3月後半に読んだ本

寒かった冬も終り、暖かな春が花粉と共にやってきました。 (花粉、イラナイ)

近所の公園の桜も咲きそうです。

弦オケの演奏会は1ヶ月後。
最後の追い込み、頑張りたいです!!

3月後半に読んだ本です。





コーヒーもう一杯コーヒーもう一杯
(2011/10)
平 安寿子

商品詳細を見る

結婚を夢見ていた恋人にふられ、仕事にも嫌気がさしていた32歳の未紀。
勢いでカフェを開くことになって資金繰りに準備に一生懸命やり待望のカフェをもつも、1年で閉店になってしまう。

とってもリアルなお話。
個人経営のカフェで利益を出していくのはとても難しいと思う。
でも夢を追って開業して、失敗していく例はたくさんあって、それでもまた挑戦する人がいるのもすごい。






走り続ける才能たち - 彼らと僕のサッカー人生走り続ける才能たち - 彼らと僕のサッカー人生
(2012/01/20)
安藤 隆人

商品詳細を見る

本田、香川、岡崎・・・日本代表プレーヤーを高校、ユース時代から追いかけ、見つめ続けてきたサッカージャーナリスト安藤隆人さんの著です。
選手の成長を書いていますが、それはまた銀行員からサッカージャーナリストへ転身した著者自身の成長記でもあると思いました。
選手の無名時代から追い続けて、選手とも兄弟のような関係でここまで来られたのかな。
そんな風に思えました。

香川選手は順風満帆に代表に来たのかと思っていましたがそうではなく、
神戸に生まれ育ちヴィッセル神戸ジュニアのテストを落ちたことをきっかけに、仙台市にあるFCみやぎバルセロナジュニアユースに入ることになったそうです。
小学校卒業と同時に自らの決断で遠く仙台に行った。
テストに落ちるなんて、今の活躍を見たら信じられません。

他の選手も皆、驚くほどの努力をしていることを知りました。
選手の結束が固く「このままこのメンバーでずっとプレーしていたい」と思えるチームであったこと。
こんなに熱く素敵な若者がいることに嬉しくなりました。






飯の為なら なんでもするズラ!飯の為なら なんでもするズラ!
(2011/11/16)
ねぇやん

商品詳細を見る

ゴン太郎(雑種)が可愛い。
なんかちょっと下品キャラなんだけど、憎めない。
随所に「バカ犬」って書かれているけど、可愛がられ愛されていることがよくわかるので抵抗なく
笑ってしまいました。


ブログから書籍化されたそうです。
飯の為ならなんでもするズラ!  ←ブログ

ゴン太郎をたまに見にいこうと思います。




モーツァルトを聴く人―谷川俊太郎詩集モーツァルトを聴く人―谷川俊太郎詩集
(1994/12)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

久しぶりに詩をよみました。

私には難しかった。

生と死、を常に意識させられてしまった。

「ザルツブルグ散歩」での一文

   「モーツァルテウムでは子どもたちがピアノを習っていて
    どんなにたどたどしくても音楽は音楽だった」

が、心に響きました。
たどたどしくても音楽を奏でたいです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク