ヴァイオリンレッスン*17回目

曲は、バッハのメヌエット第二番。

前回は前半部分だけだったので今日は後半も。

今日の重点項目は音程でした。
小指がとどかないと苦労しているけれど、小指に気をとられると二の指が高めの音程をとってしまって、自分でもよく分かっているのにダメなのです。
たまにマグレでバッチリの時もあるんだけどなぁ。

「小指を伸ばそうとしないで、人差し指を伸ばすと考えて動かした方がいいんじゃないかな?」
という先生の指導に、なるほど~。
とにかく指を広げて繰り返し練習だ。

音程も合っている時の響きというものが感じられるようになってきたので、よく聞いてきれいな響きを追い求めるのだ。
合った時はとても気持ちがいいものです。


重音の練習も、美しい響きをよく聞いて。
「できるかな・・・」とあまり真面目に弾かないでもっと気楽に弾くといいですよ、という先生の言葉に肩の力が抜けたのか、少しはマシになってきました。


次回で今の先生とのレッスンは最後になるので、このメヌエットを丁寧に仕上げましょうということになりました。




レッスンはこれだけですが、新しい弓に浮かれてる私は、家では色々な曲を弾いています。
メソッドをどんどん進めるのが目的じゃないので、弾きたい曲を好きなように弾くのがとても楽しいのです。
スポンサーサイト

コメント

音程が合っているときの響き

じつは、私はほとんど分からないんです。

ゆっくりペースの最初の頃、エレキバイオリンだったのがいけないのか、色々なサイトにも、先日のぴよよの店主にも、音程が合ったときには他の弦と共鳴して豊かな響きになると、知ってはいるのですが、いまいち感覚がつかめません。
もちろん、5度の音を出すと隣と共鳴するのですが、「豊かな音」というのがピンと来ない。

グリュミオーの音を聴くと、こんな音を出さないといけないのか~と思うけど、どうやったらああいう音が出来るのか、試行錯誤です(^^;)

バッハをゆっくり弾くと、響きを感じやすいかもです。Boureeをしっかり、ゆっくり、練習するメニューを取り入れようと思ってますが、通常の生活に戻ると、練習時間が~~~

新しい弓で、弾きたい曲を色々と弾いてみるのはとても楽しそうですね。
自分で出来る範囲の曲はどんどん弾いたほうが楽しいですよね♪

きっと、わかりますよ

私もわからなかったのです。
合っている時先生から「他の弦と共鳴しているでしょ」と言われても
「ハイ」とは言っていたんだけど(ズルっこ)実は分かっていなかったです。

なぜ分かるようになったか?
自分でも謎なんですけど、分かってしまうと「なぜ分からなかったのか?」
と今度は考えてしまいます。

私もバッハは好きなので、今やっているメヌエットは音程の練習とも思ってゆっくり正確に弾いています。
ゆっくり弾いてもいい曲だものね。

音程の不思議

多分、ヴァイオリンでもヴィオラでもチェロでも永遠の課題みたいな世界だと思いますが、多分noriさんの仰る感じで分かってしまったら「なぜ今まで分からなかったのか」が本質かもしれません。

だからといって、もちろん私は少々音程を間違えたのをわかるほど鋭い音覚があるわけではないようです。ただ、ピッタリはまった音程は綺麗だな、と感じることができるようになったと思います。

永遠の課題

本当にそう思います。
音程がわかっても、指がヒットしなかったりで合いません。
「あ~、違うぅぅ・・」と思いながら修正しつつ弾いています。
たまにうまく響くと嬉しくなります。

ユニゾンと倍音ならわかるんだけどなぁ・・

佐々木バイオリンのHPなどを見ると、音階の全部の音が共鳴して響くと書かれていて、それがわからないんですよ~。

たとえば、D線のミとかソ、A線のレ、E線のソ、ラなどは響いているのが良くわかるんだけれど、D線のファとか、A線のシ、ド、やシャープやフラットが入った音なんかは、響きが感じにくいです。

いくつかのポイントで音程がつかめれば、そこを中心に音を探せばいいんだけれどね・・なんか納得いかないです。

日々精進なり・・・苦手だ(爆)

下手にわかり始めると...^^;

>noriさん

>音程がわかっても、指がヒットしなかったりで合いません。

これでイライラしたりするんですよね^^;
うまく修正できるときはいいのですが、違うことは分かっているのに修正できないときはストレスが最高潮に達してしまいます。

>い~ぐるさん

>D線のファとか、A線のシ、ド、やシャープやフラットが入った音なんかは、響
>きが感じにくいです。

Gスケールを弾く場合ドの音が私は一番取り辛いです。A線のシは分かりにくい場合にはE線開放弦と重音で弾いて確認すればだんだんわかるようになると思います。
自分自身でも理屈に合わず不思議なのですが、#や♭がついた音でも異様に楽器が響くポイントがあったりします。曲名は失念してしまったけど、臨時記号でG#が出てくるアイリッシュの曲だったのですが、なぜか異様に響く場所があって驚いたことを今でも覚えています。

ひたすら弾いています

理論とかわからないし、私は頭で考えるタイプじゃなく部活タイプなので、とにかく弾きまくりです。
一応、考えながら弾いてはいるんですけど、い~ぐるみたいには深く考えてないなぁという感じ。
「日々精進・・」は私も苦手なのに、何故かヴァイオリンに関しては例外で、自分でも驚くほどの精進ぶり。


モハーさん、いただいた楽譜、練習していますからね。
あの時はまだA線、E線しか習っていなくて、楽譜を見ても指が全然分からなかったです。
まだヴァイオリンの楽しさはわからなかった頃でした(今、思えば)
最近は本当に楽しくて、これほど一生懸命になれることが見つかって、ヴァイオリン大好きです。

そうでしたよね~

初会合からもう3ヶ月くらい経つでしょうか。
大人の習い事ではありますが、3ヶ月経てば随分世界が違ってきますよね♪
私自身最初は「American Fiddle Book」とかいう本で曲を弾いていたので
すが、多分ちょうどnoriさんとお会いしたときくらいのタイミング(習い始めて3ヶ月くらい)からアイリッシュ・フィドルを本格的に始めました。
最初はスラーだらけの譜面に戸惑いましたけど好きなことならいつの間にか
慣れますね。これからも楽しいことが待っていると思います。頑張りませう。

また一度機会を設けて練習会をやってみたいですね。田舎風バッハのオキ
ャロランを合わせましょう♪

スラーだらけ

確かにそうですね。
独特のリズムがありますよね。
「田舎風バッハ」は三ヶ月前は「全然無理~~」でしたが、今は真似事なら大丈夫だと思います。
ついていけるように、頑張りますね。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク