2011年、年の瀬に読んだ本

今年もあと1日になりました。

相も変わらず読書感想です。





チェロの森チェロの森
(2010/11)
長谷川 陽子

商品詳細を見る

チェリスト長谷川陽子さんのチェロとの出会いから今に至るまでが書かれている。

お父様が音楽評論家であり、いつも音楽が流れている環境で育った。
3歳の時にカザルスの音に魅せられ「カザル先生、カザル先生」と言っていた。
チェロを習いたかったけれど両親もすぐにはさせてくれなかった。
「ピアノがちゃんと弾けるようになったらチェロを買ってあげる」と言われピアノを習っていたが、チェロを弾きたくてたまらない。
先生に「なぜピアノを練習しないの?」と問われ 
「だって、わたしはチェロをひくんだもん!」とあっけらかんとしていたという。

9歳になりやっとチェロを買ってもらう。
でもそれがフルサイズでなく二分の一だったのでがっかりして泣いていたそうです。
それでもお父様のつてで一流の先生につき練習を重ね、15歳で日本音楽コンクールで二位になる。
17歳で初リサイタル、その半年後には「ラロの協奏曲」でコンチェルト・デビュー。
フィンランドのシベリウス・アカデミーへ留学。

読みやすい文章で、この人「天然」だなと思う箇所が随所にあってクスリと笑いながら読めました。
好きなことに対しては努力を努力と思わない、超人的な人だと思います。
是非コンサートを聴いてみたいです。




桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る

タイトルがいいな、 表紙がいいな。
高校生の頃を想い出す。

   「え、ガチで?」
    おー、とダルそうに答えながら、竜汰は俺のチャリの荷台にまたがった。

書き出しの文章を読んで引いてしまった。
でも最後まで一生懸命読みました。

こんなことってあったな、と思うことは結構あったけれど、何がどうなったでもなく結末があるわけでもない話を読むのはあまり意味がないかなと私は思った。

   「本当は、世界はこんなにも広いのに、僕らはこの高校を世界のように感じて過ごしている」

ほんと、高校生の頃って、そんなでした。(懐)





“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~“本物”を見極める ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~
(2011/08/22)
佐藤 輝彦

商品詳細を見る

「3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?」 と表紙に書かれています。
そして帯には 「銘記の鑑定に必要な時間は - 1秒。」 と。
「一瞬で見抜けないということは、本物がわかってないということ」とあるので もう鑑定というものがますます分からなくなってしまいました。

子供の時からヴァイオリンを習っていたわけでもなく、楽器とは無縁の生活だったのに
自分の意思でではなく自然とこの仕事についていたということが不思議でした。

高校を卒業して集団就職で状況、車の生産工場で働くも2ヶ月で退社、その後もトンカツ屋さんは数ヶ月で飽きて辞める等々。
人生いろいろ~~。






ザッケローニの哲学ザッケローニの哲学
(2010/12/28)
アルベルト・ザッケローニ

商品詳細を見る

笑顔のお顔が素敵な表紙。
1998年にイタリアで出版された自伝の日本語訳です。

16歳の時の病気をきっかけに20歳を前に選手を引退して以後監督業に。
選手の時代が短いことは知らなかったです。

「いくら優れた足を持っていても、それだけでは一流選手にはなれないのだ。
 頭も必要不可欠な要素であり、それを自分自身で育てようとしなければ、選手が成長することは決してないだろう」

と言っています。
私もヴァイオリンのおけいこで「頭をつかいましょうよ」とよく先生に言われます(笑)
何事も「頭」です。




謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
(2011/11/10)
東川 篤哉

商品詳細を見る

続編です。

短編6話ですが、だんだん飽きてきました。

中村佑介さんのイラストが好きです。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク