ヴァイオリンレッスン ♪ 128

テンポ通りに弾くというのがとっても難しい。
出来るところは速くなりがちだし、ポジ移動や指使いがスムーズにいかないところでは遅くなる。
そして、その帳尻合わせをしようとムリにもっていこうとするらしく(自分のことなんだけど・笑)、
ドタバタ、メチャクチャな音楽になっていく。

解決法として、

メトロノームでの練習。

  と

符点練習。


メトロノームは練習毎に1回くらいでもいいので、どこで遅れてしまうのか(速くなるのか)、
その箇所を把握して練習する目的で。
機械に合わせてキッチリ弾くということではないので(むしろそれはよくない)無理のない程度に。

そして、符点練習を繰り返して克服していく。
た~た、た~た・・・  と たた~、たた~・・
やりにくい方をしっかり練習する。


実際に今日、レッスンで弾いたところは たた~、たた~・・は出来るけれど た~た、た~た・・が難有りでした。
でも少し練習をすると これが不思議と出来るようになるのです。

但し、符点のリズムを厳しくとってやらないとやる意味がない。
なんとなくやらないで、集中してやらないと。
 これが一人でやるとついつい気が緩んでしまう。
 レッスンですぐに効果がでるのは、先生の前でという緊張感があるからだと思う。
 日頃からそういう姿勢でやらないといけないと 思う   わかっちゃいるけど、それって難しい。


4の指は、自分でもだいぶ楽に動くようになってきたと感じられ それに合わせて音程も定まってきているように感じていた。
先生からも、だいぶ自然にできるようになっていて
「うるさく言ってしまいましたけど、よく頑張りましたね」 と言っていただき嬉しかった。


Haydn : Serenade

フラジオの練習  元の音に確実に戻れるように練習 (ソララソ)
少しグリッサンドを入れて弾くところの練習 
呼吸


次回はHaydnからレッスンするとのこと。
 いつも基礎からやっていると、曲が進まないのでした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク