ザ・ダイバー

    東京芸術劇場 小ホール1

          大竹しのぶ
          渡辺いっけい
          北村有起哉
          野田秀樹


「ザ・ダイバー」 観てきました。
大竹しのぶさんはやっぱり可愛らしい。
演じるために生まれてきたような人です。

渡辺いっけいさん、ギラギラした熱い演技で ファンになりました~。


   ストーリーは うまく説明できないので東京芸術劇場のサイトから拝借


「能曲『海人』と『源氏物語』のエピソードを現代社会で起きた事件にとり込み、重層的な展開を見せる物語。犯罪者の精神分析という形をとりながら事件の核心に迫る構造はサスペンス的で、息詰まる緊張感に満ちています。
ロンドンバージョンが上演された当初から、「日本人キャストが演じたら、どうなるのだろう……?」と観客の関心をひきつけてやまない『ザ・ダイバー』。
待望の日本バージョン、いよいよ上演!」

  なんですよ・・・・・ 全然、わからないでっしょ(笑)

 えっとですね、
能の形で舞台右側に太鼓と笛のお囃子。
「源氏物語」の葵の上、六条御息所のエピソードを軸に、現代と源氏物語の世界を行ったり来たりしながら話は展開するのです。

  ますますわからないですね。


人格があっちこっちにコロコロ変わるんですけど、それを大竹さんが見事に演じていました。


劇場は300人ほどの客席数でこじんまりした舞台です。
それがとてもよかったです。
7列目だったので 表情もすべてよく見れました。
舞台を観るのは楽しいです。


野田秀樹さんが、この劇場の芸術監督に就任されたそうです。
お祝いのメッセージの中で、三谷幸喜さんのところで目がとまりました。

 「のだひでき」「みたにこうき」を並べ替えると
 「飛行機で観に来たのだ」という見事な文章になります。
 ちょっとした自慢です。

すばらしい自慢だと羨ましく思いました。

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク