ヴァイオリンレッスン

たまには記録に残さなくては。

ドッペル(1楽章)、やっと合格がもらえて、
ヴィヴァルディの協奏曲ト短調 op.12-1 を始めました。

先生の「合格」基準は、人前で弾いても許せるレベルに到達したかということ。
せっかく弾けるようになったものはたまに弾いて、忘れないようにしなくては。
でも、ドッペルはもう飽きてしまった。
終ってホッとしたのが素直な感想。


曲が変わると気持ちもリフレッシュ。
ヴィヴァルディのト短調は、好きです。
音はとれているけれど、「なんだか、のっぺりしてますねぇ」 という先生の言葉に大いに頷く。
譜面には何も書いていなくてもバロックの弾き方があるので、 と指導を受ける。
まだまだ言われたようには出来ないけれど、弾き方を教わると俄然音楽が生きてくる気がした。
のっぺりのカオナシから、目鼻がついていく感じ。
同じ8分音符なのに弓を数センチしか使わないのと、全弓で弾くのとがあったり。
軽やかに弾くとこやら。
とても楽しいレッスンでした。


カイザーは未だに12番をやってます。
4スラーから8スラーになり、やっと楽譜通りの16スラーに挑戦!となりました。
ただ、速く弾く練習はたくさんはしないこと。
8で弾いてみたり、さらに4に戻ったりしてよく確認しながら弾く。
絶対に速い練習ばかりをしないこと。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク