先生もヴァイオリンを弾いてくれて、リズムを刻んだりハーモニーをいれてくれたのです。

このヴァイオリン伴奏はピアノよりさらに上手くなった錯覚現象が顕著に現れる。
もう自分で弾いていながら、「なんていい曲なんだろう」と酔いしれてしまうじゃん。

「アレグロ」なんて一人で弾くとどことなく「むすんでひらいて」に似ていて好きじゃない曲だったのに先生のヴァイオリンが入ると大好きな曲に変わってしまう。
魔法だ

私の音程が悪くて先生の音と合わないとものすごく気持ち悪い音になるけど、二回目の時は「上手、上手~」と先生も言ってくれるほど音程も合わせられて嬉しかった。


さて、次の課題は鈴木鎮一「無窮動」

八分音符ばかりの曲です。
左手で押さえる際、3の指(薬指)は大切。
3の指で押さえる音は隣の弦と共鳴するため。

4の指(小指)は手が小さい私にとって押さえるのが大変。
同じく小さい先生はお手本と違って小指がピ~ンと真っ直ぐ伸びた感じで押さえてる。
指を丸めた感じで押さえるなんて、指の長さが足りないんだから無理なのだ。
先生方式を採用してみると、いい感じ。

これだ!!
私もこの押さえかたでいくことにする。


曲以外の練習。

なんと重音の練習。
重音なんてまだまだ先だと思っていたのに。
できないよ~~。

「出来ないと思うのがいけないんです。平常心、平常心」
とあっさりと言う先生であった。

平常心で一週間、練習を積むぞ~~。

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク