東京交響楽団 第598回定期演奏会

3/10                 サントリーホール

               指揮・秋山和慶

  
  ストラヴィンスキー : 交響詩「うぐいすの歌」

  コルンゴルト :ヴァイオリン協奏曲       Vn 神尾真由子

  スクリャービン : 交響曲 第4番 「法悦の詩」




3曲とも知らない曲でした。

神尾真由子さんのヴァイオリンを楽しみにしていました。

コルンゴルトって名前も聞いたことがなかったですが、映画音楽の作曲家として知られていたそうです。
ヴァイオリン協奏曲では、映画音楽を各楽章の主題とした使ったとパンフレットにありましたが、まさにそんな感じでドラマチックで聴きやすい曲でした。

神尾さんがかっこよくて、ヴァイオリンを持って立っているだけで素敵。
弾いている姿も美しくて、色っぽくて、迫力があって圧倒されました。
オーケストラを見事に従えていて、オケのすばらしさも感じられました。

コルンゴルト、いい曲だよ♪
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク