レイ・チェン  ヴァイオリン・リサイタル

                東京オペラシティ コンサートホール


 モーツァルト : ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第40番

 ブラームス : ヴァイオリン・ソナタ 第3番

 バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より 「シャコンヌ」

 サン・サーンス : ハバネラ

 サン・サーンス : 序奏とロンド・カプリチオーソ


     
     アンコール

       グルック:メロディー  (クライスラー編)

       ヴィエニャフスキ:カプリース

       ジョン・ウィリアムス:シンドラーのリスト

  

                  ピアノ : ジュリアン・クエンティン



1989年生まれの若きヴァイオリニスト、レイ・チェン、 よかったです。

バッハが特によかったな~。
美しかった。

プログラムによると 使用楽器は1702年製ストラディヴァリウス「ロード・ニューランズ」

アンコールも3曲も演奏してくれて、爽やかな青年でした。

 
このコンサート、新聞の読者プレゼントコーナーに応募して当選したものです。
結構くじ運がいいのです。

客席に華道家の假屋崎 省吾さんを発見しました。
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは&お久しぶりです。
ずいぶん前におじゃました、にゃんこです。
菊田さんのブログからやってきました。

以前、NHKのクラシック倶楽部でレイ・チェンさんの演奏を聴いたことがあります。
若々しくて瑞々しい演奏ですね。
関西でも、明後日、レイ・チェンさんのコンサートがあります。
ちょっと若さをおすそ分けしてもらいに行こうかな~

バイオリン、頑張っていらっしゃるのですね。
アマオケの方は続けていらっしゃるのですか?
私も、できれば入りたいのですが、ついていけるかどうか不安で、
まだ一歩を踏み出せずにいます。
先日、50歳になったので、高齢者を受け入れてくれるアマオケがあるかどうかも、微妙だったりして。。。

是非、コンサートへ

にゃんこさん、お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

レイ・チェンさん、いい演奏でしたので、お薦めです。
今回のプログラムでは、バッハより後半が特によかったです。
そう、若さが出ていて、魅了されました。

アマオケ、もちろん続けていますよ。
にゃんこさん、50歳は高齢者じゃないですよ~~。
まだまだひよっ子です。

あまり真面目に考えちゃうといつまでたっても勇気がでないかも。
私のように当たって砕けろ (ほんとに毎回砕けてます・笑)で踏み出しましょう。
今思うと本当に無謀というか、バカなんですけど、
ヴァイオリンを習って3年も経たないうちに飛び込んでいました。
でも早いもので、あと4ヶ月で4年になります。
その間、あまりの不甲斐なさに何度も止めようと思いましたが、止める勇気がなくズルズル続けているうちに、ちょっとは弾けるようになって最近やっと楽しいと思えるようになりました。
仲間に恵まれてのことだと感謝しています。

やるなら早いほうがいいですよ、絶対!!
共に頑張りましょう。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク