梅雨は読書

早いもので、今年も半分が終わりました。
「もう半分」 と思うか 「まだ半分あるぞ」 と思うか。
後者で頑張りたいで~す。 前向きに。

6月に読んだ本



男感覚女感覚の知り方男感覚女感覚の知り方
(2007/09/26)
遠藤 周作

商品詳細を見る

遠藤周作さんは大好きな作家で、20代の頃、たくさん読みました。
小説、ユーモア小説(狐狸庵先生)、どちらも好きでした。
久しぶりに読んだこの本、「あ~やっぱり遠藤周作さんは素敵!」と思いました。

「いささか読者より人生を長く生きてきた物の一人として、何となく考えていることをこの本にまとめた。
人が他人に教えることがいかに傲慢な行為かは承知しているから、私の話はたんに読者がそれによって人生と生活を考える材料にして頂ければ幸いです」

と、書き出しにありますが、書き方がスマートで、文章が美しい。

「人生には君たちが知らないでソンをしていることがたくさんある。
 それを見つける目は、まず好奇心をもつことだ。
 好奇心なきところに向上心もないのです」

知らないでソンをしていることは本当にたくさんありますね。
知らなきゃよかった・・な~んていうのもあるかもですが(笑)
「好奇心」に関しては、私は合格だと思います。
向上心は、まだまだかな。

「今の若い娘は愛嬌がなさすぎる。
 これは上手なウソがつけないからです。
 見せかけの自分を作っていない。
 もっと人に愛される擬態を研究しないといけない」

なるほど~ と思いました。
「女は愛嬌」 だものね。
見せかけに頑張ろうっ!!

上記のようなことがたくさんつまっている本です。



もっとコロッケな日本語をもっとコロッケな日本語を
(2003/06/15)
東海林 さだお

商品詳細を見る

毎度、面白いです。
「文章の書き方、教えます」 という項で、

「北杜夫さんとか遠藤周作さんとか、上質のユーモアなんだよね。
 われわれは上質を狙うと失敗する」

なんて書かれています。 確かに遠藤周作さんは上質で、そこがいい。
そして東海林さんのユーモアは、めちゃくちゃ面白いです。

「七低山めぐり」のツアーの話は 1日で山を7つ制覇するというもの。
1番低い天保山は標高4.5メートル。
1番高いのが、標高39メートル。
いずれも「標高」なので、中には 登山が下りで、下山が上り という逆転現象があったりする。

絵も面白いし、ほんとに楽しい♪



W/F ダブル・ファンタジーW/F ダブル・ファンタジー
(2009/01/08)
村山 由佳

商品詳細を見る

500ページ近くもある長編。
図書館での予約もすごく入っていてかなり待って読んだのですが、

「ごめん、何が言いたいのかわからん!!」

というのが正直な感想。
無理矢理500ページ読みましたけど、無駄な時間を費やしてしまったと思った。

アマゾンのレビューでは「感動しました」「素晴らしかった」と、絶賛の声多し。

私には「恋愛小説」が向かないのかな?
そんなことはないと思うのだけれど。
最近の「恋愛小説」と言われているものがダメなんだと思う。
オヤジ向け本が面白いな~。



わが最良の友 動物たちわが最良の友 動物たち
(2003/01)
遠藤 周作

商品詳細を見る

遠藤周作さんは動物がお好きだったそうで、犬、猫、 さらには猿まで飼ったことがあるほどの方でした。(猿はさすがに奥様の大反対がありお店に返したそうです)
動物のエッセイ、短編小説を集めた本です。
全編を通して悲哀が感じられました。
エッセイにしても、今時の軽いものではなく、何かを考えさせられたりハッと思うことがあったり、エッセイも文学だなと感じられます。

さて、内容とは関係ないことですが、
図書館で借りたこの本。
173ページに2ヶ所、ピンクのラインマーカーが引いてある。
なんだこれは? と思ってみると 誤植を指摘しているようで・・・。
そういう趣味の人が読んだ?
「鳥」 → 「島」 になっていました。
私は気がつかなかった。 ラインマーカーでどピンクに塗られていてもすぐには分からなかった。
R眼だし、そんなのスルーだよ。
「九官鳥」 が 「九官島」になっていても 何の問題もない(笑)
    (初版ですから、その後、直したかな?)



シューカツ!シューカツ!
(2008/10)
石田 衣良

商品詳細を見る

就職活動をテーマにした青春小説でした。
想像していた内容と違った。
もっとシューカツというところに焦点を当てたものと興味をもって手にとったのですが、「青春」がメインでしたので。
軽く読めます。



精神科医ですがわりと人間が苦手です精神科医ですがわりと人間が苦手です
(2008/03/19)
香山 リカ

商品詳細を見る

精神科医、香山リカさんの著。
読んで、とっても失望しました。

ほとんどの病院で標準的な精神医療が行われています。
飛び抜けた名医もいなければ、飛び抜けた悪い医者もいない。
まずは気軽に通える近くの医者をおすすめします。
私が勤務するクリニックでは、初心の方には20分、再診は10分と決めています。
これが保険診療の限界です。

読んでいて、医療に対する熱意が全く感じられない。

いちいち親身になって聞いていたら、身が持たないとは思うけれど、それをこんなふうに本にする意味は?
医者には薬を処方してもらうために行き、他には期待してはいけない。
家族や周囲の人が頑張らなくてはならない。  ということでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

懐かしい・・・

香山リカさん、読んだことないけど、わかるような気がしました。(見た目で決めつけてはいけないけれども。)

遠藤周作さん、私も20代の頃読んだ読んだ、ユ~モア関係が多かったけど(笑)
この本は知らないデス、、
「今の若い娘」って、もしかして私たちの事かしらん?(笑)
そういえば短大生の時、大学祭か何かで講演があって、聴きに行きました。あの頃狐狸庵先生は超多忙だったせいか、少々ゴキゲン斜めでらした記憶がありますが(苦笑)

いいな~

狐狸庵先生の講演を聞いただなんて~。
ご機嫌斜めでも、いいな~。

20代の頃。 そうです、そうです、私も。
ユーモアもかなり読んだので、私の感性は狐狸庵先生によって培われたのかもしれません。

この本では
両親の離婚のために仲良しだった大切な犬、クロと別れなければならなかった少年時代の悲しい想い出も書かれています。
遠藤周作さんは心優しく遊び心もたくさんある紳士でしたね。

何だか・・・

間の抜けたタイミングでのコメで失礼致します。

遠藤周作。。。
本棚に「沈黙」が鎮座しているけれど、もう内容を忘れてしまいました。
読む意味ないですね!?
狐狸庵先生でもある彼は、とっても頭のいいユーモア人ですよね!
琵琶湖のほとりに、狐狸庵先生お気に入だった宿があるとか。。。
一度、行ってみたいです!

石田衣良。。。
一時はまりまして、読みまくりましたが、ここのところご無沙汰しております。
軽いタッチですが、時代を読んでいて面白いです。
出版社に勤めている友達がかつて石田さんの担当だったので、「会わせて~!」と切望したのですが、結局無視されてました。。。

いえいえ・・・

マイペース、気の向くままのブログですので、タイミングは関係なしです。

>本棚に「沈黙」が鎮座しているけれど、もう内容を忘れてしまいました。

忘れますよね~。
私も読んでは片っ端から忘れて、忘れて・・・
それでも読んでしまう。
「沈黙」が鎮座している本棚、いいですねっ。
狐狸庵を構えていた地は、うちから割と近いところなんです。
琵琶湖のほとりの宿、きっと静かで落ち着ける場所なのでしょうね。

石田衣良さん、ゆいさんもはまったのね。
私は はまる というとこまではいってないですけど、軽く読めるので好きです。
「シューカツ」は面白くはなかったけど、衣良さんだから許す! っていう感じ。(笑)

>「会わせて~!」と切望したのですが

残念でしたね。
今は誰の担当なのかしら・・・
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク