TRIO  川久保賜紀/遠藤真理/三浦友理枝 

                   フィリアホール


オール・ラヴェル・プログラム


 亡き王女のためのパヴァーヌ  (ピアノ・トリオ版/ 山田武彦編)

 ボロディン風に / シャブリエ風に / 水の戯れ    *ピアノ・ソロ

 ヴァイオリンとチェロのためのソナタ


 マ・メール・ロワ   (ピアノ・トリオ版/浦壁信二編)

 ピアノ三重奏曲 イ短調


      アンコール ・・・ 「クープランの墓」より リゴードン



美女三人のトリオで、華のあるステージでした。
グリーンでもなくブルーでもない色・・・ 青竹色というのか、そんな色のドレスで統一されていました。
川久保さんのスタイルが抜群!

全部ラヴェルというのが、私には難解でした。
同じ時代でもプロコフィエフは聴きやすくて曲に入っていけるのだけど、ラヴェルは現時点では残念ながら好きとはいえません。

それでも、三人が楽しそうに軽々と演奏されるのを見るのは楽しかった。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク