千住家にストラディヴァリウスが来た日

  千住文子:著

つ、つまらなかった。

タイトルと内容が合っていないんだよね。
どういう経路で手に入れたのかといったことにはほとんど触れることなく、娘自慢、家族自慢に重きが置かれていて、読んでいて腹立たしいほどでした。

図書館で借りたから「まぁ、いっか~」とは思うけど。
これ、結構予約入っていたから、順番待って手にしてこれじゃガッカリだね。

初回から辛口になってしまったけど、多分これが特別だと思う。
スポンサーサイト

コメント

千住さんて、バイオリニスト?
そこからのアタシ・・(*uu*)ポッツ

自慢話の本なら読みたくないな~~(笑)

そう、バイオリニストよ。

「千住三きょうだい」って言われてて、お兄さんが二人いて、長男が画家で次男が作曲家なのよ。

そして真理子さんは天才バイオリニストともてはやされていたけど途中で挫折。
一旦バイオリンから離れてしまう。
で、離れたことでまたバイオリンの大切さに気がついて演奏を始めたんです。

でもまあ、このようなお母さんって大変だと思う。
私なら息がつまるなぁ。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク