トリオ・リベルタ ライブ in Nakano

1/29 なかのZERO小ホール


          石田泰尚(Vn) 中岡太志(Pf) 松原孝政(Sax)

      スペシャル・ゲスト  藤原道山(尺八)


     プログラム

  スペイン ・・・C.コリア
  カーニバルの朝(映画「黒いオルフェオ」より ・・・L.ボンファ
  ベサメ・ムーチョ ・・・C.ベラスケス
  黒い瞳 ・・・ロシア民謡
  ジェラシー ・・・J.ガーデ
  ラ・クンパルシータ ・・・M.ロドリゲス
★ 蒼月 『初演』 ・・・成田勤

     休憩 

ピアソラ

  ミケランジェロ'70
  天使のミロンガ
  ミロンガ・ピカレスク
  ビオレタンゴ
  チキリン・デ・バチン
  昔々(アヴェ・マリア)
  レオノーレの愛のテーマ
  プレリュード9
  フーガ9

アンコール
    
         鮫
         カッチーニのアヴェ・マリア
         リベル・タンゴ


石田様を見に、聴きに行った。
トリオ・リベルタ、よかったです。

ゲストの藤原道山さんの尺八ったら、私の尺八のイメージを払拭してくれました。
尺八 = 民謡  だった。
それが、  いや~、すばらしい音色。
私は特に高音が好きでした。
5つしか穴がないという尺八。 それが何故あのような時空を越えたよう音色を奏でられるんでしょか?
尺八、凄い!!
けど、あれは藤原道山さんだからであることもわかる!!

尺八でピアソラ。 4本の尺八を持ち替えて吹いていらっしゃいました。

石田様はもちろん素敵
シャツの襟を立てておられ、シャツの袖をまくっておられ、音色はいつものように美しく繊細。
それでいてダイナミックでもあり、キレとコクがある。(ビールのようだ)
クールに入場、クールに退場。
語りは少なかったけど、持ち味は充分出てた。
華麗なステップ有り、ジャンプ有り、  あぁ、楽しかった。
普通の人がアレやったら、変な人になるところが、石田様だと最高~

ピアソラの曲は 駒のこっち側を弾いてギロギロ音を出すこと多し。
「ひゅぃ~~~~~~~ん」 って音も出すこと多し。
バヨが打楽器になった時はバヨがかわいそうだった。
  (裏板を右手の甲で叩くんですよ、 コン♪ココ コン♪ って)
弓の毛もかなり切れてました。
激しく情熱的 あんど セクシーなタンゴたちでした。


初演だった「蒼月」はこの編成なので これから先演奏されるかどうか・・・・ これが最初で最後かも、なんておっしゃっていましたが 作曲された成田勤さんが会場にいらしていて、ステージから成田さんに向けて拍手、そしてライトも成田さんに向けられました。
普通の青年でいらして、最初、なにがなんだかのみこめなかったです。
若い人の活躍も嬉しいことでした。
成田勤さんのブログみつけた。

耳に馴染みのある アンコールの「リベル・タンゴ」 とってもよかったです。
中野は遠いのですけど、帰りの足取りも軽かった。


そうそう、ピアソラの 「プレリュード9」とか「フーガ9」の「9」っていうのは 9編成という意味なのだそうです。
それを4人で演奏したということなので、  まぁ、だからどうって ・・・わからないけど
なんだかすごいことのような気はする。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク