川崎・しんゆり芸術祭  神奈川フィルハーモニー管弦楽団

          昭和音楽大学 テアトロ・ジーリオ・ショウワ

                 指揮・金 聖響


ベートーヴェン : ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」
                          ピアノ・小山実稚恵

ベートーヴェン : 交響曲 第3番 「英雄」



一番前の中央より左寄りの席だったので、小山さんのピアノを弾く指もよ~く見えました。
ピアノが弾けない私には信じられない動きでした。

しかも暗譜。
ヴァイオリンでの暗譜もすごいと思っているのにはるかに音符が多いピアノ演奏。
曲の中に入り込んでいる。

大竹しのぶさんが「どうやって台詞をおぼえるのですか?」という問いに、「覚えるんじゃなくて、・・・分からないと思うんですけど・・・その世界に行くんです」と答えていたことを思い出しました。
舞台で演じているのと似たところがあるのかもしれない。

小山さん、優雅でいて力強く、そして優しい笑顔。 素敵でした。


金 聖響さんは若々しくエネルギッシュで、威圧感がなくて爽やかでした。
かっこよかった。

次は是非、石田様コンマスの神奈川フィルを聴きに行こうと思います。

                         
スポンサーサイト

コメント

小山実稚恵さん

私もつい先日チェロソナタを聴きました。
以前にギトリスさんとの共演もTVで見ましたが、ソロもさることながら、アンサンブルでも力量を発揮する方なんですよね。
あ、コンチェルトだってアンサンブルですね、、、

チェロの堤さんによると、「笑わせると止まらない」方だそうです~

笑わせたい

笑顔が素敵でしたから、ずっと笑っていて欲しいです。(笑)

ギトリスさんとの、私、オペラシティで聴いたんですよ~。
その時はギトリス爺ちゃんの弓さばきに圧倒されて小山さんを見るゆとりがなかったのですが、今回至近距離で見て聴いて、惚れました。
過剰に感情を表すのでなく、それでいて情熱的でした。

チェロソナタもよかったでしょうね。


Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク