読売日響 第482回定期演奏会

5/28 サントリーホール


   プログラム

シベリウス : 組曲 「レンミンカイネン」op.22から
              
           トゥオネラの白鳥
           レンミンカイネンの帰郷

プロコフィエフ : ヴァイオリン協奏曲第2番   (Vn:バーナバス・ケレマン)

                アンコール
       バルトーク : 無伴奏ヴァイオリンソナタより 「プレスト」


ラフマニノフ : 交響的舞曲 op.45



ヴァオリンのバーナバス・ケレマンさん、1978年、ハンガリーの生まれ。
1742年製グァルネリ・デル・ジェスが貸与されているそうです。

一見、ヴァイオリニストには見えない。
髪型がビーバップハイスクールでした (笑)

プロコフィエフもよかったですが、アンコールでのバルトーク無伴奏がすっごくかっこよかった。
それを聴いただけで、「いい演奏会だったな~」と思いました。


休憩の時間。
なんとケレマンさんが客席にいらっしゃった!!
近くで見られた♪
漆原朝子さんとお話されていて、そのまま客席にお座りになり、後半の演奏を聴いておられました。
私の席から横顔が見えた。 


ラフマニノフ 「交響的舞曲」 は サックスとピアノもはいり、ド派手な曲でした。
テンション高いんですけど、延々派手だとそれに慣れ、まどろみがやってくる。
後半、気持ちよくトロトロしていたら、ラストにドラが鳴り響き、目が覚めました。
ティンパニもバンバン鳴り響いて、豪快に終わりました。

そういえば、インフルエンザ騒ぎはいつのこと?
マスクしている人は限りなく少なかったです。
スポンサーサイト

コメント

バーナバス・ケレマンさん・・・

というバイオリニストを初めて知りました^^;
ハンガリー人なのですね。
ハンガリーと言えば、親日の国でしたっけ?

世界中で、若いバイオリニストが頑張っていると思うと、この中から突出してきたり、ながーく名演奏をしたり・・・そんな人を探すのも楽しみですね!
(ビーバップハイスクールの今後も楽しみ^^;!?)

今回の曲は、タイトルから曲がぱっと出てきません^^;
勉強しまーす。
プロコフィエフは、ちょうどパールマンのCDを買った所なので、早速!

勉強熱心

>プロコフィエフは、ちょうどパールマンのCDを買った所なので、早速!

まあ、タイムリーだわ。
ゆいさんは本当に熱心ですよね。 えらいっ!!

この演奏会は招待券をいただいたので曲目さえ気にしていなくて、当日席に着いてから
「プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲って、知ってる?」
「知らな~い」
なんていう間の抜けた会話を交わしていたのでした(反省)

ビーバップさん(笑)は 右手でヴァイオリンのウズマキのところと弓をひょいっと持って軽い足取り(小走り)で 舞台と袖を行ったり来たりするのです。
(どうやって持っているのか、私なら確実に落とす)
演奏中も ソロが休みの時、ヴァイオリンを顎にはさんだ状態で真っ直ぐに立って待っていたり、楽器が体の一部という感じでした。

若い演奏家、いいですね。
アンコールで、自国の作曲家バルトークを演奏するのも素敵だと思いました。

好きなだけ^^;

熱心というより、プロコフィエフはバレエ「ロミオとジュリエット」の人って感じです~^^;
(この協奏曲もロミオ~の雰囲気の部分、ありますよねっ)
私、かつてはバレエ狂でしたので・・・
もちろん、今も大好きですが、なかなか見にいけません(T_T)

ビーバップさんみたいに、気取らない芸術家も好きです!
もちろん、いかにも~みたいな威厳のある人もそれはそれで良いものですよねっ^^!

noriさんって、たくさんコンサートに行ってらっしゃるので、スゴイ&羨ましいです!

バレエ

バレエもお好きなんですね。

私は踊りは全くダメなんですけど、姉が社交ダンス、姪がバレエをやっていて(3歳から始めて今22歳)見るのは強制的にずっと見てます(笑)

演奏家って、色々なタイプの人がいるから楽しいですよね。
やはり人間性がでると思うので、タイプは違っても素敵な人が奏でる音楽は心に響くのではないかと思います。

>たくさんコンサートに行ってらっしゃるので、スゴイ&羨ましいです

私はゆいさんの若さが羨ましいよん。
これからたくさん色んなこと体験できるでしょ。
もっと早くヴァイオリンをはじめていたらなぁ と思うのですよ。
でも ヴァイオリンをやれてよかったから、それで充分と思わないといけないですね。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク