東京交響楽団弦楽四重奏 「古典からラテン」

            昭和音楽大学 ユリホール


      大谷康子   廣岡克隆 (Vn)
      青木篤子 (Va)
      西谷牧人 (Vc)


モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第1楽章

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」より第2楽章

モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲第1番より第1楽章

ハルヴォルセン:パッサカリア

チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番より第1楽章

ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」より第1楽章

ファシネーション

八十日間世界一周

ピアソラ:「リベル・タンゴ」  「鮫」

ビジョルド:エル・チョクロ


    アンコール   モンティ:チャルダッシュ



昨日に続いて「しんゆり芸術祭」のコンサート。
盛り沢山で楽しかった。

クラシックだけでなく、映画音楽、ラテン。
東京交響楽団のトップの弦楽四重奏はそれぞれの個性も出ていて素晴らしかったです。

アンコール、舞台上には大谷さんの姿がありません。
なのに、3人で「チャルダッシュ」を弾き始めました。
すると、客席後方のドアからヴァイオリンを弾きながら大谷さんが現れました!!!
右後方から階段(段差は低いですが)を下りながら弾いています。
弾きながら下りているのか、下りながら弾いているのか・・・どっちだ?(笑)
そして時折立ち止まってお客さんの前で弾き、場所を移動しながらまた止まって弾き、
そして今度は左後方に向かって階段を上りながら弾き、弾きながら上り・・か・・・。
会場の人みんなに、ひとり残さずみんなにヴァイオリンの音色を届けている、そんな感じでした。
もちろん、私のすぐ側にも来て弾いてくれましたが、あの音色は今も忘れられません。
コンサートでは前列で聴くことが多いですが、今日ほど強烈に生の音を聴いたことはなかった。
曲のメロディがどうこうでなく、ヴァイオリンの音色にしびれました。
こんな体験、もう出来ないと思います。
価値あるコンサートでした。


終了後は4人の奏者の方が募金箱を持って出口にいらっしゃいました。
私は廣岡さんの箱に。 (実は廣岡さんのファンです)


しかし、歩きながら弾ける、階段の上り下りしながら弾ける、、、 プロって凄い。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク