ブルーアイランド氏のおしゃべりコンサート

8/31 (月)   ミューザ川崎シンフォニーホール


   プログラム

ハチャトゥリアン : 「仮面舞踏会」より ワルツ

ドビュッシー : 月の光

プロコフィエフ : バレエ 「ロメオとジュリエット」 より

チャイコフスキー : 「くるみ割り人形」より あし笛の踊り

チャイコフスキー :               花のワルツ

 
メンデルスゾーン : 「真夏の夜の夢」 より 結婚行進曲

ヴィヴァルディ : 「四季」 より  春 第1楽章
                     夏 第3楽章

ハイドン : 交響曲第94番「驚愕」より 第2楽章

ハイドン : 交響曲第45番「告別」より 第4楽章

ラヴェル : ボレロ


   アンコール   ハチャトゥリアン : 剣の舞



台風が近づいていて、最接近するのが18時という昨日、
18時開演のコンサートへ行きました。

コンサートのためなら アメニモマケズカゼニモマケズ  です。

でも、ひどい目にはあいませんでした。
行く時は寒くてびっくりしましたが風雨もまだたいしたことはなく、終了後は雨も上がっていました。
行いの良さがでました~~。


ブルーアイランド氏 っていうのは 青島広志さんです。
サービス精神いっぱいで 楽しいお喋りで笑わせてくださいました。
ヴィヴァルディ「四季」では 鍵盤を弾いて大活躍。
子供の来場者も多く、堅苦しくなく楽しいコンサートでした。

そして、オケは 神奈川フィル。

神奈川フィルといえば、コンマスは 石田泰尚さんです♪

私はほぼ 石田様ばっかりみてましたので、青島さんはあまり見ていなかった(笑)

素敵でした~。

一緒に行ったMさんに 「かっこいいでしょ、いいでしょ・・・」 と連呼してました。
そうしたら Mさんったら
「足、開きすぎ!! お行儀が悪い!!」 って言うんです。

二部が始まると
「ほ~ら、足開きすぎでしょ!!」 って言うので
「ハイ、ごめんなさい」 って、謝っておきました。
足開きすぎがなければ いいそうです。 
  でも、足が長い故に仕方がないんですよ。

四季の「夏」がとてもよかったです。
3楽章だけでなく、もっと聴きたかった。

「ボレロ」では ピッチカートが続くところ、オーバーアクションで弾いていて
あれが決まるのは石田様しかいないわ~~  と思いました。

  
青島さんのお話から学んだこと

ワーグナーの「結婚行進曲」も結婚式で使われますけどね、あれはその後、別れてしまうんですねぇ。
ですから縁起のいい曲じゃぁないのよ。
だから、結婚式ではメンデルスゾーンを使いましょうね
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク