東京交響楽団 第594回定期演奏会

                        サントリーホール


シェーンベルク /  モノドラマ 「期待」 op.17

                    ソプラノ: エレナ・ネベラ

フォーレ / レクイエム  

                      ソプラノ: 森 麻季
                      バリトン: 青山 貴
                      合唱  : 東響コーラス


大雨の中、サントリーホールへ行きました。
11月も半ばを過ぎたのに歩いていると暑いくらい。
変な気候です。

シェーンベルクの音楽は「浄夜」の時も理解できなかったけれど、今日の「期待」は更に分からなかった。
舞台横に歌詞が表示されるのだけど、なんだか暗くて陰鬱。

 登場人物は名のない女一人。
 彼女は月夜の森をさまよいながら恋人を探している。
 森を抜けると恋敵の家の前で惨殺されている恋人を発見し、錯乱した彼女は、苦悩、回想、性的な欲求、嫉妬、
 怒り、諦めといった感情を絶え間なく吐露してゆく

う~~~ん、 吐露された感はすっごくありました。
エレナ・ネベラさんが迫力ありました。
「期待」っていうと、何かいいこと、明るいことというイメージなのだけど、暗かったわ~~。


フォーレ「レクイエム」は美しくて心洗われる思いでした。
PIE JESU、森麻季さんの独唱がきれいだった。
声は聞こえるのに姿がなくて「どこに!?」と思ったら、パイプオルガンの前に立って歌っていました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク