東京交響楽団 第614回定期演奏会

10/13                 サントリーホール


R.シュトラウス : 4つの最後の歌


             ソプラノ・ クリスティーネ・ブリューワー


R.シュトラウス : アルプス交響曲



       指揮:ジョナサン・ノット




時期音楽監督就任が決まったジョナサン・ノットの指揮でした。
振る姿が美しく、若々しくてカッコいいノットさんでした。

オケの並びがいつもと違っていました。
1stヴァイオリンだけはいつも通り。 その隣はチェロ、チェロ後方にコントラバス。
チェロの隣がヴァイオラで、ステージ寄りに2ndヴァイオリンという並びでした。
コントラバスが左側とはびっくり。
ハープが右側だし。
位置がこれだけ変わると、とても新鮮でした。
演奏するのはどうなんでしょうか。
プロって凄いな、と思いました。


「4つの最後の歌」 ソプラノのブリューワーさん登場でちょっとざわつく。
プログラムでは顔写真だけなのでわからなかったけれど、とってもとってもBigな方でした。
登場しただけでもう圧倒的な存在感!!
そしてそのBigな体から、包容力のある温かい声がホールを包み込むようでした。
ブリューワーさんの声、大好きです。


「アルプス交響曲」 こちらはオケの編成がBig。
フルート4本、ファゴット4本、ホルン8本ってすごい。
パイプオルガンのソロが美しかったです。
ウインドマシーン、サンダーシート、と普段見ない楽器もありました。
ウインドマシーンは風の音がよくわかりましたが、サンダーシートは見かけはインパクトがあった割りに音がわかりませんでした。
大音量の中でかき消されてしまったようです。
金管、弦楽器、パーカッションと音に奥行きが感じられて、楽しく聴きました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク