石田泰尚 ヴァイオリンリサイタル

宮前市民館   (おらが町の市民館: なぜにこんなところで? と思うけど、
                                       こんなところで行われたのだった)

 
                       ピアノ : 中岡 太志
   
     プログラム


ラヴェル(コハンスキー編) : 亡き王女のためのパヴァーヌ

クライスラー : クープランのスタイルによる才たけた貴婦人

        : シチリア舞曲とリゴードン

        : ジプシーの女

        : ジプシー奇想曲

チャイコフスキー : アンダンテ・カンタービレ

サラサーテ : ハバネラ op.21-2 (「スペイン舞曲集」より)

チャイコフスキー : メロディー  (「懐かしい土地の思い出」より)

サラサーテ : スペイン舞曲 op.26-2 (「スペイン舞曲集」より)


渡辺雄一 : 懐かしい浜辺

       : 情熱のヴァイオリン

ピアソラ : 忘却 (オブリビオン)

      : 来るべきもの

      : エスクアロ (鮫)

      : ル・グラン・タンゴ


             アンコール
   
                 ヘンリー・マンシーニ  :  ひまわり
        
                  プッチーニ  :  誰も寝てはならぬ

                   ビジョルド  :  エル・チョクロ


プログラムがよく、また、席が最前列中央やや左寄りだったので、
目の前に石田さんがいらっしゃるという最高の席で とても楽しい演奏会でした♪

実はこのコンサート、あまり期待していなかったのです。
人気のある人なので、近くであるからちょっと聴いてみようかなと 4千円は高いと思いながらとったチケットでした。

おしゃれです。
金髪に近い茶髪にピアス、両手首にブレスレット。
上下黒の衣装。
シャツは前半は袖口にレースがあしらってあるファンシーな感じ、
後半はシンプルな黒に赤いチロリアンテープ(っていうのかな?)のアクセントがついたものにお着替え。
靴は 私が昔好きでよく履いていたミハマのリボンがついている黒い靴、それの男性バージョンみたいなの。
男性であの靴が似合う人ってあまりいないと思うけど、すっごくお似合いでした。
体脂肪率ひと桁に間違いないスリムな体型。

でも、意外とおじさんだなと思いましたら、35歳なのね。

で、演奏を聴いたら、音色が温かくて繊細なのにとっても驚きました。
本当にきれいな音で、
聴くほどに引き込まれ、プログラム後半には
「この人、かっこいいな」と思うようになりました。

会場をみると、追っかけの人もたくさんいらっしゃるようでしたし、この宮前市民館でチケット完売だなんて、凄い人気です。

弓の持ち方が美しかったです。

私のようにほぼ グー でにぎってなんかいませんでした。
親指、人差し指、薬指はいつも同じ場所にいるのですが、中指と小指は ヒラヒラと舞っているというか、 その動きを見ているだけで美しいと思いました。

曲の終わりを派手な動きで決める。
それを見ている人がわかっていて、毎回盛り上がる。
楽しんでもらいたいというサービス心があって、たどたどしいMCにも笑いが起こり、普通のクラシックの演奏会とは全く違う和やかな雰囲気でした。

昨日の演奏会で ビーバップ君が持っていたように 石田さんもヴァイオリンと弓を片手に持ってブランブランさせていました。
男性はあのように持つものなのでしょうか。
今日は前の席でよく見えたので、私もあの持ち方を練習してみようかと思います(落とすなよ!)


是非また聴いてみたい 石田泰尚さんでした。
スポンサーサイト

コメント

無知な私^^;

石田泰尚って誰?
宮前ってどこ?
・・・って思いました^^;

追っかけている人に怒られますね。
調べてきました。
クラッシック界の貴公子とあっては、チェックせねばなるまいっ!^^;
今度、聞いてみます。
プロフィールを拝見したら、この方はバイオリニストでありながら、プロデューサーとしての才能もお有りのようですね!
加えてお洒落~! お洒落な男性って大好き!
やっぱり男も30過ぎたら小奇麗にして欲しいですよね~!

あっ、宮前・・・
川崎でしたね。失礼しました^^;

コンサートのプログラムも美味しいところ満載で、魅力的です。
自分のブログに書きましたが「アンダンテ・カンタービレ」は初恋の曲でございます~^^;

なーるほど

私も調べましたです。(^・^)

あらぁ~こういうのが売っているー(笑)
http://www.musiciansparty.jp/wp/ishida/goods/

初恋の曲

ゆいさん、いつのブログに書いてあるの?
そのエピソードを是非読みたいわ♪

石田泰尚さん、コンサートのプロフィールを読んだら 故・羽田健太郎さんともユニットを組んでいらしたそうで、今はもう聴けないけれど聴きたかったです。


それから・・・
いつも来てくださるゆいさんへお知らせです。
私のヴァイオリンレッスンですが、先生の事情によりもうしばらくお休みすることになりました。
とても残念ではありますが、アンサンブルの曲もかなりハードなのでのんびりする暇もなく、練習は今まで通り続けていきます。
ヴァイオリン熱は冷めることはありませんからねっ♪

♪葉月さん

調べていただいて、恐縮です。

写真より実物の方がカッコよかったです。

私はDVD買おうかと検討中です。
http://www.musiciansparty.jp/wp/ishida/583.html#more-583
この人は映像で見たい!(笑)

初恋のアンダンテカンタービレ♪

>>ゆいさん、いつのブログに書いてあるの?
>>そのエピソードを是非読みたいわ♪
→noriさん読んでくださいますか~?
恥ずかしいですが、ありがとうございます(^^)
↓ ここデス。。。(と読んでいただくほどの記事ではございませんが・・・^^;)
http://yuiviolin.blog92.fc2.com/blog-entry-13.html#comment-top

>>私のヴァイオリンレッスンですが、先生の事情によりもうしばらくお休みすることになりました。
→きっと、しばらくアンサンブルに専念しなさいっていう神様のお声なんですね!
そうそう、展示会でおじいちゃま製作者の方が、「君はアンサンブルやっているの?」とおっしゃったので、まだそんなレベルじゃないと答え、「アンサンブルって勉強になりますか?」と伺ったら、「勉強にもなるし、何より楽しいよ~」とおっしゃってました!
この製作者様もやっていらしたそうなのですが、最近歳のせいで片耳が遠くなったので止めたのですって。

近い将来アンサンブルできるようになることが夢です~♪
noriさん目指して頑張りますっ(^^)v

初恋の~

読ませていただきました~。

よくわかりますよ、
音楽って、それを聴いていた当時の思い出に繋がりますね。
楽しい曲であっても、当時の思い出が悲しいものなら悲しい曲として心にはいってしまうし、逆もありますしね。
あまりに遠い思い出だと 楽しいも悲しいも全て「懐かしい」という思いになっちゃうかな(長く生きているとこうなる・笑)

アンサンブルは本当に楽しいですよ。
これも縁だと思うのです。
自分のレベルを受け入れてくれる団体に出会えるか、団の雰囲気がいいか、、等です。
「どうかな?」と気になるところがあったら、まずは見学です

>近い将来アンサンブルできるようになることが夢です~♪

がんばれ~


Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク