6月に読んだ本

今年も前半が終り後半戦に突入。
今日は富士山の山開きだそうですが、あいにくの曇り空。

なにかと忙しく本があまり読めないのだけれど、細々と継続。



逆風に立つ    松井秀喜の美しい生き方逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方
(2013/03/09)
伊集院 静

商品詳細を見る

謙虚で落ち着いていて、そして人の悪口を言ったことがない(子供の頃父親に注意されて以来)という松井さん。
素敵な人だと思いました。




ぼくがいま、死について思うことぼくがいま、死について思うこと
(2013/04/26)
椎名 誠

商品詳細を見る

椎名誠さん、今年で69歳になられるそうです。
一人で生きていて孫などもいなかったら、自分の健康チェックなどに関心は持たなかったけれど、 と今は「じいじ」をしていることが楽しそうです。

死について考えるというより、椎名さんが今まで訪れた地や奥様が行かれた地での葬儀の様子が主に書かれています。
鳥葬や風装、お墓のことなどです。
鳥葬は衝撃を受けましたが、国や地域によって本当に様々でした。
死というものをどう捉えるかという考えの違い、自然、気候などによって葬儀のしかたが変わってくる。
お金をかける日本の葬儀、これも本当に日本ならではのものなのだと気づきました。

最後に年配者の尊厳死について書かれています。
私も椎名さんの考えと同じです。





いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ)いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ)
(2013/01/10)
中山 七里

商品詳細を見る

タイトルで読んだ本です。
ミステリーというには結末が「えっ!?」な感じ。
ショパンのピアノ曲の描写が凄いんですが、その曲を知らないとまるで面白さを見出せないので辛いです。(それはワタシです・笑)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク