10月に読んだ本

気がつけば11月、立冬も過ぎて我が職場にはクリスマス商品が溢れています。
いつからこんなに忙しくなってしまったのか?
でも本は読みたい。

先月、読んだ本です。





あん (一般書)あん (一般書)
(2013/02/07)
ドリアン助川

商品詳細を見る

どら焼き屋さんのお話かと思ったら意外な展開でした。
ハンセン病について知ることができました。
普通に外に出たり、仕事をしたり、それら何ひとつできなかった方たちがたくさんいた。
重い内容なのですが、読んでいて暗い気持ちにならず静かに心に届く、そんな本でした。







沈黙のひと沈黙のひと
(2012/11/28)
小池 真理子

商品詳細を見る

「本書は亡き父に捧げる」と、あとがきに書かれています。
「三國泰造」の作とした短歌はすべて作者の父、小池清泰さんが詠んだもの、
「小松日出子」の作としたものはすべて父の友人、羽場百合子さんが詠んだものとのことです。

パーキンソン病が進行していき、会話が出来なくなった沈黙のひと、三國泰造。
歳をとり、人生の最後が辛い日々というのが悲しかったです。
いつまでも健康でいたいと切に思いました。





クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたちクマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち
(2013/09/18)
堀川 大樹

商品詳細を見る

クマムシは小さすぎて、可愛いとは思えない生物でした。
超低温、光線量の放射線、真空にさらされても生存できる・・・その能力にはびっくりです。
水分がなくなって干からびても水を与えると復活するのは凄い!!
これはシーモンキー(アルテミア)も同様です。
シーモンキーも小さすぎて、しかも全然モンキーじゃなくてがっかりしたことがありますが、クマムシも全然クマじゃないのです。(笑)





家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル
(2010/12/17)
鈴木大介

商品詳細を見る

普通の家庭の子がグレて犯罪をしてしまうのではなく、親が全く育児をしない、子供は邪魔者扱いされて帰る場所もない。
そんな少年たちが生きていくために行き着く先が犯罪。
「容赦なきサバイバル」、本当にその言葉がぴったりだと思いました。
取材を続けたライターさんは凄いです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク