Super Trio 3℃

4/21                   グリーンホール相模大野・大ホール



   石田泰尚(Vn)  金子鈴太郎(Vc)  清塚信也(Piano)

 

モーツァルト:ピアノ三重奏曲 第3番 

ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲 第4番 「ドゥムキー」

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番



  アンコール
   
    春の朝に  (若松聡史)
    トルコ行進曲  (清塚信也:編曲)
    チャルダッシュ



石田様のユニットで一番好きな Super Trio 3℃ の公演へ行って来ました。 (2日前デス)

譜めくりの人がいつものイケメンのお兄さんじゃない!と早々に気づきましたが、初代譜めくりの若松さんは作曲家だそうで、今はパリに留学中とのこと。
 アンコールの「春の朝に」は彼の作品でした。


メンデルスゾーンはSuper Trioに一番合っている曲だと思います。
熱く、ノリノリで、本当に素敵です。

石田様の最近のお辞儀は、右足カカトは床に、つま先を上げて、ちょっと気取って・・・ のパターンになってます。 (コミカルでもある)
そんなお辞儀がパフォーマンスになる演奏家は石田様くらいだと思う。
トークはほとんどしないけれど マイクを向けられると
「え~~~、 あの~~~~、・・・・ あの~~~・・・」 と、それだけで笑いが取れる!!

ピアノの清塚さん曰く、「24時間のうち23時間機嫌が悪い」そうですが、ヴァイオリンの音色の美しさ、繊細さはいつも心に響きます。
「音色には人柄が出るとか言いますけど、この人の場合・・・それはないです」とも言っていましたが、心の奥の奥は温かい人なんです、きっと。


アンコールが絶品。
若松さんの「春の朝に」は 春の小川、春よ来い、などの童謡唱歌が次々に出てきます。
石田様、チューリップでノリノリ。

清塚さんの「トルコ行進曲」も素敵なアレンジで楽しめました。

そして、「チャルダッシュ」 チェロが大活躍でヴァイオリンの旋律を奏で、これはチェロの曲じゃないかと思えるくらい素敵でした。
ハーモニクスの美しさが印象に残りました。
最後のフレーズは口笛で。  
鈴太郎さんの演奏は何を弾いている時でも楽しげです。

石田様ファンから鈴太郎さんファンになってしまいそうな・・・・相模大野の夜でした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク